コーヒー単語

コーヒー

5.2千文字の記事
掲示板をみる(418)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(17)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コーヒー(珈琲、Coffee)とは、飲料の一種である。

概要

コーヒーの木の種子(いわゆるコーヒー豆)を焙煎し、砕いて、湯やで抽出した飲み物。カフェイン飲料の代表格として世界中で人気の飲料である。作業や仕事の合間にたしなまれることも多いため、ディスプレイキーボードの上に噴き出されることもしばしばである。

コーヒーに含まれるカフェインには、眠気覚まし、利尿効果がある。利尿作用については、カフェインが自神経に作用し腎臓に流れる血流を増大させるため、と考えられている。 なので、コーヒーを飲むと体のむくみが取れたりもする。ただし飲みすぎると利尿作用でトイレが近くなったり、刺が荒れたり、眠れなくなったりする。

その一方で、コーヒーに含まれるクロロゲンは肝機を強化する働きがあり、肝臓を強くする飲み物として注を浴びている。

日本人もコーヒー大好きで、やたらとコーヒーチェーン店や喫茶店カフェ)が多い。コーヒー豆をひいた粉から抽出するレギュラーコーヒー以外にも、缶コーヒーインスタントコーヒーなども普及しており、手軽に楽しむことが出来る。また、ブラックで飲む人が多いが、意外とブラックで飲む習慣は世界では少数牛乳で割って飲むカフェオレ人気が高い。

コーヒーの産地で有名なのがブラジルコロンビア、グァテマラ、カリブエチオピアインドネシアなど。有名なブルーマウンテンジャマイカモカイエメン生まれ、エチオピア流品種である。高級品種はだいたいアラビカ種で、安物はだいたいカネフォーラ(ロブスタ)種である。

日本で有名なコーヒー商社神戸に本社を置くUCCこと上珈琲と、横浜まれのキーコーヒーであり、海外の有名な産地の中にはこれらが開発した産地もある。世界的にはネスレが有名。

歴史(近代まで)

コーヒーの原産地は現在エチオピア西南部の高地である。

現地の少数民族の間では食用・用・儀礼用…と多様なコーヒー文化が残っており、古くから利用されていた事を示唆するものの、記録がいこともあってその始まりはのままである。場所が場所なので、ひょっとしたら現生人類の産まれた頃からの付きあいかも知れない。

とはいえ、熱帯の高地でのみ栽培可であるという性質もあって、長らく現地でのみ知られる植物であった。

コーヒー発見譚としては『ヤギ飼いカルディ』と『シェーク・オマール』の話が知られている。中東のどこかの山中で、前者はヤギがコーヒーの実を食べているのを見つけた少年が食べてヤギと一緒に踊り明かした、後者は荒野をさまよっていたイスラーム修行者が実を食べてづけられたという話であるが、いずれも民間伝承であるようだ。

最も古いとされる文献は、10世紀のペルシアアルラーズィの子によって編まれた『医学集成』で、コーヒーの豆(と思われるもの)を煮て作るの記述がある。

14~15世紀頃、スーフィズムがイエメンで流行、義的な儀式の中で物を使うこともあった彼らがコーヒーを見出したのを切っ掛けにコーヒーを飲む文化が広まり、さらにオスマン・トルコの拡に乗ってイスラム圏全域へ。

16世紀末。ヨーロッパにコーヒーが伝来。続く17世紀には各地で飲まれるようになり、コーヒー・ハウスと呼ばれる社交場が大人気となった。同時に植民地でコーヒー生産の模索が始まる。

18世紀。ハイチ、レユニオンフランス圏)、ジャワ島オランダ圏)でのコーヒー栽培が確立する。一方で出遅れたイギリスでは輸入ルートを押さえていたお茶の消費が進む。紅茶の誕生である。

なお、この頃、オランダ人が長崎に持ち込んだのが日本におけるコーヒーの始まりと思われるが、ど広まることはく、知られるようになるのは明治に入ってからとなった。

19世紀前半。ブラジルで大規模なコーヒー栽培が始まり、より安価になったコーヒーはナポレオン戦争後のヨーロッパでコーヒーブームを起こし、さらに庶民の庭にまで広がっていった。ドリップコーヒーやサイフォン式など、現在染みの抽出法が発明されたのもこの頃。

19世紀後半。イギリス待望の生産拠点となりつつあったスリランカでコーヒーさび病が広まり、コーヒーが全滅。農園の跡地ではの栽培が広まり、イギリス人は紅茶への信仰をより深める事になる。

さび病はジャワでも広まり、こちらは耐病性のあるロブスタ種への切り替えで生き残りに成功したものの、ロブスタ種は品質的には評価されず、苦難の時代を歩むこととなった。

現代のコーヒー

現代のコーヒー消費文化は大きく分けて3つの変革の時代を経て来た。まず19世紀後半から1960年代における、インスタントコーヒーなどの普及によるコーヒーの大量生産・大量消費の時代を「ファーストウェーブ」と呼ぶ。1960年代から2000年頃にかけてのカフェオレアレンジコーヒーが人気になった時期をセカンドウェーブ」と呼び、スターバックスなどのシアトル系コーヒーチェーン店はこの時期に台頭した。そして現在起こっている第三の波が、コーヒーが出来る過程全体を重視する「サードウェーブ」である。

生産地への配慮や、淹れ方の工夫などに加えて、注されているのが浅煎りコーヒーの味わいである。ファーストウェーブセカンドウェーブではエスプレッソなどの深煎りがメインであった。浅煎りは焙煎の調整が難しく、また古くなった豆からはえぐみが出てしまうからである。しかし機械良に加えて、流通経路の発達により新鮮な豆が手に入りやすくなった結果、浅煎りが最近の流行になった。浅煎りで豆の特徴を引き出すことで、新鮮な味というものを市場提供できるようになっている。例えば「ブルートルコーヒー」は、豆の新鮮さを大切にし、また焙煎から最も味わいが深くなる時間に抽出するなどの工夫から、サードウェーブの立役者となっている。

コーヒーが関連する作品

コーヒーは日常的に飲まれる嗜好品であり、突き詰めるとが深いことからフィクションにも頻繁に登場する。喫茶店での客同士(とマスター)の交流を描くことは一種の様式美である。以下にその例の一部を紹介する。

コーヒーが関連するキャラクター

などなど多数。こうべてみるとコーヒーの楽しみ方は人それぞれである。

関連動画

関連商品

美味しく飲むために

科学的に飲むために

歴史とか

お絵カキコ

喫茶店(カフェ)

喫茶店(もしくはカフェ)はコーヒーを提供する飲食店のことである。またそこから生した娯楽施設として、メイド喫茶インターネットカフェ猫カフェなどがある。詳しくは当該記事を参考にされたし。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/18(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/18(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP