クワイエットローブ単語

クワイエットローブ

1.8千文字の記事
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クワイエットローブとは、ゲームメトロイドシリーズの登場キャラクターである。

ネタバレ注意 この項は、メトロイドシリーズの最新作「メトロイド ドレッド」のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

鳥人族の一ソウハ族」の男性で、いローブと色の祭った科学者。メトロイド ドレッド発売前のPVにも登場していたが、謎の鳥人族レイヴンビークサムスと敵対関係になる事が発表されていたのに対し彼については特に触れられることがかった。そのため、ファンからは敵か味方か様々な考察がなされていた。

メトロイド ドレッド以前

宇宙船で惑星SR388に降り立ったクワイエットローブは、同胞たちと共に惑星の開拓を進めるうち、寄生生命体Xの存在を知る。生物に寄生して宿の遺伝情報コピーした後殺、宿に擬態した挙句自己分裂して増えるそれは危険極まりないものだった。彼らはXに対抗するため、研究の末に浮遊生命体「メトロイド」を生み出す。生物の生命エネルギーを吸収するメトロイドによってXは駆逐されていき、惑星SR388に平和が訪れた・・・かと思われた。

かしここで予想外の出来事が発生する。メトロイド達がある時突然進化し、ソウハ族のコントロールを離れて暴走したのである。事態を重く見たクワイエットローブらは、鳥人族の武闘民族マオキン族」と共に辛くもメトロイド達をSR388の地中深くに封じ込める事に成功する。そしてメトロイド達はSR388ごと破壊されるはずだった。だが、を妄信しメトロイド軍事転用を論んだマオキン族の長「レイヴンビーク」は、それを阻止するべくソウハ族を虐殺するという暴挙に出る。メトロイドコントロールに必要なクワイエットローブのみが生かされ、マオキン族の惑星ZDR」に連行された。

レイヴンビークメトロイドを回収する準備を進めていたが、ここで彼の計画に狂いが生じる。SR388から帰還した兵士の一人がXの擬態であり、そこから他の兵士達もXに寄生されてしまった。レイヴンビークは彼らを辛くもエルンに封じ込め、計画の立て直しを進めるが、その間に銀河連邦の依頼を受けたサムス・アランの手で惑星SR388のメトロイド駆逐されてしまう。その後、幾つかの事件を経てメトロイド絶滅レイヴンビークの野望は潰えたはずだった。

しかしどこからかサムスメトロイドDNAが宿っている事を知った彼は、彼女を誘い出すため銀河連邦にXの映像を送り付ける。調のため送り込まれたE.M.M.I.鹵獲して自らの手駒とし、その後サムス惑星ZDRに降り立つ所からメトロイド ドレッド物語は始まる。

メトロイド ドレッド本編

惑星ZDRのフェーレニア探索中のサムスに襲い掛かっていたE.M.M.I.-06WBをすんでの所でハッキングして化。サムスの前に姿を現し、深々とお辞儀をする。場所を移してレイヴンビークの存在と野望をサムスり、計画の阻止を託す。サムスはそれを快諾するがその直後、(レイヴンビークに遣わされたと思われる)ロボット鳥人兵士撃を背後から受け、彼は命を落としてしまう。

ここで出番は終了かと思われたが、後にエルンから解き放たれたXが彼の死体に擬態し、クワイエットローブXが誕生。宿記憶を元にE.M.M.I.再起動し、サムスは再び追いかけまわされることになってしまう。ここで「おいやめろ」と思ったプレイヤーは数知れず。

そしてゲーム最終盤、色々あってメトロイドとして覚醒してしまったサムスは崩壊するZDRから脱出するためにスターシップに乗り込むものの、エネルギー吸収が災いしてシップを操作できずにいた。万事休すかと思われたその時、クワイエットローブXがサムスの背後に現れる。警するサムスだったが、クワイエットローブXは彼女に深々とお辞儀をした後擬態を解き自ら吸収される。これによって元の姿に戻ったサムスシップを操縦する事が出来、ZDRからの脱出に成功した。クワイエットローブは死してなお、かつてのベビーメトロイド同様にサムスの命を救ったのであった。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/09(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/09(木) 11:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP