ボジョレー・ヌーボー単語

ボジョレーヌーボー
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ボジョレー・ヌーボー(仏: beaujolais nouveau)とは、ワインの一種である。

他にもボージョレーとかボージョレとかボジョレとか、ヌーヴォーとかヌーヴォとか、「・」がかったり代わりに半角スペースだったりとか、較的新しい外来語カタカナ表記の表記揺れしく、また単にボジョレー等やヌーボー等と略されることもあるが(例えば日本ソムリエ協会内でも統一はされていない模様)、ここでは便宜的にボジョレー・ヌーボーで統一する(ちなみに一般的な仏語では日本語より音をはっきり発音した「ボジョレヌヴォ」に近い。→ 参考: forvo.comexit)。

ここ10年で最も良い概要

フランス中東部のボジョレー葡萄酒地区(vignoble du Beaujolais, ローヌ=アルプス地方ローヌ県北東部およびブルゴーニュ地方ソーヌ=エ=ロワール県中南端)で生産されるボジョレー・ワインbeaujolais)のうち、ブドウの収穫をするから仕上がりまでの短い期間に、二酸化炭素浸漬法(ブドウの果皮下まで炭酸ガスを浸透させて細胞レベルでの急速な発酵を促す手法)により6週間足らずで出しされる。このように原材料ブドウの収穫と同じ年に発売されるワインのことをバン・ヌーボー(vin nouveau, 「新しいワイン」)、バン・プリムール(vin primeur, 「初物ワイン」)、バン・ジューヌ(vin jeune, 「若いワイン」)、バン・ド・ラネ(vin de l'année, 「今年のワイン」)等と呼ぶ。

要するに長期熟成により深い味が産まれる前の未熟ななのだが、逆に言えば収穫したばかりのブドウ爽やか味が楽しめるため、地元では古くから飲され続けてきた。やがて近代になり輸送技術や冷蔵技術が発達すると、その年の出来を占う新という箔をつけて大々的に売り出されたことで人気を博し、世界的にも有名なワインの品種となった。また、特定産地によるボジョレー=ビラージュ(beaujolais-villages, ビラージュは「村々」の意)のバン・ヌーボーである、より高級なボジョレー=ビラージュ・ヌーボーもある。

毎年11月の第三木曜日はボジョレー・ヌーボーの解禁日であり、世界的にこの日からボジョレー・ヌーボーの販売が開始される。なんで解禁日が定められたかというと、ボジョレー・ヌーボーを売るためにいちワインを作ろうとして生産工程をすっ飛ばした粗悪品が過去に出回ったためで、現在ではブランドの品質を損なわないためにフランスでは法律で厳格に規制されている。なので例えば日本で解禁日を破っても特に罰せられることはない。

通常ワインは陸路や路で輸入されるが、いちく輸出するためにボジョレー・ヌーボーだけは輸にて各に出荷している。 特に日本先進国で最もく解禁日を迎えることもあり、 わざわざ日本に来て今年のボジョレー・ヌーボーを買いに来る人もいるとか。

美味しく味わうには冷蔵庫で少し冷やし、なるべくめに飲むといいらしい。

過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度のフレーズ

ボジョレー・ヌーボーというとその味よりも キ毎年つけられるキャッチコピー(?)の方が有名かもしれない。特に毎年が最高傑作であるかのような言い回しはネタにされることもあるが、 このキャッチコピーは専ら大手輸入業者や居酒屋店長、ソムリエ等のコメントであり、地元生産者による「ボジョレワイン委員会」(Inter Beaujolaisexit仏語他))の控えめな品質予想とはだいぶ異なるとのこと。

以下はサントリーワインインターナショナル等による過去数十年のフレーズである。これらの中にはワインそのものの品質を評するものと、原材料であるブドウの作付(ビンテージ、vintage)を評するものが混じっているが、まあ気にしなくてもあまり問題はい。

みずみずしさが感じられる素晴らしい関連商品

今も語り継がれる76年や05年に近い関連動画

100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ボジョレー・ヌーボー

19 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 19:04:31 ID: az0OuSz9gt
異常で収穫量が低いから不作と言われてただけでワインそのものの品質は別に悪くなかったからな2012は
つーか同じ地方の新物ののせいで毎年味なんか大差ねーよ
20 ななしのよっしん
2018/06/09(土) 10:09:11 ID: 9MOAbfeEg6
仮に不作で不味いワインになっちまっても料理に使う分には特に影はない。
まあ、わざわざボジョレー・ヌーボーを使う必要はあるのかはおいといて。

「史上最悪にして最低の出来映え!」とかいって売り出したら、怖いもの見たさに買う人がいるかもしれないなw
21 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 19:31:52 ID: YsLgOgsuw0
作成期間について知りたいんだけど
タンクに入れて(中略)瓶詰め開始…までどの位寝かせてるの?
22 ななしのよっしん
2018/11/14(水) 02:17:06 ID: /Cf25oRBCf
まずい!もう一杯!
ってな感じのフレーズにしたら本来買わなかった層にも売れるんじゃないかな
23 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 15:23:57 ID: OqMUcyOPsj
毎年の醸造分を、ヴァージョンアップ版ではなく別個の商品として扱い、「他者Aをおとしめて他者Bを偉く見せようとする」アンドリュー・フォーク准将メソッドを回避しつつ、優劣談義の体裁で肯定的に批評しようとすると、こういった奇形的な言葉遊びが罷り通るのか…
24 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 15:14:52 ID: MvTo/5pVkv
14番ターゲット出てきた
ムーラン・ナ・ヴァン
これって熟成させるとほんとうにおいしくなるの?
25 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 23:57:43 ID: 218puBffIO
ヤンキース田中将大コピペ思い出すわ
26 ななしのよっしん
2019/09/30(月) 15:14:08 ID: VitZ3MK2g7
いや12年はどう考えても品質も悪かっただろ
今年はどう来るかと構えてたら健全で笑ったもの、ボジョレーでそんな苦しい評価が付くとは思ってなかったからな
27 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 11:27:42 ID: yeJBQztmop
2012年から急にトーンダウンしてるね
この頃にはコピペが普及されてただろうし現界だったんだろう
28 ななしのよっしん
2019/10/13(日) 15:51:43 ID: EL5SY4s5af
こち亀でも題材にされてたな
手違いで数千本のボジョレーが両さんに届いて
これを使って一けしようとするも失敗して
最後はまずくなったボジョレーを一人で飲み切る羽になる話だった

急上昇ワード