加治木ゆみ単語

カジキユミ

麻雀部三年の加治木ゆみだ!

私は君がほしい

「加治木ゆみ」(かじき・ゆみ)とは、小林立漫画及びアニメ作品「咲-Saki-」に登場する鶴賀学園麻雀部員である同校三年生。沈着冷静で無表情で低めので冷たいキャラっぽく見えるが、東横桃子の勧誘にあたって「君がほしい」と教室の中で叫んでしまう熱さを秘めたカリスマ性にあふれる実高校生士。特定しますた

CV小林ゆう 

概要だ

同級生カマボコ蒲原智美部長を務める鶴賀学園麻雀部に在籍していたが、部員が集まらず県予選の団体戦に出場できないことから新メンバーを探す為に麻雀部のサーバーを校内LANにつないでネット麻雀を行った。

※その際のハンドルネームから「かじゅ」の称で呼ばれる事も。

同級生蒲原智美からは「ゆみちん」と呼ばれている。

その際に現れた「Default Player」を入部させようと、IPアドレスから割り出した一年A組の教室にてまだ見ぬ「Default Player」へ向けて、

麻雀部三年の加治木ゆみだ!」
「私は 君がほしい」

と言う思い切った告白と言う名の勧誘セリフ教室中に聞こえる大きさで叫び、呼応した「Default Player」だったステルスモモこと東横桃子

「面い人っすね」
「こんな・・・こんな私でよければ」

と自分を見つけられない加治木ゆみの前に現れ、岩戸から引きずり出すことに成功した加治木ゆみは

「やっと・・・やっと君を見つけた」

ともうお前らつきあっちゃえよといいたくなるセリフトドメをさした。

東横桃子おしゃれをしたり、県予選団体戦に参加しているのはかじゅの為と言している。

団体戦には大将を務め、県予選決勝ではバケモノ級である主人公宮永咲天江衣を相手に得意の冷静な打ち筋で対抗しようとする。
いわゆる「」持ちではないが、優れた観察眼と心理戦で持ちに対しても引けを取らない強さを見せる。咲の加からの嶺上開花槍槓で狙い打ち、ならばと暗を狙えば国士無双槍槓プレッシャーを与えて降りさせるといったことをやってのけた。

これだけの闘センスを持ちながら、麻雀歴は2年弱と(この世界観で考えれば)かなり短い。
賀祭(学園祭)の設営の際に原とじたカード麻雀麻雀の魅に取りつかれ、そのまま彼女と麻雀部を立ち上げるに至ったというエピソードがある。

への出場はわなかったが、観戦のためにインターハイへは出向いている。阿知賀編ではモモワハハが連れてきた阿知賀女子メンバーと出会い、福路美穂子を加えて特訓に付き合った。姉妹の打ち筋に興味を持って自分ならどう打つかと出会う前から考えており、のように玄の弱点を狙い打ってみせるなど、その実を見せた。

関連動画だ

▼ゆみちんかわいいよゆみちん

▼かじゅホイホイ

関連商品だ

関連コミュニティだ

関連項目だ

関連リンクだ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8A%A0%E6%B2%BB%E6%9C%A8%E3%82%86%E3%81%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

加治木ゆみ

128 ななしのよっしん
2014/11/04(火) 15:00:08 ID: aFg3G4aF36
一番まともに麻雀やってる気がする
129 ななしのよっしん
2015/07/04(土) 17:52:58 ID: P1FCb1EW8K
>>120
この二人だからこそ、来年の賀が不安になるなぁ・・・
130 ななしのよっしん
2016/02/24(水) 05:31:48 ID: W6yBn6PGJv
>>127
アレさらっと描かれてるけどすげーよな
中切ってても3枚切れ、池田も言ってるがダブ東じゃかったら
チャンタ、ピンズ染め、一通くらいしか考えられんから
マンズかソーズの中ならほぼ通るだろう、って状況でスジの6m待ち。

カンするとこのがバレる上にカンドラ一跳満になるのは
頭の6mに乗った時だが、それだと警されて6mが出なくなる。
試合中にすぐその判断ができるのはやっぱうめーわ。

超能力バトルだけじゃなくもっとこういう闘をだな・・・
131 ななしのよっしん
2016/02/24(水) 12:32:59 ID: hjBcfTISug
かじゅキャプテンのような打ち方は、かっこよく見えるけどその実、不合理なギャンブル打法やぞ。
的中すればかっこいいしダメージ大きいが、失敗のリスクもでかい。
彼女らがそれをコンスタントに武器にできてるのは、読みプラス特殊な豪運も持っとるからや。
そういうのを本格的な闘、っていうのはどうかと思うで。そう呼べるのは和くらいやろう。
132 ななしのよっしん
2016/11/22(火) 23:17:58 ID: +WImwiOdui
綺麗な小林さん

の前で超能力バトルをしているという「事実」をまともな麻雀に織り込んでるだけだからギャンブル打法とは違うだろ
まあ、の前で急に超能力バトルされてその対策を思いついたからといってそれを即座に実行に移せる度胸はさすがと言ったところだがな
私は君がほしい!!の時もそうだが思い切りの良さ、実行こそが彼女の持ち味だな
133 ななしのよっしん
2016/11/23(水) 06:50:24 ID: hjBcfTISug
>>132
誤解せんでほしいのだけど、ギャンブルって言葉は別に悪い意味で使ったんじゃあないで。
リスクリターンの差が大きい、という意味であって、運否賦に任せた適当な打ち方という意味では決してない。
むしろあなたのおっしゃる通り、そういう勝負に打って出る度胸は素晴らしいと思う。

相手がを持っていたりそれを使っていたりするのが事実だとしても、それが見当違いであったり、たまたま次に相手が使わなかったりする可性もあるし、そうなったとき自分に返ってくるダメージは途轍もない。
良い悪いは別としてデジタル打法とは間違いなく対極的だし、私が「本格的な闘」と聞いて思い浮かべるのはデジタル打法のほうだからなあ、ってこと。
134 ななしのよっしん
2017/06/22(木) 02:33:56 ID: xJKkO4FlD2
咲さんとか衣みたいな対者に機転を利かせて一矢報いるのが上手いイメージ
逆に愛宕やセーラみたいな無能者でも強い人間には普通に地の差で負けそう
135 ななしのよっしん
2017/06/22(木) 12:00:56 ID: hjBcfTISug
そういうある種のじゃんけん関係があるのがこの漫画のいいところだと思う。
原さん愛宕の強さに不満を覚える特殊至上義の読者もおるみたいやけど。
136  
2017/10/10(火) 18:19:15 ID: jCX4J4Igg8
者に対する対応に関しては、無能最強クラスやろうな
エースクラス相手に勝つのは難しいが
コテパンにはされなそうなイメージ
137 ななしのよっしん
2017/10/10(火) 18:40:56 ID: QiVlq06Gus
末原が「次の対局で100点の対策」をするのに対して、
加治木は「次々局には70点の対策」をするタイプな気がする。

研究する時間もない中で相手のを推測して対応するってのは
これ自体がと言っても過言じゃないぐらいおかしなことやってる。
嶺上使いなら加槍槓してやればいい、と実際にやってのけるという化け物。

……1局様子見しただけで相手のを丸裸にする照はやっぱりおかしい。