どこでもいっしょ単語

ドコデモイッショ

  • 15
  • 0
掲示板をみる(119)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(15)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
今週のおすすめ 祝!どこでもいっしょ20周年
ありがトロ!よろしクロ!

どこでもいっしょとは、ビサイドが開発し、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が販売したゲームソフトである。通称「どこいつ」。

なお、この名称は一部のシリーズ作品にも用いられているが、本記事では作品名のみ紹介する。

概要(PlayStation版)

ゲーム内のキャラクターと言葉を教えながらコミュニケーションを取るソフト1999年7月22日に発売された。

ポケットステーションとの連動が基本であり、プレイステーション未使用時でもポケットステーションを持ち運ぶことで外出時でもコミュニケーションを取る事が可だった。

この機らしいキャラクター人気となり、発売直後にはソフト及びポケットステーションが売り切れた。1999年に通産省(当時)のマルチメディアグランプリ1999を、翌年には第4回日本ゲーム大賞を受賞している。現在でもシリーズ作品やオリジナルグッズが発売されている。

なお、ソフトパッケージトロと一緒に写っている女性荒木奈さん)は後にPSPソフトMyStylist」を制作し、トロと再会する。(476回exit_nicovideo

概要(PSP版)

2004年12月16日発売。5周年企画第3弾として発売された。漢字が可になった他、グラフィックが強化されている。また、過去シリーズ作品の要素や生作品の登場キャラクターも総登場している。その一方でおくりもの機は残念ながら削除されているが、その代わりにクロネコ部屋に飾るアイテムをくれる。

PSPの機活用し、線通信による名刺交換やしりとりが可である。

なお、この作品で登場するクロネコクロ校長トロ・ステーションのクロは(恐らく)別個体である。

登場キャラクター

10周年

「どこでもいっしょ」は2009年で発売から10年となった。この為、様々な10周年企画が行われていた。

例としては、携帯サイト「どこでもいっしょ.comモバイル」では1月5日より10周年記念待ち受けが貰えた。

また、生トロと生クロが10周年を記念して各地に登場するイベント「あなたの町へ来るっトロ!行くっクロ!」の開催が09年1月22日トロ・ステーションで発表された。なお、このイベント、何処で行われるかはクロの投げたダーツ次第である。

シリーズ作品一覧

公式チャンネル

2009年6月15日、上記の10周年企画の一つとして公式チャンネルが開設された。

なお、公式チャンネルとろちゃ」開設に伴いニコニ・コモンズにおいて数多くの素材提供されているが、

ニコニ・コモンズ」において、「宣言のみ」で「どこでもいっしょ」を使用した二次創作活動を開放し、「どこでもいっしょ」提供素材を使用した二次創作物やその作品の「SMILE VIDEO」「ニコニ・コモンズ」への開を可としました!(ニコニコニュースより引用

となった為、今後のユーザー制作動画の増加が期待される。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/19(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP