今注目のニュース
ロッテリアとカルビーがコラボ ダブル絶品チーズバーガー味のポテチが発売
堀ちえみブログに「死ね 消えろ 馬鹿みたい」と悪質コメント、主婦を書類送検
なか卯「親子丼イタリアン」発売、4種のチーズを使用したマルゲリータ風の親子丼

必殺からくり人血風編単語

ヒッサツカラクリニンケップウヘン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺からくり人血風編とは、朝日放送(現・ABC制作で、1976年10月29日1977年1月14日までNETテレビ(現・テレビ朝日)系列[1]で放送された時代劇必殺シリーズ第9弾である。全11話。

オープニングナレーション

さよならだけが人生
それならこんちは何なのか
昨日勤王、今日佐幕
昨日ホントで、今日ウソ
は降る降る、血の
人の情けは泥まみれ
明日気になあれ

ナレーター芥川隆行

概要

戦争で人が死ぬことなど当たり前となっている幕末江戸で、悪に虐げられる弱者の恨みをらす「からくり人」。
彼らが品川仕事を終えた後、辺で倒れていた一人の男を見つけたことから物語は始まる……。

諸事情(あえて書かない)で『新必殺仕置人』の製作が遅れてしまったため、そのを埋める形で作られた作品。
暗闇仕留人』以来となる幕末ものだが、本作では明治維新直前というテレビシリーズでは最も現代に近い時代設定となっている。
また、タイトルに『必殺からくり人』とついてはいるが、前作『必殺からくり人』や第11弾『新必殺からくり人』、第13弾『必殺からくり人富嶽百景殺し旅』との繋がりはない。

登場人物(からくり人)

土左ヱ門(どざえもん演:山崎
品川辺で倒れていた男で本名は不明。直次郎の命名で「土左ヱ門」と呼ばれるようになる。
おりくの介護によって助かり、おりく(というか屋一党)に何かを感じて屋に居着くようになった。
記憶喪失というわりにはからくり人の活躍ぶりをまるで見ていたかのように知っており、それをネタにしてからくり人に強引に参加する。特定の武器は持たないが、土左ヱ門といえばウィンチェスターが印深い。
実は官軍の密偵で、からくり人だけではなく密偵の仕事もこなしていたが、最終回で腐敗した官軍に想を尽かし、さらに直次郎が官軍に殺されたため、直次郎を討った後はどこかへ立っていった。
直次郎(なおじろう) 演:賢吉
別名「玉ころがしの直次郎」(玉ころがしとは女郎等の旋業のこと)。
普段はこの「玉ころがし」を表稼業としており、女郎達の面倒を見たりしているが、裏稼業では足の悪人ののどのを砕くという仕置技を使う。
土左ヱ門とはおりくを巡るライバルであり、彼が官軍の密偵であることを知っていた事から衝突ばかりしていたが、次第に信頼関係を築いていき、よき友人となった。
しかし最終回土左ヱ門に反発し官軍に身を寄せることになるが、からくり人であることがばれてしまい惨殺され、土左ヱ門により葬された。最期までおりくのことを想い続けていたが・・・。
新之介(しんのすけ演:ピーター(現・池慎之介 ※俳優声優活動時)
表稼業は寺坊主だが、は飲むわ女とも交わろうとするわという職に相応しくない中世的な雰囲気を持つ男。
怒ると河内弁でまくしたてることから、どうやら出身は河内の模様。
裏稼業では口に含んだ針を飛ばして標的を絶命させる仕置技を持つ。
後述のおいねに心を抱いていたようで、そのおいねが足抜けしようとした時は掟を用いて止めようとしたほど。
最終回での仕置後、土左ヱ門についていこうとしたが断られ、彼を見送った。
おいね 演:吉田日出子
殺し担当の3人(土左ヱ門直次郎、新之介)のサポートをする、屋の飯盛り女では一のからくり人。
第7話で若をして屋そしてからくり人から足抜けしようとしたが、その若の正体を知り、さらにその若が殺されてショックを受けたのか、第8話以降は姿を見せなくなった。
屋では彼女専用のネギを持っていたが、彼女がいなくなってからは新之介に譲り渡された。
屋おりく(しらはまやおりく) 演:光子
屋の女人にして、からくり人の元締(ただし殺しは行わない)。
婿養子の芳太郎が遊びほうけているため、実質、彼女屋を切り盛りしている。
第1話で助けたことで土左ヱ門興味を持っていたが、おりくは直次郎からも想われており、その想いが予想以上に深かったためか、結果的にそれが直次郎が死ぬきっかけにもなった(のかもしれない)。
最終回直次郎を(土左ヱ門と新之介が)取った後は、去っていく土左ヱ門を見送った。

主題歌

負け犬の唄(ブルース
作詞荒木一郎、作曲平尾昌晃編曲竜崎孝路、歌唱:拓三
※前作『必殺からくり人』では1番の歌詞が使われたが、本作では2番の歌詞が使われている。
屋おりく 光子」のテロップ表示方法は、前作の山田五十鈴および前々作『必殺仕業人』の藤田まことと同じく文字ズームアップ方式である。

サブタイトル

話数 サブタイトル 放送日
1 魔窟に潜む 1976年10月29日
2 にたてつく 1976年11月5日
3 怒りが火を噴く 1976年11月12日
4 下に挑む 1976年11月19日
5 死へ走る兄弟い情念 1976年11月26日
6 を葬るい涙 1976年12月3日
7 恨みに棹さす精霊 1976年12月10日
8 帰らぬに泣く 1976年12月17日
9 小判がをむくい闇 1976年12月24日
10 とらぬい舌 1977年1月7日
11 明けに散ったい命 1977年1月14日

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

必殺からくり人血風編に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *ただし、一部地域ではTBS系列フジテレビ系列など

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP