デカ過ぎんだろ...単語

デカスギンダロ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デカ過ぎんだろ...とは、デカ過ぎることである。

概要

初出はマンガ新テニスの王子様Golden age289における1シーン
日本VsドイツのD2にて、ダンクマールシュナイダーの「巨像(ギガント)」をの当たりにした平等院鳳凰(にイリュージョンした仁王雅治)が発した台詞である。

テニスではなくテニヌと称され、奇な技が多かったテニスの王子様において体の大きさを操作する技が大々的に登場したシーンであり、それまで普通サイズだったのに見開き1ページでいきなり巨大化した対戦相手と対峙するチームというは多くの読者の困惑の渦へ飲み込み腹筋崩壊させていった。
同時期にキャラクター巨大化する作品がいくつか出ていたこともあり「ダイマックス」、「進撃の巨人」とも呼ばれ、一連のシーンと合わせてこの台詞インターネット上で一躍有名となり、インターネット上においても定文の一種として使われるようになった。その使い方も作中同様なにかデカ過ぎるものを見た時に使えばいいので高い汎用性を誇る。

なお、ツイッターにおけるテニスの王子様公式アカウントも連載先のジャンプSQ.発売を宣伝するツイートにてこの1シーンを使っており、この技を「人智をえた技」と称している。テニスで人智をえるのは本作においてよくあることなので気にしてはならない。

巨大化について

さて、このシーンを見た読者なら「どうやって巨大化しているのか」が気になるはず。
実は、その後特に何の説明もなく試合が展開され、ベルティとの「共鳴(ハウリング)」で発動させた「衛星視点(サテリートゥパスペクティーヴ)」の解説の際に技名が出てきたのみで、作中でこの技の説明をしているシーンが存在しない。そのため巨大化の原理やそもそも技なのか体質なのかという点は不明な部分が多い。ツイッター公式アカウントツイートから、おそらくは技の一種とされる。

だが、デュークホームランで吹っ飛んだベルティをおで受け止めたシーンを見るに、バトルマンガ作品によくある「強すぎて大きく見える」、「何かで大きく見せている」のではなく本当に巨大化している。
当然打たれたボールパワースピードも向上するようだが、それどころか持っているラケットボールも合わせて巨大化している。テニスしている当人たちが普通ラリーしているため、おそらくダンクマールが触れている間だけ巨大化する仕組みなのか、巨大化したボールガットに収まる大きさなのだろうが、作中においてそのような説明は一切ない。

このようにツッコミどころ満載だが「どうやって会場に入ったのか」という点については、ゲームが始まった時のダンクマールが他の3人と同じサイズで戦っているため、常時巨大ではなくやりたい時に巨大化できるということで説明できる。しかし「フットフォルトでは」というツッコミに関しては作中でフットフォルトを摘されているシーンが存在しないためどうなるか不明。

とにかく判明しているのはデカ過ぎるレベル巨大化できることである。デカ過ぎんだろ…

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/13(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/13(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP