天地を喰らうII 諸葛孔明伝単語

テンチヲクラウツーショカツコウメイデン

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

天地を喰らうII 諸葛孔明伝とは、本宮ひろ志原作の同名漫画を元にしたカプコンファミコンロールプレイングゲームである。
アーケードセガサターンなどにも天地を喰らうIIがあるが、あちらはベルトスクロールタイプアクションゲームで別物。
天地を喰らうII 赤壁の戦い

概要

前作「天地を喰らう」のシステムと大体同じであるが、いくつか追加要素があったり削除された要素がある。

  • 武将のデータに装備可武器)と素さ、得意な地形が追加。得意な地形での戦闘になるとが向上する。
  • 軍師の「策略」のほかに「形」が追加。形を組むことで攻撃や防御などのデータが上下する。
  • 前作ではレベルアップ兵士数の上限が増えるのは一部の武将のみだったが、全員上がるようになった。
  • 兵糧の概念がなくなった。
  • 戦闘で敵武将を捕らえて仲間にすることができなくなった。
  • 軍師系の敵武将に回復策略を延々と使われてハマることがなくなった。・・・など。

ストーリーは、前作での挙兵から董卓討伐までがプロローグとしてナレーションされ、その後は三国志演義を原典とした吉川英治版「三国志(吉川三国志)」及び、その吉川版を原作とした『横山光輝三国志』がモチーフ。劇中の武将たちの人物像及び科白横山版から引用されたと思わしき表現が多々見受けられる。

もっとも、劇中では日本に渡って八岐大蛇退治したり、後の北伐は独自の展開になる(横山版の孔明の北伐を下敷きにした展開がある)。

前作の群像劇劉備玄徳及び諸葛亮孔明役の大河ドラマとしての体裁を成している。

そもそも原作幻獣が其処ら中に出る怪奇アクションであり、同じ中国名作小説水滸伝」の要素を多大に含むし・・・同名のベルトスクロールアクションもかなりぶっ飛んでいるが、あれでも原作よりマイルドである

サブタイトルにもあるように諸葛亮役格であるが、序盤は劉備ら三兄弟袁術討伐に向かうところから始まり、実際に諸葛亮が登場するのは中盤にさしかかるあたりの三顧の礼イベント以降である。

 

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 19ななしのよっしん

    2020/11/23(月) 01:48:42 ID: Krklu9F/zW

    原作漫画も好きだけどファンタジー要素くしての時代までやってたら名作になったかもしれないのにな

  • 20ななしのよっしん

    2021/02/26(金) 04:19:01 ID: b9WQo0oH6s

    >>13
    今さら言うのもアレだが両者とも追放はされとらんぞ

  • 21ななしのよっしん

    2021/04/25(日) 11:29:55 ID: f5+om3p6dU

    完全版やってるけどゲーム後半が
    敵のクリティカルやら策の効果時間やらで運要素多い印うける

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/20(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/20(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP