単語記事: 弓弦イズル

編集

ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしば激しい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読み、ほんわかレスに努めてください。

弓弦イズルとは、日本のシナリオライターであり、小説家(ライトノベル作家)である。

概要

1982年1月17日富山県生まれ。既婚者。

父・母・兄の3人の家族を持ちPNは父の趣味弦楽器と母の華道から取り兄からはこの業界に入る後押しをしてもらったとblogや新装版あとがきにて語っている。

大阪の専門学校卒業後にアダルトゲームブランド・アリスソフトに入社。入社時のエピソードとしてダンボールいっぱいの小説や企画書を持ち込んだ逸話がありブログ等で本人が語っている。

2007年までに体調の悪化を理由として退社し、以降は外注スタッフとしてゲーム製作に携わっていたが契約の更新がなかったことを機にフリーとして転向を決意。この際書かれた企画書の一つ(後のISの原型)がMFJ文庫編集長の目にとまりデビューのきっかけとなると新装版あとがきで語っている。

2009年5月にMF文庫Jから『IS〈インフィニット・ストラトス〉』で商業デビューを飾る。
メカと美少女と言う組み合わせが人気を呼び、アニメ化に合わせ7巻までには累計135万部(MFJ文庫公称)にのぼるヒットを達成する。2011年1月にはアニメ化こちらも人気を博す。

ほぼ同時期2010年8月から2011年6月まで月刊コミックアライブでは自身が脚本を担当し、山木鈴氏が画を担当する『らのべのへん!』が連載される。

7巻発売以降長期間次巻のアナウンスがなくOVA IS アンコール“恋に焦がれる六重奏 の特典小説が付属しないとアニメ公式サイトで発表されると物議を醸し出す。

翌年2012年春、アリスソフト時代の同僚NEY氏の運営する投稿型ストーリーエディタサイト、キミPにて執筆を再開する。一ヶ月程で体調不良を理由に活動休止をキミP運営からアナウンス。以降投稿はされていない。

2012年8月には作者本人が自信作と銘打った(作者ツイッター)放課後バトルフィールドが刊行。しかしこちらは売上が芳しくなく(オリコン他)その後続刊の発表がないまま2013年12月にてTwitter上にて「放課後バトルフィールドの続きは同人かJコミ辺りで書く」と発言。これを証明するように現在各所での電子書籍の取り扱いは中止となっている。また公式サイトにて試し読みもできなくなっている。

2012年冬にOL文庫にIS〈インフィニット・ストラトス〉と共に再起動と謳った移籍を発表。2013年より挿絵を変更した新装版と続刊となる8巻を刊行している。また同年秋にIS〈インフィニット・ストラトス〉が再アニメ化。この際作者はシリーズ構成&一部回のストーリー原案として参加している。

【好きなもの】
唐揚げ、ゲーム、ガンプラ、フィギュア、ロボ全般、マンガ、ライトノベル
※フロムのゲームが好きなようで(ACやデモンズなど)たびたびブログ等で話題に上げている。またスパロボやG    ジェネも頻繁に話題に出すので好みらしい。                                 

 

と、ここまでが表向きの彼の評判であり経歴である

 

知らねーのかよジョジョだよジョジョ

 

実際の彼がどういう存在なのかと言うと、非常に民衆、企業側からの評価が低い。らしい

 

アンチよりでもなく、信者よりでも無い中立的視点で作成するのが好ましい大百科記事ではあるが、さすがにどう頑張っても言い繕えきれないほどの悪事を重ねてきている。らしい。

 

☆ツイッター及び自身のブログでの暴言、挑発。
有名人のツイッター失言などによる炎上は、現在ではそう珍しいものではない。
イズル氏もこの例にもれず、一般人・読者・出版社・同業者他向けに数々の失言を重ねていることがかねてより問題視されていた。また、ネット上だけでなく、リアルにおいても多方面に迷惑を掛けまくっていることで非常に有名。らしい。

以下ソースが確認できるものの内の一部

 

  • 1期ラジオゲスト時好きなキャラは千冬と答えたが雑誌インタビューによればその場しのぎ。らしい。
  • 同人イベントで、他人のブースを勝手に占拠し無断でサイン会を開催。その後謝罪するどころか「無料のモノにはサインしません」(要は俺の作品を買え)と言い放ち、周囲を困惑させた。らしい。ブログやツイッターで何度か本人から語られている。
  • 再度無許可で同人イベントでのサイン会を敢行。注意したファンに作者ツイッターで逆ギレした。らしい。
  • OVAの特典小説が無しになると発表になった同時期に温泉旅行へ。そこをツイッターで指摘された際に、
    捨て垢のゴミに言われたくない」と作者ツイッターで逆切れした。らしい。
  • 糖尿病であり、投薬治療が続いていることをたびたびブログ上で告白している。また作者ツイッター上に薬品の画像を上げていると同時に焼肉やら二郎ラーメン三昧、大量のアルコール摂取生活を行っている。本人によれば投薬によって味覚障害すら出ているらしいが、そんな人間がどうやったらこんな生活ができるのかという疑問が囁かれている。
    (余談ではあるが、糖尿病患者の投薬治療や、鬱病患者の治療は年単位の時間が必要であり、まかり間違ってもこんな贅沢三昧な生活は送れない。本人の病状次第ではあるのだが・・・と言う意見も見られる。)
  • MFJ時代に提出したサバゲーラノベ企画に対して編集会議で意見を言った女性編集者を(実名は出さなかったが)作者ツイッターにてかなり厳しくなじった。らしい。
  • キミPの感想欄でつまらないと言った感想を削除しそれ対する批判が集まると作品ごと爆破した。らしい。
  • 東京マルイツイッターによると放課後バトルフィールドで東京マルイに許可を取らずに商品名を勝手に使った。らしい。
  • コミケにて商業スペース以外で商業誌を配布したのを作者ツイッターで語った。らしい。
  • 2社から仕事を請けていたが誕生日にワインをくれなかったため片方の仕事の締め切りを意趣返しで破ったと作者ツイッターで暴露。したらしい。

この他(確証の無い憶測も多いが)数々の悪行を重ねている。らしい。

 

なんからしいが多い?理由は掲示板の過去ログを参照。

  

以上の発言は「らしい」とつけているが、ソースはブログ・ツイッター・あとがき・インタビューで本人が語ったものや各種公式や官公庁ページである。赤字ソースについて知りたい場合は掲示板の1240前後のログを参照。

 

IS中文事件

2010年3月「MF側が私に無断で海外の出版社と契約し執行したため、IS中文版の発売を無期限停止とする」とブログで発表。担当者が一切連絡をよこさなかったことが不服であったらしく、実名こそ出さなかったものの担当者に対して過剰ともいえる挑発と、MF側に対して暴言を乱発した。らしい。
 
(なお、出版権やその他諸々の権利は作者本人ではなく出版側にあるのでこれをイズル氏の単なる我儘勝手ではないかとする意見もある。が、MF文庫J側からの見解がないので事の真偽は一般のファンには不明なまま)

 

ISの商標移動

OVA特典差し替えや8巻の長期間発売日未定等を経てその後溝は回復せず、MFはISの商標を民間人に譲渡した。(その後、ISの商標権はコミック版及び「らのべのへん!」の完結の後に件の民間人から新装版を出版するオーバーラップへ更に譲渡されている。特許情報プラットフォームにて商標の権利保有者については確認できる。
MFJ文庫では続刊は発刊されずMFJ版の電子書籍取り扱いも停止となり、以降ISの執筆・発刊は商標権同様オーバーラップへと移行している。

    

既刊一覧

IS<インフィニット・ストラトス>

原作小説 巻数 オーバーラップ文庫版 MF文庫J版
DVD付特装版
第1巻
第2巻
第3巻
第4巻
第5巻
第6巻
第7巻
第8巻
第9巻
第10巻
放課後バトルフィールド
第1巻 2012年08月09日 ISBN 978-4-0637-5252-6

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

弓弦イズルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • ライトノベル
  • MF文庫J
  • オーバーラップ文庫
  • IS〈インフィニット・ストラトス〉
  • アリスソフト(元社員)
  • しまいま。
  • 福田己津央/小林裕幸 -問題発言が多いとされるクリエーター
  • 坂口安吾

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BC%93%E5%BC%A6%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%AB
ページ番号: 4572235 リビジョン番号: 2241894
読み:ユミヅルイズル
初版作成日: 11/02/22 05:00 ◆ 最終更新日: 15/08/04 22:26
編集内容についての説明/コメント: 10巻が発売されたので「既刊一覧」に改めて追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弓弦イズルについて語るスレ

1381 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 14:06:40 ID: /WJ33XuO3V
俺様が元祖なのに!とか思ってそうではある
まあ、信者曰く一生分稼いでるそうだからいいんじゃないっすかね(鼻ホジ
1382 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 23:31:52 ID: DQYFMGkIcG
謙虚になれなかったもんかね。
言い方悪いけど、誰がどう見てもこのイズルさん本人に特別な才能があったわけじゃなくて、丁度オタクが求めたもの(特別な才能がなくても書けるキャラクターモノ)にハマっただけだったじゃん。
舟に例えるなら、上手いこと流されたわけじゃん。オール漕ぐ力なんてないじゃん。まして流れを作る力なんてないじゃん。
周りが求めてたのって、ただ謙虚にそこそこのもの作る事であって、そんな大層なものを求めてたわけじゃないはずなのに。
1383 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 02:49:19 ID: HHsF/XuqoC
久々に見たらコメ削除されてるじゃない…
取り敢えずイズルさんは駄弁を貪り信用は落とすわ執筆した作品も中途半端で萌え豚なんて言う中傷用語を広めるきっかけも作ったんだから真面目に一から出直した方が良いんじゃない? …あの性格だと無理そうだけど…
1384 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 15:45:10 ID: EX4VRZLsyo
IS中文事件のこれってイズルの主張のほうが正当性あるよな
翻訳版の出版時には原作者の許諾が必要なんだから
ここにもQ&Aでしっかり書いてある
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime2.html

記事書いてる人、著作権知らずに書いてるんだろうか
1385 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 15:54:56 ID: STsBz0kU4o
ツイッターで炎上しようが作者本人の人格に問題があろうが、それはまあいい。
問題は新作を定期的に出さないことであり、それは作家として致命的だ。
1386 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 01:26:51 ID: RuMczavbky
大体消えたっていうのは大袈裟な表現で実際は普通に活動してたりするもんだけどこいつは本当に存在自体が消えたな
1387 : ななしのよっしん :2017/02/08(水) 16:14:16 ID: Lj2oe1UDET
>>1384
ISが出版される何年も前から使われている業界標準の出版契約では最初から翻訳版の許諾も含まれている(webから普通に確認できる)。らしい
それにサインして出版にこぎ着けているはずなので、後から文句を言われて出版社の人間が困惑しても仕方が無い。らしい
1388 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 12:52:18 ID: 8kUXCHnGmy
>以下ソースが確認できるものの内の一部

と書いてあるのにらしいってどういうことやねん
1389 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 20:38:48 ID: /WJ33XuO3V
掲示板遡れとしか言いようがない。何度でも言うが全部事実
1390 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 04:05:53 ID: 7e60OoEvB1
才能なくてもコツコツやってればまともに小説家としてやっていけたのに、勘違いして攻撃しまくった結果全部自分に帰ってくる
まるで昔話みたいだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015