炎色反応単語

エンショクハンノウ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

炎色反応とは、アルカリ金属アルカリ土類金属などを炎の中に入れて熱すると、それぞれの元素特有のを発して燃えることである。

概要

熱せられて気化した金属原子は、外殻電子がエネルギーを受け取り、普段の基底状態よりエネルギー準位の高い軌へと移動する。移動した電子は不安定な状態で、元の軌に戻ろうとする。このとき、2つの状態のエネルギーの差に相当するエネルギー電磁波として放出され、その波長が可視領域にあるとき、炎色反応を示す。

元素ごとにの色が違うのは、電子軌や軌間のエネルギー差が元素ごとに異なるからである。ルビジウムセシウムインジウム、タリウムは発見時に観測された炎色反応(正確にいえば発スペクトル)の色にちなんで命名されている。

ストロンチウムなどは花火の発色に用いられる。ただし、日本でこれらが用いられ始めたのは明治時代になってからであり、江戸時代までの花火はほとんどオレンジ以外に色がなかったことは覚えておいた方がいい。

関連項目

関連動画

この記事を編集する

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2012/10/16(火) 00:24:51 ID: 8xPfU5FaoQ

    事中の(○○色)のところをその色に塗ってほしい

  • 13ななしのよっしん

    2013/08/03(土) 09:01:44 ID: E9MW4PXHQY

    学生時代に炎色反応の授業を受けた時、化学先生
    「オレん火事になったらお前ら見に来い。が燃えてキレーな緑色だぞー」と言っていて
    これがマッドサイエンティストというものなのだな、とちょっと感動しました。

  • 14削除しました

    削除しました ID: CvjYriW5fu

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/01(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/01(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP