今注目のニュース
元アメリカ空軍兵士が日本で念願の「カツカレー」を食べた結果
完全同居の姑が嫁に放った…耳を疑う驚きの「姑語録」3選
「まだ結婚できない男」タイトル連呼は不快と“ご意見”

タクト(ポケモン)単語

タクト

  • 18
  • 0
掲示板をみる(953)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(18)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいるかもしれません。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

タクトとはアニメ版「ポケットモンスター」に登場した謎のポケモントレーナーである。

CV高橋広樹

概要

それは2010年8月26日 ポケモンアニメ界は大きく揺れた。 

彼の初出はアニメポケットモンスター ダイヤモンド&パール」の第183話。 

ジュンが2回戦を終え、会場から戻る途中ですれ違った。この時は彼は何も話さず手持ちのポケモンも分からなかったが、ジュン何か異様な雰囲気を感じたのかやけに慌てた様子だった。

そしてサトシドームモニターシンジ勝利を確認した後、タケシはこう言った。 

 

 

 

「他にもダークライを使う手ごわいトレーナーもいるらしいぞ。」 

 

 

 

 

 

ダークライ

 

 

 

!?

 

 

 

 

大事なことなので二回言いました。ポケモンを知っている視聴者にとっては「ダークライ という言葉だけで衝撃が走ったことだろう。ダークライといえばポケモン世界では文字通り伝説クラスの存在のはずである。当然、アニメで今まで開催された数々のリーグの中で伝説に分類されるポケモンなど登場するはずもなかったし、そもそも一般人伝説ポケモンを使役するなんてポケモン世界であっていいことではない。映画もあくまでを貸してくれるだけである) 

そしてのちに「シンオウ地方の8つのジムシンオウリーグ1回戦、2回戦の相手を全てこのダークライたった一匹で攻略してきた」という事実まで分かった。
驚きと同時に「サトシはまた優勝できないのではないか」との予測もネットで飛び交うことになった。

その後サトシは最大のライバルであるシンジを倒し、初となる準決勝へ進出。タクトと戦うこととなった。 

そして注となった第189シンオウリーグ準決勝!ダークライ登場!!」 

彼は開始ダークライを出すという最初からクライマックス的な展開
サトシまた負けるな…」とほとんどのファン絶望的な想いで見ていたことだろう。ご丁寧にも試合中は映画ディアルガVSパルキアVSダークライ」で使用されたBGMが流れ、雰囲気的にもサトシの勝ちは薄かった。そんな予感は的中し、ダークライ1匹にヘラクロスコータスフカマルをあっさり倒される。

このときダークホール対策としてサトシヘラクロスねごとを覚えており、根性発動でのメガホーンは見事に炸裂。効果は抜群だ!多くの視聴者を見ったが、この攻撃に耐えたダークライゆめくいで敗れてしまう。このことから両ポケモンにかなりのレベル差があることが伺える。

ダークライダークホールゆめくいという悪なコンボに為す術はしかと思われた。しかし4体ジュカインがこの大会で初めてダークライを打ち破ることとなり、予想していなかった展開に全は盛り上がりを見せた。

だが、彼が次に出したポケモンによって更に視聴者を驚かせることとなる。 

  

タクト「次のポケモンは…これだ!」

 

そこから出てきたのは、あろうことかラティオスであった。

 

視聴者 「( ゜д゜)ポカーン

 

 

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれははダクホ連発催眠だと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ          思っていたが、次峰がラティオスだった。』 
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ | 
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが 
     /'   ヾ|| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何が起こったかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    チャンピオンだとか四天王だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/` /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...イ          もっと恐ろしい伝説厨の片鱗を味わったぜ…

 

 

紛れもなくラティオスであった。大事なことなので2回(ry

ラティオスもまた、強伝説ポケモンである。
2002年ポケモン映画にも登場した伝説クラスポケモンをなぜ彼が?

登場したネット上、2chTwitterにて伝説厨という言葉が大量に飛び交うことに。
当然伝説のポケモンに勝てるはずがなく、その後ジュカインオオスバメを軽々と倒し、ピカチュウラティオスは相打ち。サトシは手持ちが全てなくなったため念にもまた優勝を逃すこととなった。

一方決勝戦に駒を進めたタクトダークライだけで6タテを制し、あっさりスズラン大会の優勝を決める。

いままで13年、650話以上も主人公をやってきたサトシが突如現れたトレーナーによってにと地ほどの差を見せ付けられ、ほぼという長いアニメ歴史の中で最も異例となる形で幕を下ろしたのであった。

疑問点

ダークライラティオスはどこで捕まえたのか」、「残りの4体はなんだったのか」、「彼自身何者だったのか」など非常に不明な点が多い。
ここまでしいポケモンを手に入れたのであれば、彼は他とは違う特別な経験や遇を得たトレーナーであることはまず間違いない。さらに、この推測で考えるとなればその他の手持ちポケモンに関してもやはりダークライラティオスに匹敵する伝説級のポケモンを所持している可性が高い。

しかしあまりに情報が少なすぎるうえ、これ以降の登場が一切ないため未だに包まれている。

問題点

この回によりタクトは「催眠」に加え「伝説厨」という不名誉な称号を与えられてしまった。

彼が批判されているな理由としては

  1. 伝説のポケモンしか使ってない。
  2. 値の高さと厨性能の技に頼りきったゴリ押し戦法。
  3. 今までの物語にまったく関わりなし。
  4. その前の戦いがとても熱い展開だった。

など、リアルゲーム対戦でも嫌われる戦法を行っていたことや、このトレーナー自体があまりにも唐突に現れたことから多くの視聴者から反感を買うことになってしまった。
さらに一つ前の対戦であるシンジ戦は過去最長の3話かけた長いバトルであったため、その後に行われた勝負がこれとなるとあまりにあっさりしすぎて納得いかないのも理解できる。

なぜタクトは産まれたのか?

公式で彼についてられたことは未だにい…が、どうしてこのようなキャラクターが作られたかについてはある程度推測が立つ。 い話が大人の事情つまりサトシが優勝したら困るのだ。

サトシの夢は「ポケモンマスター」であり、それが何なのかは明確にはられていない…が、リーグを優勝するとある種の区切りになってしまうかもしれないのだ。また体面・精面の成長と異なり「リーグ優勝」という実績はどうしても消しづらく、それを全く触れられないことに違和感視聴者が覚えてしまうかもしれない。なのでサトシアニメで続投させるにはサトシを負けさせるしかいのである。

「それにしてももっと熱戦を演じることはできたんじゃないか?」という意見もあるだろうが、今アニメサトシは少々成長しすぎてしまい、サトシの成長にライバル達が追いつけない状況であった。 仮に決勝戦がシンジで、それに負けてしまったらそれがたとえどんなにいい勝負だったとしても「これでもサトシは勝てないのか…」と視聴者にある種の虚無感を与えてしまうのではないか?とスタッフは考えたのかもしれない。 そういうわけでもはやサトシでもどうしようもないような「絶対的な存在・努ではどうしようもなさそうな性差」を見せつけてあっさり終わらせざるを得なくなったのではないかと考えられる。 それでももう少し描写が欲しかったと思う人も多いだろうが、そこにはアニメ自体の尺の都合もあったのかもしれない。

このキャラクターもまた、長いアニメ歴史における訳あり事情の1つと言っても過言ではない。

タクトについての批判が多かったのか、後のシリーズではこのようなメチャクチャトレーナーは出てきていない。…しかし結局の所サトシに優勝させるわけにもいかないので、次のシリーズであるBWでは露弱体化を食らったうえ、舐めプとしか思えないチーム編成で挑んでリーグ敗退、さらに次のXY&Zでも次回予告が「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!」と記していたにも関わらず、ラストパートで突如脚本が差し替えられたかのようなどんでん返しの展開で敗北している。

サトシは次のシリーズであるサン&ムーンでようやくリーグ優勝することができたが、このように22年もの間意地でもサトシリーグ優勝を阻んだ公式の姿勢には未だ難色を示す者も多い。

まとめ

上記に書かれてある通りこのキャラクターは「伝説厨」と言われても仕方ないかもしれない。
だが彼は前述の通り、大人の事情で急遽登場せざる得なかったという事は皆が知ってほしいことである。

ただの伝説厨という形で終わらせるのは非常にもったいないトレーナーである。まだまだ明かされていないが多く残っており、戦い方はともかく嫌味な態度を全く見せていないため、再登場を願うファンも少なからず存在する。2019年放送の新シリーズではすべての地方舞台ということもあり、彼の再登場の可性はもしかするとありえる・・・かもしれない。
そして189話に関しては未だ各所で議論が続いている。最初こそは酷評する人が多かったが、絶望的状況から金星を上げられたという評価や、後のシリーズリーグ戦と較するとまだ納得のいく負け方だと捉えるも現れてきたりと、ファンの間では今も様々な意見を踏まえながらり継がれている。

あなたはこれについてどう思いましたか?このストーリーがどんなものだったかは自分自身で判断してください。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP