今注目のニュース
『天気の子』新海誠監督、『時をかける少女』細田守監督など…好きなアニメ映画監督といえば?
『ポケモン』サトシ、22年越し悲願のリーグ初優勝 松本梨香「努力は報われる」
あいみょんのフリック入力の速度が異次元の速さだと話題に!

新必殺仕置人単語

シンヒッサツシオキニン

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

新必殺仕置人とは、朝日放送(現・ABC制作1977年1月21日1977年11月4日までテレビ朝日系列で放送された時代劇必殺シリーズ第10弾である。全41話。

オープニングナレーション

のさばる悪をなんとする
の裁きは待ってはおれぬ
この世の正義もあてにはならぬ
闇に裁いて仕置する

ナレーター芥川隆行

概要

の日に開かれる「の会」。これは表向きは句会だが、最後の挙句の中に標的の名前を織り交ぜ、詠んだ直後にその命を競りにかけ、最も安く落札したものが標的を仕置するという闇の会合であった。

かつて江戸を追われた江戸に舞い戻り、このの会で仕置人業を営んでいたが、ある日のの会で詠まれた句にを疑う。

「八丁の 掘りに中村 かな」

かつての仲間が標的となったことに驚き、の会の掟を破ってと接触した。破りを防いだ手柄で定町りに復帰。順満帆の生活を送っていたが、このとの再会により再び裏の世界へと戻ることとなった……

当時視聴率の低迷していた必殺シリーズを立て直すため、人気の高かった「必殺仕置人」の続編として製作された作品。念仏の再登場や殺し屋組織の会など、過去の評価点を踏まえつつ新要素を取り入れたことで、視聴者からの評判は非常に好評であった。今でもシリーズの最高傑作として本作をあげるファンは多く、前期必殺を代表する一作として仕上がっている。

登場人物(仕置人)

中村主水(なかむらもんど
演:藤田まこと
南町奉行所同心。前作(必殺仕業人)では屋見りであったが、破りを防ぐ手柄を立てたことで定町りへと復帰した。裏業からは足を洗っていたものの、との再会から再び裏業のを歩むこととなる。
の会に所属するグループの一員ではあったものの、その存在はの会には知らされていない。
仕置技は標的を快に切り捨てる。
最終話の最期を見送った後も江戸に残り同心を続ける。そしてのちに商売人を結成することに。
己代(みよまつ)
演:中村嘉葎雄
観音長屋に住み、鋳掛屋を営んで暮らす男。かつてとは殺し合った仲で。人情に厚く、生前の犠牲者と絡むことが多かったため仕置の際に感情が表に出ることが少なくなかった。
仕置技は手製ので標的の急所を撃ち抜くというもの。射程距離はわずか二間で、初期では一発撃つと身が砕け散り自身も反動で吹き飛ぶなど欠点も多かったが、本業よりもを入れて日々良を加えることでしていった(設定上は最後まで射程距離は二間だったが、明らかにそれ以上飛んでいる描写もある)
最終話では奉行所に捕えられ、厳しい拷問の末に廃人となってしまった。
なお余談だが、媒体によって「」と表記されることもある。「己」を「み」と読まないことからこちらが正しいとされる意見があるが、人名においては「み」と読ませる(名乗り読みという)ため、誤りである。公式からの正式な発表はないためどちらが正しいかは不明だが、本記事では本編クレジットに沿った表記で統一する。
正八(しょうはち)
演:火野正
子屋を営む、お調子者の青年。腕っぷしは弱いが情に厚く、その性格はグループの密偵役としても存分に発揮されていた。彼の絵子屋の地下がグループの隠れになっている。一度だけ自らの手で仕置をしたことがある。
最終話が死に、おていと己代江戸を去ったが、彼はとともに江戸に残り、後に商売人を結成することとなる。
また後作の「翔べ!必殺うらごろし」に登場する正十と同一人物ではないかとも言われているが、前述の殺しをしたことのあるなしの設定が食い違っている。
おてい
演:中尾ミエ
女スリ。正八とともにグループの密偵を務めており、殺しは行わないものの囮として標的を油断させる等の活躍をすることもある。
最終話では己代仲になっていたことが発覚。廃人となった己代の最後の仕置を正八と共に成功させると、正八に見送られつつ己代を連れて江戸を去っていった。
(ねんぶつのてつ)
演:山崎
仕置人最終回江戸を去っていたが舞い戻り、観音長屋接ぎ師を営みつつの会に参加している。仕置の技は前作と変わらず素手による外し。しかしレントゲンは以前より鮮明になっている。
ピアスやブレスレットを付けたり、仕置の際に標的をっ二つに折り曲げる等快な面を見せつけることもあれば、情に流されたり時には涙を見せるなど穏やかな部分もあるなど前作よりも人間味の増したキャラクターとして描かれている。
最終話で最大の武器である右腕を焼かれ、仕置人としては終わりと言われたが、その右腕で最後の仕置を敢行。自信も致命傷を受けていたが、その体で女郎屋へ赴き、床入りして絶命した。キャラクター徴するその最期は、ファンの間で屈の名シーンとしてり継がれている。

登場人物(寅の会)

元締・(もとじめ・とら)
演:藤村富美男(元阪神タイガース
江戸仕置人をまとめ上げた殺し屋組織「の会」を束ねる大元締。
無口あまり台詞も上手くないが、その眼は鋭く歴戦を潜り抜けてきた凄みを感じさせる。
かつては自らも凄腕の仕置人であった事が示唆されており、第3話および第8話では裏切り者に対し金属バット棍棒「物干竿」を用いて仕置を行った。そのうち第3話では演じる藤村氏の現役野球選手時代の映像インサートされる演出となっている。
仕置人たちをの掟で支配する存在ではあるが、念仏に対してはその才を高く買っている描写が見られ、掟をうっかり破りそうになったに対しもやりたがらない仕置を押し付ける事と引き換えに特例で許すなどの配慮も見られた。
最終話では死神の自を機に組織の解散を宣言するが、その後の勢抗争に巻き込まれる形で外道仕置人蔵一味に襲撃される。駆けつけたへ自らを依頼人として外道の始末を頼み、そのまま息絶えた。
死神(しにがみ)
演:河原崎健三
の懐で、仕置人達の監視人も務める寡黙な男。
没でどこにでも現れ、掟を破った仕置人を得物の銛を使い淡々と始末していく。
暗殺マシーンとして念仏ですら恐怖させる強さを持ち、の会の徴として畏怖されていた。
その出自は北方民族のギリヤーク人(ニヴフ)であり、仕置の際に着用する得意な形状のアイマスクは、彼らの使用する遮器が元であるとされている。
40話にて女仕置人であるお徳との覚め、彼女を殺した相手を私恨で殺したために奉行所との会両方に追われる身となってしまう。進退窮まった彼は正八の助けでお徳の遺体と対面。そのまま自した。
彼の死によっての会はそのを失い、崩壊へ向かっていくこととなる。

エンディングナレーション(第13話のみ)

仕置…
法によって処刑することを江戸時代そう呼んだ
しかし、ここにいう仕置人とは
法の網をくぐってはびこる悪を裁く
闇の処刑人のことである

ただし、この存在を明する記録
古文書の類は
一切残っていない

ナレーター芥川隆行

主題歌

あかね
作詞片桐和子
作曲平尾昌晃
編曲竜崎孝路
歌唱:川田ともこ

サブタイトル

話数 サブタイトル 放送日 話数 サブタイトル 放送日
1 問答 1977年1月21日 22 奸計 1977年6月17日
2 1977年1月28日 23 訴訟 1977年6月24日
3 1977年2月4日 24 誘拐 1977年7月1日
4 暴徒 1977年2月11日 25 濡衣 1977年7月8日
5 王手 1977年2月18日 26 1977年7月15日
6 偽善 1977年2月25日 27 約束 1977年7月22日
7 賃借 1977年3月4日 28 1977年7月29日
8 裏切 1977年3月11日 29 良縁 1977年8月5日
9 悪縁 1977年3月18日 30 夢想 1977年8月12日
10 女房 1977年3月25日 31 1977年8月19日
11 助人 1977年4月1日 32 阿呆 1977年8月26日
12 新設 1977年4月8日 33 幽霊 1977年9月2日
13 休診 1977年4月15日 34 軍配 1977年9月9日
14 男狩 1977年4月22日 35 宣伝 1977年9月16日
15 密告 1977年4月29日 36 自害 1977年9月23日
16 1977年5月6日 37 生命 1977年10月7日
17 代役 1977年5月13日 38 迷信 1977年10月14日
18 同情 1977年5月20日 39 流行 1977年10月21日
19 元締 1977年5月27日 40 1977年10月28日
20 善意 1977年6月3日 41 解散 1977年11月4日
21 1977年6月10日

関連動画

新必殺仕置人に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

新必殺仕置人に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

新必殺仕置人に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/07/18(月) 19:58:20 ID: AkZ2MeB3Di

    ついに新仕置人の記事ができた!
    正直これに関してだけは闊な事書けないからみんなしてたんだと思うw

  • 2ななしのよっしん

    2018/05/23(水) 16:18:28 ID: TM+kwVAgqM

    「最高傑作」という言葉が独り歩きしている影で、やや格化されすぎている部分はある。
    ただ再登場やの会設定のスケールの大きさからくるお祭り感や、前期と後期のいいところ取りな幕の内弁当的魅は他にないのも確か。
    個人的にはクオリティや好みの面では仕置屋や仕業人の方が上位だが、爛という言葉がふさわしい新仕置のりもシリーズくてはならないものだと思っている。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP