eurogroove単語

ユーログルーヴ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

EUROGROOVEユーログルーヴとは、小室哲哉1994年に自身の非日本語ダンスミュージック海外進出させるために立ち上げた音楽プロジェクトユニット、および音楽ジャンルのことである。

TKブーム」と言われる社会で氏がミリオンヒット曲を連発する中においては影に埋もれがちな楽曲達であるが、ダンスミュージックとしてよく練られており、現在でもそれほど古さを感じないクオリティがある。また、現在EDM路線につながるダンスミュージックの研究を20年も前にやっていたという点でも再注されるべきプロジェクトである。

ロゴは、アルファベットのEとGを組み合わせた形をしている。

概要

EUROGROOVEプロジェクトの立ち上げ

EUROGROOVEプロジェクトは、小室哲哉1993年trfTK Rave Factory)を企画し「EZ DO DANCE」が大注され、翌1994年篠原涼子 with t. komuroとして「恋しさと せつなさと 心強さと」が初のシングル売上200万枚突破し前の「TKブーム」が始まった、まさにそんな時期に立ち上がった。

当初は小室哲哉DJ KOOが中心となり、そこに楽曲ごとに固定しないボーカリストを招聘してクラブ向けのダンスミュージックを作るという企画であり、そのルーツはおそらくtrfの「ONE MORE NIGHT」と思われる。

1993年7月リリースされたアルバムEZ DO DANCE」の5トラックtrfボーカル YU-KI(ユーキ)が歌う日本語バージョンとともに、8トラックに「ONE MORE NIGHT (UK DANCE VERSION)」という英語版の曲が収録されているのだが、これが出色の出来で、日本語版の歌い出しが「YOU GIMME LOVE YOU GIMME JOY」を1拍からキッチリ歌うのに対し、英語版は「YOU」を前の小節から弱起で歌いだすことで絶妙のグルーヴ感を生み出すことに成功したのである。日本語で「あなた」となるところを英語なら「YOU」とスピード感をもたせることができ、しかもボーカルライン自由度がこの例のように飛躍的に高まるのである。

小室哲哉音楽プロデュースする際に作曲と同時に作詞もこなすが、日本語歌詞では当時のカラオケブームも考慮した歌詞ボーカルラインを考えなければならず、trfよりもっと突き詰めた本格的なダンスミュージック英語ベースで作り海外で勝負してみたいという欲求からEUROGROOVEプロジェクトは立ち上がったと推察される。

(また、この「ONE MORE NIGHT」はTM NETWORKの「NERVOUS」という曲と似たフレーズを用いているexit_nicovideoが、過去の自身の曲をダンスミュージックとしてリプロダクトしたいという欲求もあったかもしれない。)

ジャンル

EUROGROOVEは、当初はユーロビートハウスミュージックレイヴミュージック和楽器で和のテイストを加味したダンスミュージックを志向するというものであったが、海外進出した際に「SCAN ME」が「It's on you」として現地向けに作り直される過程で和のテイストがどこかに吹き飛んでしまうと、EUROGROOVEの定義も一緒に吹き飛んでしまい、「小室哲哉海外進出ブランド」という最大公約数に落ち着いてしまった印がある。なお、最終的にリリースされた楽曲「Let's Go」はユーロどころかジャングル全開になっている。

ディスコグラフィー

EUROGROOVEとしては、シングル版、マルチシングル版、海外版(2 COMPACT DISC PACKIN THE GROOVE / UNITED NATIONS OF REMIXING)などをリリースしているが、ここでは日本版のアルバムのみに絞って記述する。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/eurogroove

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

eurogroove

1 ななしのよっしん
2020/04/01(水) 15:43:34 ID: lmXJT5xQAM
DJ KOOの記事を探していたら、こんな素晴らしい記事に出会えるとは…!eurogrooveは本当に、もっと評価されるべき
ところでスタートのきっかけだけど、自分はテレビで「avexが出したTMNユーロアレンジアルバムがきっかけ」と聞いた覚えがある。手放すんじゃなかった…