水力発電単語

スイリョクハツデン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

水力発電とは、流を用いた発電方法である。

概要

一般に電は、太陽などの例外を除いて何らかのでタービンを回転させることにより発生させている。水力発電は人類が古代から用いてきたの仕組みを応用し、流でタービンを回転させるものである。

商用電の発電方法としては火力と並び最も古くからある方法で、かつては最もポピュラーな発電方法であった。やがて効率やコストで勝る火力原子力が台頭するようになったが、クリーンで扱いやすく、かつ安定した発電手段として現在でも先進国・途上問わず世界中で活用されている。

発電所の種類

貯水式水力発電

ダムや貯池に設置するものをす。発電量の調整が容易で治効果も上げられるが、渇時はが落ちる上に建設には広大な土地を犠牲にする必要がある。

自流式水力発電

河川など坦な流に設置するものをす。較的設置し易いが調整が難しく出も貯式に対しどうしても劣る。渇時扱いにくいのは貯式に同じ。

揚水発電

供給を調整するための発電方法。あらかじめ消費電の少ない時間帯に、余った電を用いて高所の貯池にをくみ上げておき、ピーク時になったら高所の貯を低所の貯池に落下させて需要を補う。そしてまた電余りだしたらをくみ上げ… 以下無限ループ
言わばを用いた巨大な蓄電池である。当然、本物の蓄電池にべて効率はすこぶる悪いが、それでも大量の「電」を「貯めて」おく、ほぼ一の方法とされている。
に、出調整の難しい原子力発電所の供給量調整に用いられる。電事情が急変し余剰電がしばらく発生しない場合は、をくみ上げられないため発電できない事態もあり得る。

マイクロ水力発電

近年注を浴びつつある、新しい発想の水力発電をす。一般的に水力発電所は大規模な河川ダムに設置するが、マイクロ水力発電では田畑用水路や、ビルの配管などのごくわずかな量を活用する。コストは大規模なものにべやや割高で発電量もごくわずかではあるが、ほんの少しの流さえあれば設置できるので場所に困らず、太陽風力のようにや気に囚われず安定した電を供給できるとされる。

メリットとデメリット

メリット

燃料が不要

基本的に一定量の流さえあれば発電できるので、石油や石炭などの化石燃料や、ウランなどの熱を必要としない。よって鉱物の価格変動の影を受けず、万一シーレーンが塞がれた時も、気が正常である限りを発揮できる。

大気汚染が皆無

燃料の燃焼がいので、発電にいてCO2やその他公害の元となる有ガスが発生しない。但し、周囲の環境次第ではメタンガスが発生する恐れがある。

クリーンな割に比較的安定している

風力発電太陽光発電などの自然エネルギーは、などごくありふれた現が発電量におおきく影するため、安定性に欠けるという決定的な弱点がある。その点は、周辺に適度にが降れば十分な量の電を供給できる。

デメリット

今日の日本では大型施設の増設が難しい

式の水力発電所であるダムは発電量の調整が容易だが、建設に当たり山中広大な範囲を没させることになる。当然周囲の自然環境は破壊される上、そこに人や集落があれば住民の移住が必要であるし、場合によっては現地の重要文化財の存続に関わる場合もある。更にダム周辺の色が一変するため、勝地が消滅してしまうことも多い。しかし、それらは地球環境べれば局地的なものと考えることもできる。
中国にて2009年工した三峡ダムの建設では数単位の住人の移住や、千件以上に及ぶ文化財の保存及び取捨選択などで、大な規模の諸問題が発生した。それでもこの巨大プロジェクト遂させたのは、ある意味中国共産党の成せる技と言えるかも知れない。

また河川に設置する流れ込み式の水力発電所も、内のぼしいところは一通り建設が終わっている状況であり、今から数を伸ばしていくのは難しいとされる。

渇水時は十分な発電ができない

で十分な流が見込めない場合、水力発電所は本来のを発揮できない。特にダムの場合は貯まっているが下流の住民の生活用になるため、渇が予想される時点でセーブしなくてはならない。場は電需要と不足の挟みになることも考えられる。

ダムの場合、安全保障上の問題になり得る

万が一ダムが何らかの理由で決壊した場合は下流にが押し寄せ大洪水を引き起こす恐れがある。自然災害による貯量の上限をえる程のの流入や、軍事作戦若しくはスパイ特殊部隊などによる破壊工作などが原因として考えられる。第二次世界大戦中はイギリス敵国ドイツにあるダムを攻撃、破壊しており、この時は下流で千二人以上に及ぶ犠牲者が出ている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B4%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水力発電

13 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 05:07:21 ID: NQ5FcmLfQn
それらのは総人口が少ないから相対的に水力発電の割合が高いってのもあるな
14 ななしのよっしん
2016/12/02(金) 12:20:43 ID: 0JkAgexNpO
課題も多い小水力発電、普及拡大へクリアすべき6項
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1609/27/news010.htmlexit
日本の安定的なエネルギーとして普及が期待されている小水力発電。一方で設備コスト事前調コストが高いなど、導入拡大に向けては課題も多い。部品の共通化、量産化

日本市場が未熟等の理由で海外べて割高みたいだね
日本の小の発電コストは約20円/kW(太陽光発電よりやや安いくらい)だが、
先進国はこれの半分くらい。つまり日本の一般準に近い10円/kWほどらしい。
建設・設備コスト日本とは3,4倍違うとか
ドイツ等は小導入コストが安いから日本の十数倍普及が進んでいる
日本ドイツより気や地形で恵まれているのでこれから盛り返してほしいな
15 ななしのよっしん
2017/02/24(金) 02:54:55 ID: Vuxn4WcMJj
法律で他県への持ち出しが違法になっちゃうから、県には水力発電所を置けないらしいね。
ただでさえ適した立地は限られるのに余計に厳しい条件がある
16 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 17:22:43 ID: fmW9Ee4CUg
メンテネックな小で、地質的に脆くて河川へのバイオマスの供給量も多い日本ドイツより恵まれているかといえばだいぶ疑問
17 ななしのよっしん
2017/02/27(月) 17:29:18 ID: YrPEk3MIC0
>>15
そんなの広域連合で解決してくれ
18 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 08:35:02 ID: 5klVzgX3AY
ブラジル八割近くらしいですね。中並の土を2億ちょいの人口で使えてる訳だから余裕もあるか
重工業が発展してない分電需要もそこまで高くないんかな?
あの加も六割らしいし。その点露で率がそこ高くないのは何か訳が?ダム造成に適した土地が少ないということなのか

19 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 12:07:04 ID: oPgwlEcOR0
日本ダムフル稼働には程遠い。
政府原子力火力の方が都合がいいから。
そのせいで世界トップクラス日本クリーンエネルギーの発電技術は進歩がなくなって中国に大差つけられて抜かされた。
20 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 12:57:24 ID: 5klVzgX3AY
ダムって実際どれ位内に作れる余地あるんでしょうかね?
ノベルゲーでもダムを巡る地上げ闘争が題材になってたが大規模なものは集落一つ丸ごと取っ払うような感じになるのか
既存のダムを揚活用するのが一番?原発間余剰分を揚発電に回すみたいな構想だったらしいけど
21 ななしのよっしん
2019/08/08(木) 02:20:38 ID: N8VXnmL/wh
具体手にに何が都合がいいかもらないような陰謀論バカを相手にしてもねえ。

大体、原発事故前はダム駄とか煽ってた人たちじゃないか
22 ななしのよっしん
2019/08/09(金) 10:59:39 ID: 5klVzgX3AY
言葉が貧しい者は論にも貧しいのか(納得)

急上昇ワード

2019/12/06(金)14時更新