はくちょう座単語

ハクチョウザ

はくちょう座
Cygnus

略符 Cyg
the Swan
the Northern Cross
古代 プトレマイオス
概略位置 経:21
緯:+42
中日 9月10日21時
広さ 804方度(16位)
3.0等以上の恒星 6
デネブ(1.25等)
メシエ体数 2


隣接する星座
ケフェウス座
りゅう座
こと座
こぎつね座
ペガスス座
とかげ座

はくちょう座とは、トレミー48星座の一つ。

に位置する、を代表する星座である。 

概要

天の川の上にを広げ、北から南へ飛んでいる姿に見える。
中心部の形状から北十字ノーザンクロスとも呼ばれ、南十字星(みなみじゅうじ座)と対をなす。

はくちょう座のαは1等デネブ。非常に大きくて明るい白色である。
デネブこと座ベガわし座アルタイルの3つの1等の大三角形を形成する。

主な天体

恒星

データ

名称 視等級 絶対等級 距離(光年) スペクトル型 変光星 備考
α デネブ 1.25 -6.932 1411.26 A2Iae 脈動変光星
はくちょう座α 
1.21~1.29 白色
γ サドル 2.237 -6.511 1831.46 F8Iab 脈動変光星 ごく僅か 黄色
ε ギェナー 2.480 0.739 72.67 K0III
δ ルク 2.86 -0.74 171 B9.5III 3連 準巨
β アルレオ 3.085 -2.537 434.09 K3II+ 変光星
ζ はくちょう座ζ 3.21 -0.12 151 G8II SB 多重
ι はくちょう座ι 3.76 0.89 122 A5Vn
κ はくちょう座κ 3.80 0.91 123 K0III 変光星
η はくちょう座η 3.89 0.74 139 K0IIIvar 多重

星団・星雲・銀河

天の川にある星座なので、多くの団とが存在する。

また、デネブからサドルにかけて大規模な暗黒星が存在しており、みなみじゅうじ座の「コールサック(石炭袋)」になぞらえて「北の石炭袋(ノーザン・コールサック)」とも呼ばれる。

その他

ギリシャ神話

いくつか伝わる神話の中で最も有名なのは、大神ゼウス白鳥に化けた姿というものである。
ゼウスはスパルタ王妃レーダーし、白鳥に化けて接近した。白鳥が去ったあと、レーダーは2つのを産み落とした。これがふたご座兄弟ポリュデウケースカストールとなった。

別の説では、太陽を持ち出したパエトーンがゼウスの怒りにふれてエリダヌス(エリダヌス座)に落ちたとき、彼の姿を探し回る友人キュクノスを、パエトーンのアポローン(へーリオスとも)がにあげてはくちょう座にしたという。

またある説では、琴の天才オルペウス(こと座参照)が死んだときに、音楽アポローンがにあげてはくちょう座にしたという。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%E5%BA%A7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はくちょう座

1 ハートビート
2016/04/29(金) 20:51:48 ID: BiWZtkuKoQ
キグナス氷河