単語記事: 白痴

編集  

白痴(はくち)とは、

  1. 知的障、精遅延の重度の状態のこと。知恵遅れ。現在では差別のひとつとされるので、あまりに口にださないように。
  2. ロシア文学小説原作者はフョードル・ドストエフスキー。3.の原作
  3. 黒澤明監督の長編映画1951年開。配給は松竹
  4. 坂口安吾の短編小説
  5. 4.の映画版。1999年開。監督手塚眞。これも配給は松竹

本項では3.について記述する。

概要

黒澤明の第12の監督作。松竹では2回監督作だった。

『わが青春に悔なし』以来久々に原節子ヒロインに迎え、前年の『羅生門』にも出演した之、三船敏郎が本作にも引き続いて登場する。

ストーリー原作ロシア日本に置き換えたもの。
戦争により精に障を負って「白痴」と呼ばれるようになった男性と復員途中で知り合った持ちの男が、ある日札幌写真館で見た美しい女性の姿に一惚れしてしまう。しかしその女性はある男性となっていて、このつきの女と二人を巡って周囲を巻き込んだ裸々なドラマが展開される、というもの。

当初は4時間26分の作品だったが、現在は2時間46分の版が一般的になっている(後述)。

かねてよりこの作品のファンだった黒澤は撮影中も映画化へのプレッシャーによって自殺騒ぎまでおこしかけたらしい。

完全版について

先に述べたとおり、この作品は元々4時間以上ある大作だった。
元々は第一部、第二部と分割して開するという構想であったそうな。 

しかし、松竹はこの映画が当たるとは考えておらず、カットを要請。
そして出来上がったのが3時間2分の版だったが、あまりの評判の悪さのため3日で打ち切る映画館も出てきてしまう。
そこで行的な収入を得るために更なるカットを要請。

この際に黒澤は「これ以上切るならフィルムを縦に切れ」と言ったと言われる。
そして出来上がったのが、今日知られる2時間46分の版となる。
この当時の黒澤明は、まだ「世界のクロサワ」などと呼ばれる前で内ではゲテモノ監督としての評判の方が多いくらい(つまるところ、今で言う北野武監督みたいな感じだった)で、この作品の文化的な価値などはまったく考えられていなかった。(現在でもあまり黒澤映画としてはみられることのない存在でもある)

しかし、黒澤が亡くなった1998年井啓監督が独自の調により『4時間26分の完全版所在を確認した』と発表。このことは「キネマ旬報’98 10月下旬の特別号」に詳しい。

この4時間版は黒澤プロも所有者を把握していると言われるが、少々キナ臭い話があり、「もしこの4時間版が現存するとすれば、それはプリント直後のものをかが盗んだのではないのか?」という疑惑がある。
そのためか、DVDなどの説明文にも公式にはこの完全版は存在しないことになっており、黒澤作品の著作権が存在している限り、完全版が発売される可性は極めて低いといえよう。

今でも、この映画完全版は存在するともしないとも言われており、一種の都市伝説の類としてられることも多い。 

関連動画

白痴に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

白痴に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%99%BD%E7%97%B4
ページ番号: 5325424 リビジョン番号: 2187619
読み:ハクチ
初版作成日: 15/04/05 13:01 ◆ 最終更新日: 15/04/05 13:01
編集内容についての説明/コメント: 作ってみただけ。詳しい人加筆たのんます。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

白痴について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/04/25(土) 16:06:59 ID: JglNV2mbo7
You are an idiot! hahaha...
2 : ななしのよっしん :2015/10/12(月) 20:28:22 ID: gv5pKv01qE
著作権が切れるのは2037年1月1日から
それ以降は自由アップロードしてよい
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829