守田俊介単語

モリタシュンスケ

守田俊介(もりたしゅんすけ 1975年8月12日生~)とは、風雲きもりであり滋賀支部所属のボートレーサーである。

京都府出身 登録番号3721 74期 同期栄蔵(2007年賞金王決定戦を始めSG2度制覇)など。

来歴

1994年5月11日ホームプールである琵琶湖競艇場(ボートレースびわこ)でデビュー。当初は中川俊介という名前だったが、両親の離婚のため方の姓である守田俊介に登録名を変更。

ちょうど4ヶ後の9月11日福岡競艇場(ボートレース福岡)にて初勝利。その後デビューから2年10ヶSG初出場を果たすなど、天才肌の選手として将来を嘱望されていたが、ボートレーサーとしては体重が重かった(2015年11月16日時点で56kg、男子最低体重が現時点で51kgだからかなり重い方)のとモータープロペラの整備に難があったため、SG制覇にはなかなか手が届かなかった。

その間、ホーム琵琶湖2003年にGⅠ近畿地区選手権、2006年GⅡ秩父宮記念杯を制し、2008年には通算1,000勝を地元で達成。2014年は開設61周年記念競争を制するなど、琵琶湖類の強さを見せる。2014年には通算1,500勝を達成。GⅠで3勝、GⅡでも1勝と間違いなく実はあったが、SGでは厚いに阻まれ続けた。

しかし2015年ボートレースダービー全日本選手権)で、彼はついに栄を掴むこととなる。篠崎元志がボートレースメモリアルを勝ったことでき繰り上がりで出場すると、初日に4艇の集団フライングが起きるなどの大波乱を物ともせず、1着2着を積み重ねていく。準優勝戦も1コースから危なげなく逃げ、優勝戦へ。優勝戦も1コースからコンマ06のトップスタートを決め逃げ切り勝ち。デビューから足掛け21年6ヶで念願のSGタイトルを手にした。

その後、優勝賞(3,500万円)全額日本財団・東日本大震災支援へ寄付。このことはヤフーニュースに取り上げられるexitなど、各所で大きな反を呼んだ。

寄付をした理由として、東日本大震災ボランティアに行った際の苦い思い出がきっかけだということを本人のブログexitっている。

そのあまりにも悲惨すぎる現状をの当たりにし怖くなって逃げるように結局何もせずにすぐに帰ってきてしまったのです。

自分の軽率な気持ちと行動に深く深く反し自分を責め続けました。

『くそーーーっ!総理杯で優勝して全部寄付する!』その時に決意したものです。(ブログより)

また、この記事では寄付の有額で較したりすることをやめるよう呼びかけている。

今回の件は変わり者のの個人的な考え(思いつき?)でやったことであり復への思いは選手のみんなが持っています。どうしてもべられるかもしれませんが額がどうとかが寄付したしなかったとか、そういうのは一切やめていただきたいのです。それとこれとはまた話が違うので。これは本当にお願いしたい。良識のある方ならわかっていただけると思っています。(ブログより)

興味を持った方は一度ブログを見て、守田選手の思いを受け止めてほしい。

エピソード

関連動画

レースは10:25から

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%88%E7%94%B0%E4%BF%8A%E4%BB%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

守田俊介

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 守田俊介についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!