今注目のニュース
たばこの値上げが認可 10月1日から「1箱10円アップ」
「プレミアムエコノミー」って実際どうなの? エア・カナダの機内食、キャビン各所などリアルなレポートに興味津々
職場の雑な働き方改革に怒る声「残業ゼロで家計は毎月赤字。このままでは食べ物も買えない」

森内俊之単語

モリウチトシユキ

掲示板をみる(146)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

森内俊之(もりうち としゆき)とは、将棋棋士である。1970年10月10日生まれ。神奈川県横浜市出身。勝浦修九段門下。棋士番号183

いわゆる“羽生世代”のひとりに数えられる強棋士竜王戦1組以上通算18期、順位戦A級以上通算22期。タイトル戦登場25回、獲得12期。十八世名人資格者。

ネット上でのあだ名は“ウティ”。祖は同じくプロ棋士須行男。子に竹俣紅

あ、棋歴です

小学生の頃に将棋を覚え、6年生のときに小学生将棋名人戦で3位となる。このときの優勝者が、長きに渡ってライバル関係となる羽生善治だった。同年に奨励会入会し、三段の頃は佐藤康光とともに島朗の“研”に参加して実を磨く。1987年に四段昇段(プロデビュー)。なお、研には後に羽生も参加している。

三段リーグ中に参加した新人王戦で勝ち進み、四段昇段後に史上最年少(当時)で優勝。1989年には全日プロトーナメントで優勝。18歳5ヵでの全棋士参加棋戦優勝は当時史上3番の年少記録だった。25歳でA級八段となる。

以降も何度も棋戦優勝・タイトル挑戦を果たすが、なかなかタイトル獲得とならず“冠の帝王”と呼ばれた。しかし、2002年度の名人戦丸山忠久名人を破り、初タイトル名人を獲得。翌年には羽生善治に破れ名人を失うが、竜王王将羽生から次々と奪冠。 竜王戦では4連勝でストレート勝ちしたが、羽生タイトル戦でストレートで降したのは内が初である。

翌年の2004年にはA級順位戦を9戦全勝し名人挑戦権を得る。名人戦羽生善治から名人を奪還し三冠になり、史上3人の“竜王名人”となる。A級順位戦を9戦全勝したのは内と羽生の2人だけだが、A級順位戦を9戦全勝した直後に名人になったのは内のみである。しかし竜王は、当時20歳の渡辺明に奪われてしまう。

2005年、当時最強コンピュータ将棋ソフトだったYSSとの対局が実現する。落ち&30将棋ハンデ付きで、ソフト側に有利な条件だったが内が快勝した。ソフト開発者は「名人は厚かった」とっている。

2007年名人獲得5期を達成。羽生に先んじて永世名人資格を得る。

2013年名人戦では羽生善治に4勝1敗で勝利し、名人戦3連覇を達成。竜王戦でも渡辺明に4勝1敗で勝利し、9連覇中の渡辺から竜王を奪還。自身2度の“竜王名人”となり最高タイトルを独占する。しかし2014年名人羽生竜王タイトル戦初挑戦の糸谷哲郎に奪われ、挑戦者として挑んだ棋聖戦でも羽生敗北し、2008年名人を奪取されて以来の冠となった。

2017年22期在籍したA級順位戦から陥落。フリークラス転出を宣言し「対局者とは別の立場で順位戦名人戦を盛り上げていければと思っております。」とった[1]。同年、綬褒章を受賞した。

あ、棋風です

居飛車党。強な受けの棋で“鉄板流”と呼ばれる(本人はあまり気に入っていない模様)。“優駿流”や“鋼流”と呼ばれることもある。その棋通り、理な攻めを仕掛けない受け将棋で受け潰しには定評がある

しかし、その受けの中に絶妙な攻めの仕掛けが時折仕組まれており、長期戦にも強いことから大局観に長けた棋士としても知られ、古参棋士には受け将棋の名手、大山康晴十五世名人のようだとも称される。

順位戦名人戦を得意とし、順位戦26連勝の歴代棋士トップ記録を持つ。順位戦では第69期(2010年度)まですべて勝ち越していた(参加した順位戦は18期、うち、A級は11期)。名人失冠直後の第73順位戦2014年度)で負け越しを記録し、順位戦連続勝ち越し記録は途絶えた。

投了の際に「あ、負けました」と言うことが多い。

あ、エピソードです

多数の趣味をもっていることでも知られており、その中でも“クイズ”は、2005年アタック25で優勝する程の実を誇る(ちなみに「いかに効率良くパネルを埋めるか」という研究を、奨励会時代から仲の良い佐藤康光羽生善治の3人で集まり、事前に共同研究していた、と後日明かしている)。

また、チェスバックギャモン麻雀などテーブルゲームボードゲーム)が好きだという。ちなみに、チェスを始めてルールを教わったその日に、チェス先生に勝ってしまったという逸話があり、レーティングで日本トップ5に入ったことも。

2013年の年末、知人の将棋ライターバックギャモンについてり合っているときに「来年の8月バックギャモン世界大会があるんだけど、出てみない?」と誘われたのをキッカケに、本格的にバックギャモンの勉強を始める。将棋の対局の合間を縫ってバックギャモンプレイヤーが集まる例会に通い、様々な戦術を意見交換しながら研究を重ねていく。途中、将棋の対局時と同じ感覚で長考しピンチになってしまうなどのクセが判明するが、それらもし実を上げていき、半年後にモナコ公国のモンテカルロで開催された第39世界バックギャモン選手権に出場。持ち前のり強さで勝ち上がり、世界ランク1位プレイヤーを破るなど大金星を挙げるが、最後は惜しくも敗退。4位入賞という結果に終わった。

ネクタイにこだわっており、2013年に高級ブランドを扱うファッション雑誌『GQ』にて、『GQ』が注するエルメス8cmタイ23人に選ばれ、エルメスネクタイをして表を飾った。

自他共に認めるカレー好きであり、対局ではカレーを注文することが多い。く、

とのことである。2016年には三菱IHクッキングヒーターのキャンペーン「厳しい勝負になるほど、『カレー』と注文することで知られる森内九段」exitとして登場した。

2017年から2年間、日本将棋連盟専務理事を務めた。

あ、お絵カキコです

あ、関連動画です

あ、関連生放送です

あ、関連商品です

あ、関連リンクです

あ、関連項目です

脚注

  1. *2017年度からのフリークラス転出者exit

掲示板

  • 144ななしのよっしん

    2018/06/23(土) 19:26:43 ID: Di7R4NavPW

    中原先生45歳前後で頭の中の盤面が暗くなったといっていた
    羽生先生45歳前後から成績は下降し始めてる
    だからこの年齢で衰えるのは仕方ないとは思うが、先生ほどの棋士なら(大山先生のように50代でタイトル取るのはさすがに理としても)50代前半くらいまでは中原長・谷川のように順位戦A級やタイトル挑戦を争えるレベルの所で留まると思ってた
    だからこの老け込みようは驚きだ
    史上初のフリークラスからのタイトル挑戦獲得を期待してるからまだまだ先生には頑ってほしいんだが・・・

  • 145ななしのよっしん

    2019/05/20(月) 12:34:47 ID: 3axnV3+RIF

    つくづく40代後半で名人になった長やひふみん
    すごい

  • 146ななしのよっしん

    2019/07/23(火) 21:49:45 ID: PuT/UR1dX9

    たまにテレビ棋戦で姿を見るけど
    表情から格が消えてしまった気がするなぁ
    永世名人のはずがC1ぐらいの雰囲気に見える

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP