今注目のニュース
GC版『ゼルダの伝説 風のタクト』タイムアタック研究で大きな一歩。17年にわたり不可能だった“バリアスキップ”が「メモリの魔法」によって達成される
満員電車で肘をぶつけてきた男性 「スマホ画面」が見え唖然とした…
Twitter、トランプ大統領の「国に帰ったらどうか」ツイートを“ラベル付き非表示”にせず

叡王戦単語

エイオウセン

掲示板をみる(127)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

叡王戦(えいおうせん)とは、将棋タイトル戦である。ドワンゴ催。2015年より一般棋戦として始まり、2017年の第3期よりタイトル戦となった。タイトル戦の中での序列は竜王名人に次ぐ3位。

概要

叡王と挑戦者による七番勝負が4月6月に開催される[1]。持ち時間は1時間、3時間、5時間が各2局ずつ、6時間が1局で、順番は対局者によって決められる。詳しいルール公式サイトを参照のこと。

予選は段位ごとに棋士を分けて行なうトーナメント方式で実施され、本選トーナメント出場者16名を決定する。予選は九段4名、八段・七段・六段3名、五段2名、四段1名の計16名。持ち時間はチェスクロックの1時間、切れたら1手1分。1日に2〜3局の対局が行なわれる。女流棋士1名、アマチュア棋士1名も四段予選に参加する。

予選通過棋士16名と予選免除棋士8名の計24名による本戦トーナメント10月~翌2月にかけて開催される。持ち時間はチェスクロックの3時間、切れたら1手1分。挑戦者決定戦となる決勝のみ三番勝負となる。なお、予選免除棋士は前期ベスト4、タイトル保持者などから決められる。こちらも詳しい条件は公式サイトを参照のこと。

予選トーナメントの注局と準決勝以上の対局、そして本戦トーナメント七番勝負はニコニコ生放送で生中継される。

開催〜第1期・第2期

様々な物議と論争を巻き起こした電王戦FINALの終了より2ヵ後、2015年6月に「電王戦に関する新展開」が発表された。

その内容は、

というものであった。かつて取り沙汰されていた“電王戦タッグマッチ”の公式戦化ではなく、プロ棋士タイトルを懸けて戦う新棋戦という形になり、併せて谷川浩司森内俊之の両永世名人佐藤康光永世棋聖、現役タイトルホルダーとして糸谷哲郎竜王のエントリーなども発表された。

その後、6月18日に新棋戦名として“叡王戦”棋戦補名から投票にて選ばれた。

これに勝ったものは電王と戦うのだから、人間の王と意味にしたい。ならば、人間しか持たない、知恵や智を競う将棋の頂点に相応しい称号を考えた。「」という字には、明らか、聡明、物の理に通じた、という意味(ニコニコ大百科による)がある。将棋理を人間コンピュータがどちらが理解しているか、という意味もこめて。埼玉県 32男性

優勝者は“叡王”を冠し、翌年の頃に開催される電王戦の人類代表としてコンピュータプログラムの代表、“電王”との二番勝負に臨む。予選は九段が4名、八〜五段が各2名、四段が1名を基本とし、タイトル保持者数を勘案して決められた。第1期は九段6名、八段3名、七段・六段・五段2名、四段1名。本戦トーナメントも決勝以外の持ち時間は予選と同じで、決勝は持ち時間5時間(・夕休憩あり)の三番勝負。

第1期には159名のプロ棋士中154名が参加。この棋戦のみ、称号ではなく段位で呼称された(例:郷田真隆王将ではなく郷田真隆九段)。

優勝賞などは非表だったが、日本将棋連盟棋戦情報ページでは一般棋戦の中で一番上に記載されており、優勝賞1000万円(当時)の朝日将棋オープン戦よりも高額であることが示唆されていた。

公式タイトル戦へ

2017年5月20日に行なわれた第2期電王戦第2局終了後の記者会見において、叡王戦が全棋士参加の公式タイトル戦に昇格することが発表された。タイトル戦の誕生は1983年に昇格した王座戦以来34年ぶりであり、新聞社以外が催するタイトル戦は史上初めてである。

第3期は、第2期までの形式を引き継いだ形で段位別予選と本戦が行なわれたが、この期より女流棋士アマチュア棋士が四段予選に参加することになった。

クラウドファンディングの開始

第4期では見届け人制度が採用されたが、第5期では「叡王戦を応援するプロジェクト」としてクラウドファンディングが行なわれた。

募集サイトは「CAMPFIRE」で、額は200万円。2000円100万円までと幅広い支援内容となっている。

2019年5月15日2019年6月14日までの一ヶ間行われ、途中でTシャツや叡王戦テレビちゃんぬいぐるみ等のリターンも追加された。
結果は、額の7倍をえる1,406万2,100円となり、パトロン数785人となった。
初めての試みとしては大成功の結果となった。

詳細はプロジェクトページexitを参照のこと。

歴代結果

赤色が番勝負勝者。
開催年度 優勝者 準優勝者
1 2015年 山崎隆之 郷田真隆
2 2016年 佐藤天彦 千田翔太
3 2017年 高見泰地 金井恒太
開催年度 前期叡王 挑戦者
4 2018年 高見泰地 永瀬拓矢
5 2019年 永瀬拓矢

関連動画

関連チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *タイトル戦としての第1回となる第3期のみ、本戦トーナメントの決勝が七番勝負となる。

掲示板

  • 125ななしのよっしん

    2018/10/02(火) 09:43:00 ID: LKcvycXyhY

    評価値の

    200=互
    500~=有利・しやすい
    1000~=優勢
    2000~=勝勢

  • 126ななしのよっしん

    2018/11/23(金) 07:34:08 ID: TI/AsdXAFj

    ぶっちゃけ昨今の最新ソフトは数字大きく出るから数字で人間の対局の形勢判断に使うのは微妙な気するよね
    評価が過剰とかじゃなく、一昔前のソフトより正確に読めてるからこうなっちゃうんだよな
    強いソフトほど僅かな差を大差と示してしまうけど、人間にはソフト読み通りにはせないからどうしてもギャップが出てしまう

    それに、ニコ生で使われてる最終版のポナとぽんぽこは世代も違うんで評価値に差が出るのは当然だけど、同世代の強ソフト同士でもバラつきあるしね
    ちょっと前はソフトプロと棋近かったら割と妥当な標として仕えたけど、徐々にこの数字だからこれくらいの差って言える時代ではなくなって行く気がする

  • 127ななしのよっしん

    2019/02/07(木) 20:13:34 ID: i7CfpUviBI

    ランキング開されて叡王戦の賞額(番勝負対局料含む)は約2000万ってことが分かったな
    2525万円だと賞面だけで見たときに名人戦えてしまうのが味が悪かったか
    収を含むと名人4000万近くあると見られてるし、棋戦契約でも叡王戦より一回り上だろうからこの辺りのバランス仕方ないね

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP