今注目のニュース
今年はどう過ごす?2019年ハロウィンに関するアンケート調査
神戸市立東須磨小学校ホームページが加害教員4人のせいで現在とんでもないことになっていると炎上!
「#台風なのに出社させた企業」がSNSでトレンド入り。コンビニ各社は「店ごとに判断」としていたが…

王将戦単語

オウショウセン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

王将戦とは、将棋棋戦のひとつ。

概要

棋界のいわゆる八大タイトル戦のひとつであり、七番勝負の勝者は「王将」の称号を得る。2017年現在で66期と、名人戦に次いで歴史ある棋戦である。

番勝負は毎年1月3月にかけておこなわれ、年明け最初の公式戦は王将戦七番勝負第一局、というのが恒例。この七番勝負では、コスプレなどネタ的な写真が中継サイトに掲載されるのが特徴である(第62期[2013年]の例exit)。第56期に撮られた、佐藤康光辺で将棋写真が有名。

また美術館に特別ステージを設けて対局場とするなど、妙に凝ったこともする。

永世王将の獲得条件は通算10期獲得で、大山康晴羽生善治の2名が達成している。

創設当初は「し込み制」が採用されており、升田幸三名人香車を引いて勝つを成し遂げたのはこの棋戦

王将リーグ

挑戦者を決めるリーグ戦は、王将リーグと呼ばれる。王将リーグ参加者は前期リーグ上位者4名と予選トーナメント勝ちあがり者3名の計7名。その総当り戦で最高成績の者が挑戦者となる。

じつはこの王将リーグファンの間では棋界きっての鬼畜リーグとして名高い。毎年タイトルホルダーをはじめそうそうたるメンバーが名を連ね、これを突破する難度はときにA級順位戦をもぐともいわれる。「こんな強棋士リーグ全敗なんて…」という事例もよくある(例:第61期の森内俊之名人)。王位戦も似たようなシステムなのだが、明らかに顔ぶれが違う。なぜだ。

そんなリーグなのでファンからの注度も高いのだが、残念ながらPC対応の棋譜中継はほとんどおこなわれない。いちおう挑戦者が決まる最終局は中継されるのが通例なのだが、全局中継を望むファンは多い。いやホント、マジでお願いします毎日さん。ネタ写真とかそういうのよりもだな・・・

歴代タイトル保持者

関連動画

 

関連商品

↑第45期(1996年)で羽生善治谷川浩司から王将を奪取し、七冠プロ要7タイトル)独占を達成したときのものである。前年の王将戦の時点ですでに六冠を保持していた羽生は、前年は谷川に敗れたものの、次の王将戦までの間にあった五冠をすべて防衛した上で谷川に再挑戦し奪取を決めた。

関連項目

リンク

八大タイトル
竜王戦名人戦 - 叡王戦 - 王位戦王座戦 - 棋王戦 - 王将戦棋聖戦

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP