編集  

セイヴァー・デモン・ドラゴン単語

セイヴァーデモンドラゴン

研磨されし孤高の覇者となりて大地を照らす!け!
シンクロ召喚!大いなる魂、セイヴァー・デモン・ドラゴン

セイヴァー・デモン・ドラゴン

セイヴァー・デモン・ドラゴンとは、アニメ遊☆戯☆王ファイブディーズ」に登場するカードである。
通称「ヴァーモンド」(セイヴァー・デモンラゴン)。

概要

 ジャック・アトラスが使用する、「レッド・デーモンズ・ドラゴン」がによって進化した形態。
レッド・デーモンズ・ドラゴン」と「救世 セイヴァードラゴン」、チューナー以外のモンスター1体を素材とし、以下のような効果を持つ。

  1. 1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、エンドフェイズまで選択したモンスターの効果を効にする事ができる。また、この効果で効にしたモンスターの攻撃分、このカードの攻撃アップする。
  2. このカードを破壊する効果を持つ相手のカードの発動を効にして破壊する。その後、相手プレイヤーにこのカードの攻撃分のダメージを与える。
  3. このカードが攻撃した場合、ダメージステップ終了時にフィールド上に存在する守備表示モンスターを全て破壊する。
  4. エンドフェイズ時にフィールド上に存在するこのカードエクストラデッキに戻し、自分の墓地に存在する「レッド・デーモンズ・ドラゴン」を自分フィールド上に特殊召喚する。

初登場はVSカーリーダークシグナー)戦。
レッド・デーモンズ・ドラゴン」、「バトルフェーダー」、「救世 セイヴァードラゴン」をシンクロ素材としてシンクロ召喚される。
カーリーの「地縛神 Aslla piscu」の効果を効にし、その攻撃を吸収した。
さらにジャックは「ショック・ウェーブ」(制約のついた「破壊輪」)で互いにダメージを受け、共に果てんとする。だが、その前にカーリーは「地縛解放」を発動、このカードの効果により効化され、カーリーダメージを受け、敗北した。


OCG視点で見ると、このとき優先権カードを発動する権利)はジャックにあり、ジャックがフェイズの終了宣言をする(優先権を放棄する)か、なんらかのカードを発動しない限り、カーリーがいきなりカードを発動することはできない。
この場合、カーリーは「地縛解放」を「ショック・ウェーブ」にチェーンして発動する形になる。その場合、チェーン3にこのカードの効果が発動し、その時点でカーリーライフが0となりデュエルが終了するので、アニメと同じ結果になる。
また、仮にカーリーが先に「地縛解放」を発動できたとしても、ジャックは「ショック・ウェーブ」をチェーンすることが可であった。その場合、最後に発動した「ショック・ウェーブ」が初めに処理されるので、その時点で両者のライフが0となり、引き分けでデュエルが終了する。

と、よく言われるが、まず、公式サイトデュエルワンポイントレッスン Turn59」で確認できる「地縛解放」の発動条件が「相手フィールド上にレベル6以上のモンスターが召喚・特殊召喚した時」なので、発動するならこのカードが特殊召喚されたときである。つまり攻撃吸収効果にチェーンする形になる(ジャックが特殊召喚成功時にこのカードの効果を発動したとした場合。2011年3月19日以前のルールでは可だった)。
そのため、カーリーが先に発動するのはむしろ正しいと言えなくもない。「地縛解放」の発動より先にこのカードの処理が行われてしまっているが、そこは演出の都合と考えよう。

なぜジャックチェーンして「ショック・ウェーブ」を発動しなかったかは不明。
自らを犠牲にして自分を救おうとしたカーリーの思いを駄にしたくなかった、と考えたのだろうか。


偽ジャックとのリベンジマッチでも登場。「レイオブホープ」で特殊召喚された「ダークバグ」と、「トラスト・ガーディアン」に守られた「レッド・デーモンズ・ドラゴン」と、「救世 セイヴァードラゴン」を素材シンクロ召喚される。
パープルレッド・デーモンズ・ドラゴン」の攻撃を吸収して、3体の偽レモンをまとめて消し飛ばした。

攻撃名は「アルティメットパワーフォース」、1.の効果名は「パワーゲイン」。

VS偽ジャック戦では、「セイヴァー・スター・ドラゴン」同様、使用者とモンスターが一体化するような演出があった。

後に「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」が登場したこともあってか、出番は少ない。

OCG版

ABSOLUTE POWERFORCE」(2009年11月14日発売)でOCGに登場。

シンクロ・効果モンスター
10/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
「救世 セイヴァードラゴン」+「レッド・デーモンズ・ドラゴン
チューナー以外のモンスター1体
このカードカードの効果では破壊されない。
このカードが攻撃した場合、
ダメージ計算後にフィールド上に守備表示で存在するモンスターを全て破壊する。
ターンに1度、エンドフェイズ時まで、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してその効果を効にし、
そのモンスターの攻撃分このカードの攻撃アップできる。
エンドフェイズ時、このカードエクストラデッキに戻し、
自分の墓地の「レッド・デーモンズ・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。

注:「1ターンに1度、エンドフェイズ時まで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してその効果を効にし、そのモンスターの攻撃分このカードの攻撃アップできる」の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」に読み替える

遊戯王カードWiki より引用

破壊を効にしてダメージを与える効果が、単純に破壊されない効果となった。

素材定は厳しいものの、効果は強

1つの効果は効果破壊を防ぐもの。「奈落の落とし穴」や「聖なるバリア-ミラーフォース-」からこのカードを守ることができる。一方で、「次元幽閉」などの「破壊」しない効果までは対応できないので過信はしないように。

2つは「レッド・デーモンズ・ドラゴン」の効果を受け継いだもの。発動のタイミングが変わっている。
相手のモンスターを一掃できるが、同時に自分のモンスターを巻き込む可性もある。相手が守備表示で守りを固めている場合、それを片付けてほかのモンスターで一気にダイレクトアタックを決められる。

3つは効果を効にして攻撃を吸収する効果。この効果を発動すれば、戦闘ダメージを妨されない限り最低でも4000ポイント戦闘ダメージ約束される。フィールドの状況如何では1ターンキル(1ショットキル)にもなる。

4つデメリット。この効果ゆえにセイヴァーは通常、1ターンしかフィールドに留まれない。せっかくがんばって出しても、エンドフェイズには消えてしまうのである。使用するならそのターン中に決着をつけられそうなときか、後に残る「レッド・デーモンズ・ドラゴン」で優位な状況を維持できそうなときにしよう。

シンクロモンスターである「レッド・デーモンズ・ドラゴン」、セイヴァー以外への流用が利かなく使いにくい「救世 セイヴァードラゴン」と、レベル1のモンスターを必要としているため、素材はそろえにくい。
レモンはともかく、レベル1のモンスターはあまりフィールドに置いておきたくないので、まずレモンを出してから、「ワンフォーワン」、「」などで残りの素材をそろえてすぐにシンクロしてしまおう。

レッド・デーモンズ・ドラゴン」の部分以外の素材定は「セイヴァー・スター・ドラゴン」と全く同じ。
スターダスト・ドラゴン」も「レッド・デーモンズ・ドラゴン」も同じ素材で出せ、1つのエクストラデッキで共存させるのは難しくないので、両方のセイヴァーシンクロモンスターを同時に採用したデッキを組むこともできる。

デモン」であって、「デーモン」ではないため、「デーモン」と名のついたカードに含まれない。

3つ目の効果(効果無効・攻撃力吸収)について

通常モンスターなどの効果を持たないモンスター(「青眼の白龍」、「大地の騎士ガイアナイト」など)に対しては効果を効にする処理ができないため発動することができない。そのため、それらのモンスターの攻撃を吸収することはできない。また、「禁じられた聖杯」などで既に効果が効になっているモンスターに対しても、同様に効果を効にする処理ができないので発動不可。
一方で、「ハーピィ・レディSB」のような、効果として扱う効果(効にできる効果)を持っていない効果モンスターに対してこのカードの効果を発動することは可で、攻撃アップの効果が適用される。

自身の効果で攻撃が変化しているモンスターを対にこの効果を発動し、相手の効果を効にして攻撃が変動した場合、このカードに加えられる攻撃は変動後のもので判断する。

効化できる範囲はフィールドで発動する効果まで。戦闘破壊された時に発動する「巨大ネズミ」などの効果は効にできない。

2014年7月10日ルール訂によって、この部分の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」に読み替えられることになった。これによって、エンドフェイズの任意のタイミングで効果が切れていたものが、ターンが終わるまで効果が切れなくなった。
従来はエンドフェイズに効果効がなくなった後に発動する一部の効果を防げなかったが、現在エンドフェイズに効果効がなくならないためそのようなことはなくなった。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3
ページ番号: 4698952 リビジョン番号: 2339929
読み:セイヴァーデモンドラゴン
初版作成日: 11/08/14 22:10 ◆ 最終更新日: 16/03/21 21:04
編集内容についての説明/コメント: 関連動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

セイヴァー・デモン・ドラゴンについて語るスレ

11 : ななしのよっしん :2013/03/20(水) 23:31:28 ID: deiJfiMFL5
エンド・フェイズに戻るデメリットネクロバレーを使えば
どうにかなるが
もっと楽に維持出来る方法増えないかな
12 : ななしのよっしん :2013/04/09(火) 16:31:06 ID: HbHa99kVmW
>>11
セイヴァースターと違ってウィキッド・リボーン使えないからなぁ・・・
なんかいいカードないかね
13 : ななしのよっしん :2014/01/17(金) 23:45:08 ID: BRVTtEWyoK
口上大好き
一番カッコいいと思う
14 : ななしのよっしん :2014/03/24(月) 17:30:48 ID: ymh2grupvi
初登場の時のBGMが秀逸だったのもあるよなあ
でもBGM告白フェイズ抜きにしても確かに一番かっこいい口上だと思う
15 : ななしのよっしん :2015/08/03(月) 14:44:57 ID: RCuvCnrPag
ダグナーで二回、その後も二回くらい出番もらえたセヴァスタ君と違ってカーリーや偽キングとのデュエルくらいしか出番ないせいで影薄い

>>11
頭にバナナぶら下げた融合の手先がそっち見てるぞ
16 : ななしのよっしん :2015/08/04(火) 00:55:38 ID: KFm2X2ILBQ
その二回の登場シーンジャックと共に最高にカッコ良かったから問題


個人的にはスカノヴァよりこっちが好き
17 : ななしのよっしん :2015/08/22(土) 22:33:07 ID: RCuvCnrPag
レモンをすぐ生できて墓地デッキ両方からセイヴァードラゴン引っってこれるベリアルのお陰で出しやすくなった…のかな
18 : ななしのよっしん :2016/01/21(木) 18:44:57 ID: bSu5OJG1Cs
多分、ゴーストカロンの方がもっと貢献している
19 : ななしのよっしん :2016/03/22(火) 22:52:58 ID: FM4qJ1dN4F
レモン生で一番好きだからテコ入れ入ってほしいな
救世セイヴァードラゴンとして扱うノンデメリットチューナーとか
20 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 07:42:09 ID: cWbe/3DfQ8
「このカードの召喚、特殊召喚に成功した時手札、デッキ墓地からセイヴァードラゴンを特殊召喚する。このターン自分はドラゴンシンクロモンスターしかエクストラからモンスターを出せない」ぐらいやってもいいだろ。どうせなら「スタダ、レモンがいるとき手札から特殊召喚できる」って効果も追加で。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス