速水龍一単語

ハヤミリュウイチ

速水龍一とは、森川ジョージボクシング漫画はじめの一歩』の登場人物である。

概要

音羽ジムに所属するフェザー級のボクサー。

インターハイ三連覇を達成し敗のまま鳴り物入りプロデビューした。ルックスもイケメン学生時代からマスコミインタビューを受けており女性ファンも多い。マスコミを前にしてビッグマウスを連発し、相手をめるようなファイトをすることから一見才に胡座をかいた傲傲慢の様に見えるが、その実は低迷する日本ボクシングメジャーにするために、自らカリスマになるべく基礎練習を地に繰り返す努でもある。ただしアニメでは速水日本ボクシングを盛り立てるという夢や練習熱心な様子がカットされたために単なるイヤミエリートとして描写された。

本編では単行本五巻で初登場。東日本新人王の準決勝で主人公の幕の内一歩と対戦した。宮田一郎と共に優勝補筆頭だったが、一歩のカウンターブローによって足を殺されてしまい、そのまま殴り合いの持ち込まれ1RKO負けしてしまった。その後はヴォルグの練習の解説役だったり、一歩のスパークリングパートナーが登場したときに「音羽ジム速水相手に判定までいっただ」などと較対にされたり(なお一歩はその相手から1Rでダウンを奪っている)、カラオケイメージビデオに登場したりと、良い扱いとはいえない存在と成り果てた。

しかしそれでも流石というべきかジュニアフェザー級に転向してランキング一位を奪取。チャンピオン真田一機がベルトを返上した際に、同じく一歩に新人王の時に負けてジュニアフェザー級2位だった小橋健太王座を奪って対戦。新人王の時に小橋は「勝てる糸口さえ見つからなかった」と言っていたのだが、その後差は縮まったのか試合は実伯仲の接戦となる。最終的に小橋ワンツーパンチ速水アゴを貫き8RKO負けを喫する。

その後、小橋引退する時点で速水引退していることが判明し、人知れず現役ボクサーを退いていた。天才ともて囃されたデビューから一転し結局大成することができなかった速水は、ボクサーのかしい成功だけでなくそれに隠れた挫折をテーマにするはじめの一歩において読者に印を残した。

ファイトスタイル

豊富な練習量を背景にした麗なアウトボクサー。足の速さハンドスピードは当時の宮田一郎をも上回っていると評価されている。とりわけ左右の高速連打、通称「ショットガン」は速水の代名詞にしてサンデー(得意)パンチである。新人王二回戦で見せた27連発のショットガンベテランボクシング記者藤井をして見えなかったと言わしめた。ボクシングにおいての前に対峙している対戦相手ならともかくビデオですら見えないパンチというのは極稀であり、アニメゲームでは原作通り見ることすらできないパンチを連発している。リアルボクシングが中心であった初期のはじめの一歩においてしいトンデモボクシング技である。

基本的にはアウトボクサーであるがインファイトも高いレベルでこなす応用も持っている。インファイターを相手にするのを得意とし、一歩に負ける前まではインファイターと対戦した場合のKO率は100%。左のショートアッパーで飛び込んできたインファイターを迎撃してしまうのである。しかし一歩に負けた際の後遺症でアゴが極めて弱くなっているという弱点も持っている。

ファイトスタイルモデルは元ジュニアライトライトジュニアウェルター級世界チャンピオンのヘクター・カマチョ。恐ろしいスピードのジャブとコンビネーションを武器にして世界の頂点に立ったボクサーである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E9%BE%8D%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

速水龍一

31 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 05:03:02 ID: aKZYfMBmfI
なんかよくわからん手の動きすこ
も見てないところで真似してみたい
32 ななしのよっしん
2018/05/11(金) 09:23:35 ID: 8aSy/4Q7+8
>>23
実在したボクサーで大和田って人がいたんだが、
戦績自体は8勝8敗(千堂のモデルである井英和との試合時点)とかいうクソザコナメクジもいいとこなんだけど
それは優しすぎる性格が災いして本番だと実を発揮しきれないだけでスパーリングだとのように強いって業界で話題になってる人がいた
で、結局それが原因で井直々に名を受けて世界戦の相手をつとめたりしてた

多分今の速水大和田と同じで結果こそ伴ってないものの凄まじい連打をするって情報が業界でとびかってて、それを受けて怖気付いたんだと思う
パンチカスるまでのやられっぷりを見るに三流選手だろうし前評判で怯えても不思議じゃない
33 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 23:33:17 ID: ZpSPuHI5E0
結局、小島編で再登場した小田裕介と同様に
作者の引き伸ばし素材として使い捨てられたな…。
34 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 02:49:51 ID: 8aSy/4Q7+8
まあ当時のガッツを捨て去って、人とも(おそらく)別れてた小田よりはマシな扱いなんじゃなかろうか
今この漫画速水以外の登場人物クズ池沼しかいないから、人気投票やったら案外上位に来るかもしれない
35 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 12:00:37 ID: u6yAq3AsEG
一番まともな人間今井だと思う
実直すぎて地味だけど
36 ななしのよっしん
2018/05/17(木) 21:41:16 ID: Wh8W9o+34u
心底残念な選手になってしまった速水だが初期の頃を見返しても意外と情けない描写や小物描写が多いんだよな

一歩との試合も「相手の土俵で勝ってこそ格の違いを見せつけられる」という理由で接近戦を選んだのに
パンチの迫に恐怖して思わず距離を取る⇒外野からビビった事を摘された際に
「いやいや別にビビってないし。インファイトだと万一の事があるだけだからね。
未来ボクシング界を背負う男に万一があってはいけないから。リスク回避しただけだから。」
に言うわけでもないのに必死に内心でいて自分を納得させようとしているのは正直普通にかっこ悪い

ここで素直にインファイトはやっぱ向こうの方が上だなと認めるくらいの謙虚さがあれば未来は変わっていたかも
37 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 08:03:35 ID: 8aSy/4Q7+8
>>36
そりゃ村の
村丸は浮沈艦(実際はめちゃくちゃ効いてる)
イーグルはちょっとだけ強い(ダウン2回も奪われる大苦戦)
みたいなもんでしょ
そのあと1RKO負けだったから情けないだけで、意地でも自分の方が強いって信じて疑わないメンタルは重要だと思うよ
実際あの時点ではインファイト一方的に攻めてて、ダウンまで奪ってる
一歩のパンチカスった程度でまともに食らってない
この状況で
インファイトでは相手の方が上手だな
なんてほざいたら謙遜通り越して嫌味でしかない
38 ななしのよっしん
2018/06/07(木) 08:35:38 ID: ZpSPuHI5E0
死体蹴りどころかストンピングまで食らってる扱いに…。

作者が昔のゆでたまごみたいな「過去の財産をおかしな方向に使い潰す」スタイルめない限り、
小田速水のような末路の再起用キャラはまだまだ増えそうだ
39 ななしのよっしん
2018/06/07(木) 12:29:11 ID: IxLSa2V07T
こんなことなら全に引退して芸人になってた方が速水にとって幸せだったんじゃないかな
別にガッツリ試合させなくても引退後も後遺症に苦しんでるとかそういう登場で良かった
それはそれで悲惨だけど、今よりマシじゃないか
40 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 15:37:23 ID: 8PmzQt0guD
ポテンシャルはある(あった)キャラだと思うんだけどなぁ…性というか物語的な意味で
ボクシング復権の夢もそうだし、階級下げたのも多分ヴォルグに譲ったからだろうし
まあ「はじめの一歩」である以上あんまりクローズアップは出来ないし、やったらやったで(例えが他誌で恐縮だけど)みどりのマキバオーからたいようのマキバオー的な感じにカラー変わっちゃうしな

急上昇ワード