今注目のニュース
どんなにかわいくても… 泣き止まない我が子に苛立った体験談
大繁盛「退職代行業」野放しのツケは誰が払う
"東大クイズ王"が机に座らないで勉強するワケ

超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-単語

チョウジクウヨウサイマクロストゥーラバーズアゲイン

掲示板をみる(97)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-とは、1992年に発売されたマクロスシリーズOVAである。

概要

本作はマクロスシリーズにおける外伝的作品である。

超時空要塞マクロス』誕生10周年記念作品として企画された。前述どおり監督インタビュー世界観を土台に外伝的な形での制作をとっている。続編は初代のオリジナルスタッフ制作するという認識でもあったため、原作者のスタジオぬえは関与せず、アニメインターナショナルカンパニーAIC)が中心となって制作されたが、キャラクターデザイン美樹本晴彦、脚本の富田といった、一部は初代マクロススタッフが参加している。

マクロスシリーズの基本である可変戦闘機メカアクション、歌の存在、三角関係はこちらも継承されているが、後のマクロスシリーズでも見られる捻ったアイディアも多く盛り込まれている。

後述の扱いでも見られるシリーズとしての立ち居地も二転三転はしているが、マクロスオリジナルスタッフの新たな作品を作るきっかけにもなったり、後継企画が生まれたりと、マクロスシリーズの流れを動かした作品の1つとなっている。

超時空要塞マクロス』の劇場版愛・おぼえていますか』におけるゼントラーディとの戦争から80年後の地球舞台になっている。

本作の扱いについて

本作の設定は後のマクロスシリーズとの設定とは食い違いが発生しており、公式には長らくパラレルワールドという扱いにされていた。本作から初代への影を避けるため遠い時代の出来事と設定した点や、シリーズ原作者のスタジオぬえ河森正治が関与していないというのも理由となっている。

一時は公式な場で本作に触れた発言・記述が全くと言っても良いほどかった時期があり、明らかに冷遇されていた。黒歴史、とマクロスファンの一層から呼ばれることもあった(黒歴史という認識に関しては、公式側がフォローを入れている)。しかし、最近ではわずかながらも公式な扱いに善が見られており、PSPゲームマクロスアルティメットフロンティア」にはゲスト参戦という形で登場。続編の「マクロストライアングルフロンティア」では正式に本格参戦している。また、公式の書籍や年表でも、本作をパラレルワールドではなく『マクロスF』から未来物語として取り扱う動きが見られる。マクロスシリーズ制作周年記念でも新たにブルーレイボックスが受注生産されるなど、めて作品を見たい人にうれしい発表もなされた。

原作者が関与していない作品だけあって作マクロスシリーズとしては異色なものとなっているが、だからといって楽しくない、つまらないものであると思うのは良くない。見るべき所はある。

あらすじ

地球に新たな異マルドゥークが来襲する。地球統合軍は音波攻撃「ミンメイディフェンス」を使うが、敵もまた「戦いの歌」を用いる軍隊であった。

TVレポーターである神崎ヒビキは、統合軍エースパイロットであるルビー・ジーナと上層部の密会をスキャンダル。その内容の非開を言い渡される中、報道自由を自負するヒビキはシルビーと口論し、その場を後にする。ヒビキは放送局から戦場カメラマンデニス・ローンとともに非武装のバルキリーに搭乗し、マルドゥークと交戦している戦場を取材することになる。統合軍が劣勢となる事実に驚きながら、敵艦内で歌巫女イシュタルを救助。敵艦の爆発に巻き込まれたデニスの犠牲を胸に地球へ連れて帰る。

地球覚めたイシュタルは、自分の知らない地球の文化に触れていく中、歌のすばらしさを伝える平和の使者へのを進む。ヒビキとシルビーはイシュタルとの戦闘の中でお互いを知っていく中で、イシュタルの行動を実現すべく動いていく。

登場人物

物語主人公民間報道会社SNNの社員であり、軍人ではないバルキリーライセンスは取得しており、非武装の報道バルキリー戦場を飛ぶこともあるが、軍人ではない(大事なry)。物語冒頭では「視聴率を稼ぐこと」を第一に考えており、スキャンダルやスクープ(上いわく下世話なネタ)のためなら強引な取材も厭わない。しかしそんな姿勢も、デニスやイシュタルとの出会いをきっかけに変わっていく。
ヒロインその1。統合軍のエースパイロットで、民衆からの人気が高い。階級は中尉。当初はヒビキと対立していたが、イシュタルヒビキとともに死線をくぐるうち、距離が縮まっていく。
ヒロインその2。マルドゥーク軍の歌巫女として、戦意高揚・洗脳効果のある歌(催眠音波のようなもの)を歌っていた。大破した戦艦に取り残され、意識を失っていたところをヒビキたちに救助される。地球の文化や歌に触れるうちに、どんどん感性が豊かになっていく過程はマクロスⅡの見所である。
マルドゥーク官。に反して赤い機体に乗るライバルキャラである。イシュタルに対して特別な思いを抱いており、要所要所で空気が読めるいいである。
ヒビキの友人。オカマ。面倒見がよく仕事もできる人物。マクロス世界オカマはみんな有能なのか・・・。
ルビー双璧をなす統合軍のエースパイロット。階級は大尉。性格はナルシスト気味で、シルビーに片思いをしている。
SNN社員。かつては名のある戦場カメラマンだったが、勤務中に飲するほどにおちぶれている。視聴率義のヒビキとは違い、悲惨な現実真実を撮ろうとする人物。

登場メカ

関連動画

  • 関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP