洪水単語

コウズイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

洪水とは、などが氾濫しておこのことである。

概要

に大によって引き起こされる自然災害のひとつ。大量の雨水が流れ込むことにより量が増え、普段はが届かない場所にまで溢れ出してしまうことをす。

台風や集中などが原因となるため日本でもおなじみの災害であるが、近年は河川防工事などの努甲斐もあり被害は抑えられるようになってきている。しかし、過去には伊勢湾台風に伴う洪水で数千人単位被害が出たこともあるほか、現在ではゲリラ豪雨による局地的な浸被害なども発生してるなど、いまなお人々の身近な災害であるといえる。

歴史と洪水

人類の文明と洪水は切っても切れない関係がある。

人類が農業を始めた時、その耕作地として選ばれたのは沿いである。そして、そこは洪水が発生しやすい氾濫原でもある。人類はを利用して農作物を育てる反面、そのにおびえなければならない生活を長年続けている。

しかし、洪水が発生するのは悪いことばかりではない。ナイル流域に発達したエジプト文明では、洪水によって上流の栄養豊富な土が毎年流されてくるおかげで豊かな土壌を得て、農業を行っていた。同じようなことはメソポタミア文明などにも言え、洪水があったからこそ文明が発達したともいえる。

要は洪水と以下にうまく付き合えるかが重要なことであり、支配者階級にとっては治が大きな課題となっていた。日本でも治にはを入れており、武田信玄が作った信玄中部地方にある輪中地区などが有名である。

伝説の中の洪水

一度起これば農作物などに大きな被害をもたらし、しかしその裏で豊かな実りをももたらしてくれる洪水はそれゆえに恐れ敬う対となり、世界各地の伝承や神話の中にも登場する。の近くで農業を営むのが文明の起こりであった以上、当然であるといえる。

その中でも特に有名なのが旧約聖書にある『ノア舟』である。地上にはびこった悪を滅ぼすためは地上に大を降らせ大洪水を引き起こし、舟を作ったノアとその家族、およびその舟に載っていた動物のみが生き延びたといわれている。

日本神話においてはヤマタノオロチ退治が洪水をモチーフにしているといわれている。ヤマタノオロチがクシナヒメとその姉妹を毎年一人ずつ生贄に取るのは洪水が稲田を飲み込むことに重ねられ、スサノオヤマタノオロチを退治するのはの治に成功したことに重ねられているといわれている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B4%AA%E6%B0%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

洪水

3 ななしのよっしん
2018/07/07(土) 15:37:34 ID: 1C6l36jwpN
以前の局地的豪雨昭和の高度経済成長の頃に開発された宅地が押し流された広島安佐北区が、
今回のでまた被害に遭っている。
江戸の頃に下町として人工的に作られた歴史あるが、今回のでは各地で濁流に沈んでいる。

この際だから言わせて貰う。
地近隣で業の為に残されて来た長年崩れも沈みもしていない山や微高地を切り拓き新たな宅地を作り、
昨今頻発する洪水による被害に度々遭う土地に住んでいる人に優先的に移住して貰うべきだと考える。

暖を取る電気も丈夫な建物を建てられるコンクリも一般的ではかった昔は木々は燃料であり建材だった。
山は文字通りの宝の山だったであり存在そのものが財産だった、だから業が発達し、
建材にも燃料にも、松脂や漆など生活必需品の生産にも向いている木々が育て続けられてきた歴史がある。
だがそれも過去の話だ、今は電気コンクリ普通に手に入り木々に頼らない生活が出来る環境がある。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 ななしのよっしん
2018/07/11(水) 10:15:17 ID: Oyxl1iHUWk
業が下火になったのは高度経済成長期の物価上昇が原因。
耕作放棄地は災害の温床。
そもそも日本の山は8割方人の手が入り、その内のさらに約半分強が針葉の人工
昔は頻繁に人の手が入った山も、マタギの減少や間伐整備もばかりかかるから大半が放置されて荒れているのが現状。
杉山なんて木が鬱蒼として下ひとつい暗い山。
里山は人の手が入っていたから生態系が成り立っていた。つーか人も生態系の一部。
里山の整備して欲しいなら文句を言う前にを出せよ。
5 ななしのよっしん
2019/09/07(土) 16:52:31 ID: h7JpKK10Ri
これはすごい

23区のリアルタイム予測する技術
https://newswitch.jp/p/17717exit
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z1905_00001.htmlexit
6 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 08:30:18 ID: h7JpKK10Ri
からの距離だけじゃ分からないね浸するかどうか

「内氾濫」と「バックウォーター」で広域に浸 川崎
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012138321000.htmlexit
7 ななしのよっしん
2019/10/24(木) 09:05:19 ID: h7JpKK10Ri
の近くは上流から流れてきた土砂により土壌が豊かで農耕には適しているが、住むには向かないと思う。
農業が衰退した今では農地を手放したい人も多く、また自治体も税収が上がるので農地から宅地への地変更の要件を緩和している。
較的安価に手に入るので業者が住宅地として開発して大規模に売り出していることもある。
一見は良い場所に思うのだが、危険な低地である場合も多い。

の5大手法が「簡単だからこそ」難しいワケ
https://toyokeizai.net/articles/-/309878exit
8 ななしのよっしん
2019/10/27(日) 14:18:49 ID: G+XX3hmz9D
この類の神話伝説わんとする所何なんでしょうね?
それ山の解けです、大津波です、サイクロンです言う話は身近ですけど何かそれとは別の要因以ってそうですね…
そのつまり天空から何か大量の降って来るような原因あったのと違いますかね、何か水素酸素の大規模な反応で発生してそれ全部降ってくるだとかそういう事考えられませんかね?論それ何の水素酸素ですかいう疑問出てきますけども…
9 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 23:53:31 ID: h7JpKK10Ri
ウィンドウにクランクタイプ復活させるか。
ハンマーあるけど、試しに割ってみるとか練習ができるわけでないから、いざそうなったとき思っているように出来るかと言えば自信はない。

被害で相次いだ「中死」 開かぬドア動かぬ クルマ没時の脱出どうすれば
https://trafficnews.jp/post/90854exit
10 ななしのよっしん
2019/12/12(木) 12:33:11 ID: h7JpKK10Ri
門の場合、塗装分解整備などを10〜20年に1度の割合で行わなくてはならないとされるが、このように放置されるのが大半なのかもしれない。
補正予算の災害対策はこのような細かいところにも使って欲しい。

さびつき開閉不能門、半世紀放置か…台風で付近浸
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191211-OYT1T50389/exit
11 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 02:08:03 ID: wRGmXrlWt4
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/2001705.htmlexit
この日の番組には元大阪府知事で弁護士橋下徹氏(51)が生出演。「危険な場所に住まない、住まわせない」、「ダムに頼らない治検証」の2点を提言した。
まず、「大阪では1時間80ミリが、一生に一度経験するかどうかのという前提で治計画が作られている」と知事時代の経験から話した橋下氏。「でも、今は一生に一度とか、50年に一度のが頻繁に起きていて、治計画の前提がもう狂っていると思うんです。人間自然コントロールするという前提はもう変えていかないと」と続けた。
「今、被害にあわれている方には政治お金を使って全で復旧していくのは当たり前の話なんですが、今後、令和以降の時代を考えた際は一歩進めて、危険が生じたから逃げるでなく、そもそも住む場所を変えていくことが必要なのかなと。当然、反発は食らいますが…」と橋下氏。「危険地域からどう住まいを移ってもらうかという政治が必要です」と続けた。
12 ななしのよっしん
2020/07/13(月) 11:05:52 ID: wRGmXrlWt4
https://mainichi.jp/articles/20200713/k00/00m/040/038000cexit
記録的による1級河川球磨川氾濫などで熊本県南部を中心に甚大な被害が広がった九州で、球磨川流域の同県人吉などを現地調した熊本大くまも循環・減災研究教育センター熊本市)は、今回の氾濫による浸深が戦後最大とされてきた「昭和40年7月洪水」(1965年)を上回り、記録に残る球磨川では最大級だったとの見方を示した。

 人吉ハザードマップの策定に当たって昭和40年7月洪水の時のの降り方を想定。降量は80年に1回程度起こる規模として、人吉地点上流域の2日間総量を440ミリと想定してきた。しかし、球磨川上流の同県湯前町ではが強くなった3日夕以降、18時間で470ミリえる量を観測。中流域の人吉内では場所によって想定の倍以上の浸が起こっていたことが分かった。
「記録が残っている過去洪水を上回り、想定以上の浸が起きていたことは間違いない」と松村教授。同センターは調結果をホームページ開し、随
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード改