溺死 単語

156件

デキシ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

溺死とは、水中などで息ができなくなり欠状態に陥り死に至ることである。

概要

有名な死因の一つである。

言うまでもなく人間水中で呼吸できない。また外的要因で溺れる場合も多い。
年齢・装備・水泳にかかわらず注意しなくてはならないし、過信はリアル死亡フラグになりうる。

河川沼といった場で発生する死因であるが、必ずしも深の深い場所だけで発生するわけではない。例えば、病気による意識消失倒した際に浴槽や洗面器、溜まりといった場所に顔を付けてしまい、そのまま溺死することがある。レアケースとしては、泥酔者が屋外で睡眠中に豪雨に襲われ、雨水が気管に浸入して溺死してしまったという例がある。

特に子供は深いで頭が下になってしまったり風呂で倒れたりということでも簡単に溺死する(頭が重いため)。
では離岸流から離される恐怖から流れに逆らって泳ぎ続け、尽きて溺死することがあるが、離岸流は横に泳いでいくことで抜けられるため、流れに逆らわないようにしよう。
では急な急な増や流れが複雑なところに気をつけよう。
風呂では酔っていたり睡眠不足だったりすると、うとうとして顔が面についてもが覚めない可性があるので、注意しよう。

人間の体はより軽いので、重いものを外し、体中のを抜けば勝手に浮き上がることもあるが、溺死を免れるかは賭けなので、最後の手段にしよう。

その他

河川においては深・流の大きく変わる箇所があり、屈折深が浅く見える錯覚もある。急な深みにはまり底へ引き込まれパニックになった挙句、岩などに全身を打ち付けられるといった場合もある。

離岸流の他にも、などで足を滑らせて頭を打つ、落津波洪水・危険生物ダムの放・低体温症・減圧症潜水病)など原因は多岐に渡るため、環境に応じた危機管理をする必要がある。クラゲはもちろんカツオノエボシなども危ない。海外においてはワニピラニアデンキウナギで亡くなる人もいる。

本当に溺れる人は「助けて~!」と面でバタバタ暴れるのではなく、静かに沈んでいくので注意。
面でバタバタしている時点で呼吸ができているので溺れない)

溺れている人を助けに行くとパニックになって抱き着かれ(水泳に長けた人物であっても)連れにされる危険もあり、一旦わざと大きく沈むといった荒業もある。浮き輪や中身を捨てたペットボトルなどを投げるといった手も有効である。

台風豪雨津波洪水といったに関しては、事前情報収集で期避難するといった対処も必要。万一の際は1mでも高所へ逃げる、2階以上で寝たり重品を上げておくといった対策も必要である。(→垂直避難

辺であっても熱中症などの別のリスクもあるので注意。

検死手段として

溺死の所見としては、溺と呼ばれるの膨、吸引した分が内の液と混じり合って微細泡として口部から湧き出る、に浸かっていたことにより皮膚がふやけているなどが挙げられる。また、他の窒息死と同様に眼瞼などに溢血点が見られることもある。これらの所見の中で、吸引したの鑑定は特に重要で、気管やの中から分が検出されない、あるいは通常の溺死よりも少ない場合、殺後に水中へ投棄された可性が高い。また、の成分やとともに吸引されたプランクトンや泥を鑑定することにより、溺死した場所がある程度特定できる場合がある。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 17:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP