零式水上観測機単語

レイシキスイジョウカンソクキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

零式水上観測機とは、帝國海軍が設計・開発した複葉機である。略称零式観、もしくは観。米軍から付けられたコードネームは「ピート」。

概要

大日本帝國海軍が量産した水上観測機。帝國海軍史上一番最後に登場した複葉機であり、その性は従来機をかに駕。フォルムも洗練されており、性・容姿ともに一つの極致とも言うべき傑作機である。観測機は、水上からでは難しい着弾地点を中から観測し、味方に伝える事で撃の命中率を上げる事が役である。このため長大な航続距離を要されない分、敵機の妨を排除できるだけの格闘性を要された。

零式水上観測機は水上機ながら格闘性を大幅強化されており、九六式艦戦と互に戦えるだけの性を獲得。大東亜戦争では自身よりかに大きい敵機と勇敢に戦い、少なくともカタリナ飛行艇B-17B-26を撃墜する大金星を挙げている。しかし、既に空母の時代に移行していたため水上戦闘は思いのほか発生せず、偵察、爆撃、迎撃といった用途外の運用がなされた。

戦歴

1934年10月帝國海軍は機種全般の近代化を行うため、十試水上観測機の試作を三菱愛知川西の三社に示した。十試水上観測機には敵機の妨を排しながら弾着観測が出来るよう、優れた上昇戦可運動性を要されていた。

川西は機体の要を満たせず失格。競合は三菱愛知一騎打ちとなった。三菱では海軍の要する格闘性を重視し複葉機として設計、武装は7.7cm固定機を機体上面に、後部座席には7.7cm旋回機を配置した。対する愛知も同様に複葉機として設計を進めていった。当初はでは三菱が上だったが、速度愛知の物とべて60キロも劣っていた。これではまずいと判断した三菱エンジンを換装し、差は25キロにまで縮まった。競合は最後まで続き、試作機は1938年3月横須賀海軍へと輸された。そこから飛行実験や大修を何度も繰り返し、同年12月に試作第三、四号機が最終実用試験機として海軍に納入。1939年10月、最終的に三菱の物が採用され、零式水上観測機の名前が与えられて制式採用となった。海軍での戦闘テストでは当時最新鋭機だった九六式艦戦と互に戦ったとされ、帝國海軍最後の複葉機として最も洗練された機体となった。

さっそく観は水上機母艦などに配備されたが、椿事が発生。1941年10月25日瑞穂に配備された観が空中分解を起こした。原因究明の結果、上中央部にシワが寄っていた事が判明し、修理のため航空技術輸された。

そして1941年12月8日大東亜戦争が始まる。しかしこ戦争は最空母の時代であり、水上戦闘は思いのほか起こらなかった。このため弾着観測という本来の用途ではなく、偵察や対潜活用されていった。開戦劈頭の南方作戦では瑞穂千歳に搭載され、レガスビーやアンボンといった敵拠点に対地攻撃を敢行。襲を仕掛けてきた爆撃機2機を撃墜し、また1942年1月にはオランダ軍のカタリナ飛行艇を撃墜するなど高い格闘性を発揮。スラバヤ沖海戦で敗走する駆逐艦ポープを爆撃し、至近弾を与えて重油を流出させる戦果を挙げている。ガダルカナル島争奪戦では空母艦載機の不足を補うため、最前線に投入。F4Fと互戦闘を繰り広げ、B-26を撃墜するなど善戦した。中でも一際立つのが1942年10月4日戦である。泊地を爆撃しにきた17爆撃隊所属のB-17を、水上機母艦千歳所属の観が迎撃。観のを使ってB-17を切断し、撃墜するという大戦果を挙げた。殊勲の搭乗員は後に千歳艦長から感状を賜っている。

零式観測機は1943年までに608機が生産された。1942年から44年にかけて機体補強や消炎排気管の追加などの良が行われた。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2020/03/12(木) 18:53:42 ID: smlaQ8GFse

    一部では「三菱の飛ぶ不条理」なんて言われてるらしいが、やっぱり「戦闘機を撃退できる複葉観測機」って部分が理由なんだろうか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP