今注目のニュース
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
お風呂場から謎の異臭が… その正体にショックで動揺してしまった

Police Quest単語

ポリスクエスト

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Police Questとは、シエラエンターテイメントが販売したPCアドベンチャーゲームである。1987年に発売されるとシリーズ化がされ、Police Questシリーズとして展開された。RTSFPSで知られるSWATシリーズも、Pilice Questのシリーズ作品として発売された経緯がある。

この記事ではPolice Questの1~4作を中心に記述する。SWATシリーズについてはSWATシリーズ(ゲーム)を参照の事。

概要

1987年に1作となるPolice Quest:Pursuit of The Death Angelが発売された。主人公カリフォルニア州にあるリットンという架警察官で、プレイヤーはこの主人公を操作しパトロールや事件の捜を行っていく。

この作品の特徴は警察官の活動をリアル再現しようとしていることである。
例えば1作ゲーム開始時において、主人公パトカーに乗務するパトロール警官なのだが、ロッカルームで着替えをし線機など必要な装備を受け取り、巡査部長ブリーフィングを受けてパトロールに出かける。では交通違反のを検挙して違反切符を切り、飲酒運転など悪質な違反者は逮捕。拘置施設である刑務所へ連行していった際には、施設に入る前にガンロッカーにを預ける。の発は厳しく規制されており、不用意に発するとゲームオーバーになってしまう。他にも沢山あるが、こういった細かい点にも拘ったことが評価され人気作品になっていく。

3作まではリットン舞台で、主人公は同一人物である。4作ロサンゼルス警察(LAPD)の殺人刑事主人公となり、舞台ロサンゼルスに移された。シリーズ通算で5作となったのはDaryl'F Gates's Police Quest:SWAT。LAPDのSWATが題材となり、5作アドベンチャー、6作RTS、7作FPSと変化していった。舞台システムは変更されていったが、いずれも実際の警察活動や規則に基づいていると言う点では共通している。

作品をリアルにする為に警察官経験者をアドバイザーに招いており、1作~3作カリフォルニアハイウェイトロールの元警察官であるジム・ウォールズexitが、4作とLAPD SWATシリーズではLAPDの元本部長であるダリル・ゲイツexitが、それぞれアドバイザーを務めた。

シリーズ作品

SWATシリーズに関してはSWATシリーズ(ゲーム)の記事を参照の事。

システム

初代Police QuestとIIは、今では懐かしいコマンドアドベンチャーであった。これは画面の一番下に入欄があり、そこにコマンドを入していくことでプレイヤーキャラが行動していくと言うもの。幾つか例を挙げると。

という具合で、上記のコマンドを全部こなさないとパトカーを動かすことができない。もちろん実際にはパトカーだけでなく、歩行や運転以外の様々なアクションコマンドによって実行していく。

III以降はマウスカーソルを使ってコマンドを選択し対を選んで実行すると言う、後の時代のアドベンチャーゲームRTSで御なじみのインターフェイスに変更されている。操作は取っ付きやすくなったものの、コマンドの使い方や種類、実行の判断基準は警察官の活動を再現する事に重点を置いたものだった。

リアルな判定

シリーズ全体を通じていえるのは、アドベンチャーではあるが警察官の活動をシミュレートしようとしており、かなり細かい作業や選択がめられている。故に細かいミスゲームオーバーになってしまう。

など。
当然だが被疑者への対応を誤って殉職してゲームオーバーになるし、パトカーの運転操作を誤って事故死してゲームオーバーになり、正当防衛要件を満たさずにをぶっ放すと不当射撃でゲームオーバーなど、かなりシビアである。

こういったリアル且つ厳しい判定の有り方は、そのままSWATシリーズへと引き継がれた。

主な登場人物

現在の入手方法

1~4までをまとめたPolice Quest CollectionがAmazonで入手できる他、同様のものがGOG.comダウンロード販売されている。ダウンロード版は以下のリンク先を参照。パッケージ版は関連商品を参照。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2015/11/21(土) 02:09:43 ID: G6I2Ai9my4

    えらく詳細な記事があって驚いた、作成乙です

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP