鈴木たろう単語

ドラ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

鈴木たろうとは、日本プロ麻雀協会所属のドラである。

概要

第15期 最強位、第8回 野口賞、自団体の最高タイトルである王位他多数のタイトルを持つ、麻雀界でも屈タイトルコレクターである。
麻雀の対人ゲームとしての性質を重視しており、その打ち筋は「デジタル」と呼ばれる。

同じく日本プロ麻雀協会に同姓の「鈴木達也」がいるため、テレビ対局などでは「たろう」と呼ばれることが多い。

雀風 

デジタル」の名が示す通り基本的にはデジタル士である。ただし彼の言うデジタルとは、流れに代表される論理的に説明のできない事柄に選択の理由をめない打ち方のことであり、ネット麻雀を中心に発達した、統計的に基づき局収支を最大にするという一般的なデジタル打ちとは少し異なる。

彼のテレビ対局などでの打は、麻雀が対人ゲームであることや、多くのタイトル戦が短期勝負でかつ、一位以外に意味がいことなどを最大限考慮したものであるため、一般的に正着と言われる打選択とは異なることがしばしばある。しかし、一局面だけを切り取ってみると不利に見える打も、全体の着順や素点、半荘内での着順や持ち点などを含めて総合的に見てみると、理にかなったものであることが多い。そのような大局観に基づいた打選択(と、たろうの貌)から、最近では「ゼウスの選択」という新たなキャッチフレーズが生まれた。

また、鳴きを多用する打ち手としてはしく、安い仕掛けはあまりせず、面前で先制テンパイできそうにない場合のブラフ気味な「高くて遠い仕掛け」を好む。序盤で安いテンパイが組めた場合でも、より高い手が見えるときにはテンパイを崩し高めをすこともあり、その打ち筋は「強欲」とも評される。

氏は常々「リスクのない打はない」とっており、十分なリターンが見込める局面では大きなリスクを負うこともいとわず攻めこんでいく。そのため、一局勝負などの短期戦の場合では全局参加することもしくなく、そういった点でも視聴者を大いに楽しませてくれる。常に視聴者を意識しているかのような彼の麻雀はまさに「魅せる麻雀」であるといえるだろう。

獲得タイトル

関連動画

鈴木たろうに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%9F%E3%82%8D%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鈴木たろう

1 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 07:40:49 ID: J0qxOrcGxC
Mリーグドラフト一複数名あったけど、この記事見る限りこの人は
いわゆる「傭兵タイプの打ち手最強」の人なんだね
2 ななしのよっしん
2018/09/28(金) 18:03:39 ID: J0qxOrcGxC
二つ名が「ゼウスの選択」だってよ
高二病だなw
3 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 04:32:27 ID: J0qxOrcGxC
Mリーグ一年、圧巻の個人優勝
漫画展開っつか古き良き日活映画世界だわ。