男たちの大和単語

オトコタチノヤマト
2.0千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:情報量の不足
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

男たちの大和とは、作家の辺見じゅん1983年12月14日に出版した書籍である。2005年に「男たちの大和/YAMATO」のタイトル映画化された。本項では映画作品について記載する。

概要

映画「男たちの大和/YAMATO」の原作となった「男たちの大和」は、1945年4月7日米軍襲により撃沈され、2,700名をえる戦死者を出した旧日本軍戦艦大和生存者や遺族を描いた書籍である。遺族や元乗組員から膨大な聞き取り調を行っており、可な限り史実に近づけている。翌1984年新田次郎文学賞を受賞した。作者の辺見じゅん角川書店の創立者角川義の長女で、映画製作者である角川である。

戦後60年を記念して映画版が製作され、2005年12月17日東映映画館開。上映時間145分。観客動員数は約400万人で、制作費25億の2倍以上である約51億円の行収入を叩き出す。年末の開だったにも関わらず、2005年邦画No.1のヒット作となった。また東映作品全体で見ても2位行収入であり、まさしく破格だった。角川は本作を「思い入れのある作品」とり、戦艦大和模型製作に私財の一部を投じたほど。

ミリタリーに疎い一般人にも名前が知られている戦艦大和を題材としているが、あまりられない兵に焦点を当てるというしい作となっている。このため主人公の所属は烹炊員(ご飯作る人)である。

かなり気合いの入った作品で、オールスターキャストとも言える俳優い、ベテランの仲代達也渡哲也高畑淳子や若手の反町隆史中村獅童松山ケンイチなど人気俳優が多数出演。最初に登場する鈴木香が物語を添える。特に話題となったのは、広島県尾道市向日町に撮用の大和模型を造った事だった。総工費6億円。原寸大で再現された大和艦首から艦付近までの巨大なセットで、長さは約190mに及ぶ。2005年3月完成し、7月17日からは一般客向けに開放されている。この大掛かりなセットは「めざましテレビ」等の報道番組でも取り上げられ、程良い宣伝になった。2006年3月31日開終了となる予定だったが、予想以上の動員数になったため5月7日まで延長。100万人以上が訪れ、入場料だけで約3億円の収入を得た。

監督・脚本は佐藤純彌(さとうじゅんや)は高倉健演の「新幹線大爆破」や「君よ憤怒の河を渉れ」、角川映画の「人間明」「野性の明」の監督も務めている。また音楽北野武の作品でも有名な久石譲が担当し、主題歌の「CLOSE YOUR EYES/YAMATO」を長渕剛が歌った。

世界最強とも言われ旧日本軍徴する存在でもあった大和舞台に、緊感に満ちた毎日を過ごし、必死に戦う若者たちの姿は戦争を知らない世代の観客の心にも残ったと思われる。監督佐藤純彌は戦時中に疎開を経験しているが、戦争とはどんなものだったかを後世に伝えることは、戦争を知る世代の義務でもあると考えながら撮を進めたのかもしれない。

あらすじと作風

2005年4月6日鹿児島県枕崎の漁港を訪れた内田貴子と名乗る女性が、老漁師の神尾己に北緯30度43分、東経128度4分までを出してほしいと懇願する。最初は突っぱねる神尾だったが、彼女が元大和乗組員の内田二兵曹のだと知り驚愕する神尾もまた大和の元乗組員であった。要望どおり、漁定の場所まで走らせる。やがて神尾に在りし日の戦艦大和の幻が映り、1941年12月へと場面が移る。当時15歳神尾は、1942年3月海軍へ入隊する事を決意。兵団での訓練を終えた1944年戦艦大和に配備され、大発動艇で向かうところから物語が始まる。

戦艦大和の誕生から沈没までの期間を描いた戦争映画だが、乗組員の間で繰り広げられる人間ドラマが中心。冒頭で開戦から山本五十六大将殉職までを軽く説明し、1944年から物語スタートする。尺の都合からかバトルシーンはシブヤン戦と坊ノ岬沖海戦しか描かれておらず、マリアナ沖海戦とサマール戦はカット。描写されたシブヤン戦も戦闘前後含めて僅か4分程度しかい。一方、最後の戦いとなった坊ノ岬沖海戦は15分以上取られている。大和以外の艦やグラマンは全てCGで、大和にも一部CGを使用。また戦時中の実録映像を所々挿入している。バトルでは25mm三連装機を扱う機員を中心に描かれている。それに伴って血しぶきが舞う場面が多く、割とグロテスク(史実とべると圧倒的にマイルドだが)。

関連動画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%92%8C
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

男たちの大和

1 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 14:00:50 ID: A1r7khsmpi
4月まで記事なかったんだ。なんか意外
この映画は劇場で見たけどなんだかんだ言われつつも結構好きな映画だなあ
2 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 00:02:49 ID: +Jh+QGMH74
映画館でみて気に入り特装版を買ったりしたな~
あと、この手のではよくあるけど原作映画開に合わせての決定版)を読んだけど映画と全く印が違うんだよね
映画少年兵立つけど、原作だとほぼ触れられておらず建艦から沈没までに係わった男たちの大和物語なんだよね
生き残りの人へのインタビューをはじめ、いろんな資料を基にしているか食い違う話もあってそれに触れてたりするけど、大和をはじめ当時の生活の様子が書かれているから原作も読んでもらいたい

にもわからないことだけど、内田さんが山本提督からもらったという短が結局どうなったのかがすごく気になる
3 ななしのよっしん
2020/04/04(土) 00:35:37 ID: j29eptsQT7
ナイトスクープ連合艦隊模型のやつでBGM流れてたけど音楽はよかった
音楽
4 ななしのよっしん
2021/01/12(火) 19:13:19 ID: 2nViBLCE5X
渡哲也さんの映画としての遺作である