責任転嫁単語

セキニンテンカ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(159)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

人は転ぶと坂の所為にする。坂がなければ石の所為にする。石がなければ靴の所為にする。
人はなかなか自分の所為にしない。

ユダヤ名言

責任転嫁(せきにんてんか)とは、自分に多くの責任があることを認めず、外部に責任があるとすること。人の所為にすること。責任の押し付け、なすりつけ。

概要

だいたい幼稚園小学生の頃に習得可になるスキル。その使用率には環境教育の質、本人の性格や知性、モラルが深く関わるとされる。多くの人々の眼に触れれば触れるほど最終的な成功率は低くなり、一時的に責任を逃れることは出来ても、信頼度や社会性といったパラメータが下がる為、恒久的なメリットは全くない。

日常的な使用例として、自分の失態を責められる等して追い詰められた人間がやぶれかぶれになって使うケースがある。結果的に失敗することがほとんどであり、ネタの一環として用いられる事も多い(「キレ芸」など)。

その一方、地位や年齢が上がるにしたがって、傍にはかなり謀と思えるケースにまで行使出来るようになってしまう悪魔的な魔法である。論、その代償として支払うものは大きいなのだが…。

さらに、最近では自己的、自己中心的な責任転嫁が増加しているとされる。他人に同情したり、共感する意識が希薄で、自分が思い通りにならないのは他人の所為だと思い込み誰彼構わず責任を押し付けるケースがそれにあたる。ネット上では荒らし厨房などが「悪意をもって」「わざと他人の所為にする」場合もある。これらの行動があまりにも酷い場合には人格障の疑いもある。

言うまでもないことだが、本来自分が負う責を他人に押し付ける以上、された相手から恨まれる事は必至である。それと同時に、周囲からは人格を疑われ、信頼を失い、で見られる行為でもある。

なお、この記事の初版においても後続の編集者に対する責任転嫁が見られる。

よくある間違い

歴史

今日では当たり前のように使われている「責任転嫁」という言葉だが、その歴史は長くない。 というより、実は「責任」という言葉の歴史自体がそう長くないとも言われている。 責任の英訳である“responsibility”の初出は18世紀後半と言われており、ドイツ語においても19世紀まで言葉自体が存在しなかったという。 これは、責を任ぜられるということ自体が、それなりに高度な組織的活動をしないことには起こりえないことがな理由だと考えられる。

関連動画

あれ? お前が探しといてくれるんじゃなかったっけ? え? お前そういってただろ?

関連コミュニティ

は? こんなんが探すなんて聞いてねえよ!

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 157ななしのよっしん

    2022/08/02(火) 17:44:24 ID: ZWzzyhbB4X

    まあ否定しないけど、ああいうのを放ったらかすと騙されてに受ける人が出そうなんだもん。そりゃだって放っときたかったけどさ

  • 158ななしのよっしん

    2022/08/02(火) 19:00:15 ID: ft1C2HVPvc

    流行ったら一番得するが流行らせたんだっていう理屈は弱い
    個人が連帯責任を回避するのに都合がいいから流行ったでも説明はつく

  • 159ななしのよっしん

    2022/08/04(木) 06:29:57 ID: Fdjq3CfCD0

    そりゃ、上の立場にいる人ほど使う傾向があるとは思うけどさ、ただ例えばここにいる責任転嫁に噴飯している人たちがその行為をやってないという保もない以上はね…(これはパワハラとか自己責任々にも同じことが言えるけど)
    少なくとも、昔のはものの見事にそれやってたからなあ…
    それで、友とかを失ってからは、なるたけそうしないような心掛けてはいるけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/20(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/20(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP