大田卓司単語

オオタタクジ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大田卓司(おおた たくじ)とは、元プロ野球選手である。

概要

1951年3月1日生まれ。大分県久見出身。

高校は地元の久見高等学校に進学。3年時にの2度甲子園大会に出場し、春の甲子園大会では優勝夏の甲子園大会では3回戦敗退ながら打率.500マーク高校3年間で17本塁打を放った。

1968年ドラフト会議にて西鉄ライオンズからドラフト9位名を受け入団。

二軍では1970年首位打者を、1971年には打点王を獲得したものの一軍ではなかなか結果を残せず、一二軍を行き来する時代が続いた。

1972年に99試合に出場し、打率.250、12本塁打、36打点記録し、一軍レギュラーの座を掴みかけたが翌年以降再び低迷し、なかなか大成しきれなかった。

1976年、開幕から3番指名打者として起用されると、前期に17本塁打を放ち、オールスターゲームにも初選出されるなど大活躍。後期はマークが厳しくなり6本塁打に終わったものの、初めて規定打席に到達し、打率.270、23本塁打、68打点の成績を残し、ベストナインにも初めて選出された。

以降は度重なる怪などもありコンスタントに結果を出せなかったものの、毎年のように二桁本塁打マークし、1981年には自己最多となる24本塁打に加え、64打点マークするなど勝負強さがった。

1982年広岡達朗監督から『落者』呼ばわりされてしまったが、これに発奮。5月にはMVPを獲得するなど打ちまくり前期優勝に貢献。その後のプレーオフでは江夏豊攻略し2日連続で勝ち越しタイムリー日本シリーズでも2本塁打を放ち日本シリーズ優秀選手賞を獲得。

1983年、規定打席に到達し、打率.297、20本塁打、67打点記録優勝に貢献。日本シリーズでも打率.429をマーク日本シリーズMVPに選出された。

1986年、現役を引退

退団後は解説者評論家としての活動を経た後、福岡ダイエーホークス、La Newベアーズ、SKワイバーンズ、東京ヤクルトスワローズなどでコーチを務めた。

人物・エピソード

小柄な体格ながらパンチがあり、勝負強さを武器に活躍。その類の勝負強さから「必殺仕事人」の異名を持ち、大舞台でも手な活躍を見せた。

一方で故障が多く、全身に24ヶ所もの傷跡が残っている。晩年はコンディション作りや体のケアに人一倍時間を当てていた。

基本的に無口な性格であり、あまり物言うタイプではなかった。本人く「物言うたら疲れるんです」とのこと。

通算成績

打撃成績

通算:18年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1314 3765 3459 436 923 171 564 25 17 44 213 32 430 116 .267 .312

獲得タイトル・記録

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP