石川五右衛門単語

イシカワゴエモン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

石川五右衛門とは、安土桃山時代実在した盗賊である。

3 年8月24日(1594年10 8日)に釜茹での刑にかけられ、「石川砂(まさご)は 尽くるとも 世に盗人の 種は尽くまじ(「例え石川の砂がくなっても、この世から泥棒が消える事はねぇから!)」という辞世の句を残した事で有名。

概要

かつては伝説上の存在と呼ばれていたが、イエズス会の宣教師ペドロ・モレホンの日記により、実在する事が分かった。様々な史料では、彼の処刑に関わる記述が残されているが、それ以前は諸説ある。一説には賀流忍者の抜けと言われ、別の説では三好氏の臣である石川明石の子で、の宝蔵を破ったと言われ、またまた別の一説には、湯ではなく、油で煮殺されたと言われる。

江戸時代になると、彼は豊臣秀吉の命を狙う義賊として、歌舞伎浄瑠璃落語等の題材によく使われるようになった。これは前政権の権者である豊臣を敵役にする事が、徳政権下にとって都合が良かった為とも考えられる。キセルをくわえ、日鬘(ひゃくにちかつら)に大どてらという五右衛門像は、この時期に確立された。

石川五右衛門に関連するもの

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/05(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/05(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP