今注目のニュース
洗顔を邪魔して水を飲む猫さま ひたすら待つ飼い主さんは「これからも猫の奴隷業がんばります」
おじさんと少女のコンビが崩壊直前の世界を冒険、90年代アニメと『ゼルダの伝説』の影響を受けた『Eastward』がNintendo Switchで2020年に国内配信へ
10歳年上の彼氏から待望のプロポーズ 判明した「貯金事情」に絶句…

必殺仕事人単語

ヒッサツシゴトニン

掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺仕事人とは、朝日放送(現・ABC)と松竹株式会社制作1979年5月18日1981年1月30日までテレビ朝日系列で放送された時代劇必殺シリーズ』の第15弾である。全84話。

オープニングナレーション

一かけ、二かけ、三かけて
仕掛けて殺して 日が暮れて
の欄干下ろし か向こうを眺むれば
この世はつらいことばかり
片手に線香を持ち おっさんおっさん どこ行くの
私は必殺仕事人・中村主水でございます
「それで今日は、どこのどいつを殺ってくれとおっしゃるんで?

ナレーター芥川隆行台詞部分:藤田まこと

概要

前作『翔べ!必殺うらごろし』の視聴率低迷で、シリーズ終了になるのではないかと言われた中で作られた作品。

第12弾『江戸プロフェッショナル 必殺商売人』以来となる、人気キャラクター中村主水音楽担当の平尾昌晃の復活。そして、テレビシリーズ映画合わせて10作品でと組むことになる「飾り職人の秀」の初登場作品である。

また、『必殺仕掛人』などの非シリーズにあった「殺し屋が直属の元締から仕事を請け負う」というスタイルは、シリーズでは本作が最初となる(シリーズでも『新必殺仕置人』は若干意味合いが違う)。

このように必殺シリーズ原点への回帰が図られた本作は、秀役の三田村人気も重なって、シリーズ最多の84話を誇る長期作品となった。

あらすじ

ある日、悪徳札差・屋が殺されたことで、奉行所はそれを「仕業人」や「商売人」といった裏稼業の仕業と睨み、厳しい取り締まりを断行。それにより江戸からは裏稼業の連中は姿を消すことになった。

それからしばらくして、八王子に左遷されていた中村主水が、勘定奉行稲葉の命により突如江戸に呼び戻された。
実は、稲葉を動かしていたのは将棋会所人であり闇の元締でもある鹿蔵で、その鹿蔵に裏稼業復帰を頼まれたが、はとぼけて立ち去って行った。

直後に浪人畷左門人違いで襲われたは、襲わせた本人である鹿蔵にもう一度会いに行き、之介等のかつての仲間達の死に様をって裏稼業復帰を断るつもりでいたが、鹿蔵の強い決意を知ったことと隠し持っていた大量の小判にくらんだことで裏稼業復帰を果たし、左門とともに「仕事人」として活動することになった。

そして最初の仕事事に果たすものの、左門が仕置した悪人背中には細工用のノミが刺さっていた…。

登場人物(仕事人)

中村主水(なかむら もんど演:藤田まこと
八王子へと左遷されており、そこで家族とのんびりと過ごしていたが、勘定奉行稲葉の命で南町奉行所へ復帰、そして「仕事人」として裏稼業に復帰した。
本作より快にりまくるということが徐々に減りつつあり、後期シリーズにおけるの代名詞「セコ突き」へとシフトチェンジすることになる。本作の中盤以降、他のメンバーアップテンポの曲で、のみスローバラードの曲で仕置するようになった。
畷左門(なわて さもん)演:伊吹
家老権藤り、脱して妻子と共に江戸へ来た浪人で、鹿蔵の決意に共鳴して「仕事人」となる。
28話までは「胴太貫」で悪人快にり捨てていたが、第29話よりをやめて坊主頭のおでん屋となった(おでん屋開業当初は、妻・と偽っていた)。それと同時にを外して人体を反らせ、二つ折りにする殺し技への変更も行われた。
最終回では悪事の大事な拠となるを折りにして美鈴に渡していたが、それが悪人にとまり、左門のを襲撃、は殺され、美鈴は記憶を失った。そして全てが終わった後、記憶喪失を連れて巡礼に出た。
飾り職人の秀かざりしょくにんのひで)演:三田村
以前は仕事人をしていたが、とある事情で今はカタギとなっている若い飾り職人
殺された年上の愛人復讐を果たしたものの、悪人背中に刺さっていたノミから「飾り職人」の仕業として達に狙われるようになり、その後、鹿蔵の計らいで仕事人に復帰することになった。
32話までは細工用のノミを武器として仕事をしていたが、第33話より持ち手に金属製の房がついた簪を使うようになった。まだ若造であり、何かと達に反抗してはよくぶん殴られていたが、徐々に成長していった。
なお、EDのテロップは「飾り職人の秀」ではなく「秀」と表示されている。
半吉(はんきち)演:山田隆夫
元締配下の密偵で表稼業は障子り替え屋。
出会屋の女中をやっている大女・おふくとは仲。いつも隠れてアレをしているが、早漏ですぐいってしまうため、いつも彼女に怒られてはいたが、2人とも幸せそうだった。しかし、おふくは第23話で殺され、自身も第26話で悪人に利用された挙げ句に殺されてしまった。
鹿蔵(しかぞう)演:中村雁治郎(2代目
闇の大元締であり、将棋会所の人。
強い言葉で左門を仲間に入れ、を復帰させた。そして秀も仲間にいれた。しかし、々に元締の座を女房のおとわに譲り、に出てしまった(本編では死ぬことはなかったが、かなり後の話となるスペシャル仕事人集合』では黒幕・セクンデの配下に襲われあえない最期を遂げた)。
おとわ演:山田五十鈴
2代目元締。鹿蔵の後を受けて元締になったが、当初は達のを確かめるべく高圧的な態度で接していた。
ある程度仕事を済ませた後は打ち解けていったが、第21話で実のを仕置し、に出てしまった。
なお、殺し技は三味線の撥で悪人を切り裂くという、本作前後の山田五十鈴キャラと同じ技である。
六蔵(ろくぞう)演:木村
木更津に住んでいる、かつて仕事人をしていた初老の男(鹿蔵・おとわと面識があるらしい)。
元締抜きで仕事をしていた達に接触し、3代元締となった。
なお、六蔵を演じる木村氏は放送期間中に死去するが、六蔵自体は最終回まで存在するという形を取っていた。
おしま演:三島ゆり
元締・六蔵配下で、木更津つなぎを取る質屋・上総屋の女人。「許せないわあ」が口癖。
名前も役者も同じだが、『必殺仕置人』に登場した女郎・おとは別人のようである。
加代(かよ)演:いずみ
元締・六蔵配下で、江戸木更津の繋ぎ役。
おしまよりも繋ぎを取る回数が多く、追い姿やを使って繋ぎを取っていた。
どちらかというと口だけの「何でも屋の加代」とは違い、本作の彼女はかなり有能である。

主題歌

千鳥情話
作詞まさお 作曲平尾昌晃 編曲竜崎孝路 歌:金沢明子
※第5758話を除く
いま走れ!いま生きる!
作詞三田村 作曲小坂明子 編曲小坂務 歌:三田村
※本来は挿入歌だが、第5758話のみエンディングとして使用された(テロップ千鳥情話のまま)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP