十河信二単語

ソゴウシンジ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

十河信二とは、新幹線計画を実現させた人物である。

概要

1884年に愛媛県に生まれ、当時の東京帝国大学卒業後に鉄道院に入る。関東大震災後に都復院で起きた贈収賄事件に巻き込まれ逮捕され退官(裁判にて無罪を勝ち取っている)。退官後は満にて理事を務めていた他、愛媛県西条市市長も務めている。

そんな十河1955年国鉄の第4代総裁に就任する。当時の国鉄は洞爺丸事故などで第3代総裁の長崎惣之助が引責辞任をしたが、2代続けての引責辞任であった事もあり民間人登用がわず鉄道院出身という事で登用された。もっとも、十河も高齢であり病気も患っていた為最初は固辞していた。
この十河就任は驚きで迎えられ「古機関車を持ち出したみたい」とまで言われた。

総裁就任後まもなく東海道の広軌新幹線建設計画を掲げると、国鉄を辞めていた島秀雄を「父親安次郎)の討ちをしよう」という形で口説き落として副総裁格の技師長として呼び戻し、新幹線計画を推進。十河政治家への働きかけや世界銀行からの借入を実現させた。
しかしながら国鉄は単年度予算であり新幹線計画を実現させるために予算を圧縮して申請。後にこれが引き金となり2期8年を務めた段階で予算が過した責任を取る形で退任。ただ、この年数は歴代の国鉄総裁の中では最長の在任期間である。

東海道新幹線の出発式には招待されなかったが、同日に開業式典には招待され昭和天皇より杯を賜わっていることを付しておく。後に東京駅東海道新幹線18・19番ホームに建立された記念碑にレリーフが刻まれている。
※なお、レリーフを見た本人く「似とらん」。記念碑の文言もあまり気に入っていなかったという。

1981年に肺炎で死去。しかし、死後に遺体解剖すると体内からはが見つかったという。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%81%E6%B2%B3%E4%BF%A1%E4%BA%8C
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

十河信二

1 ななしのよっしん
2012/04/20(金) 02:20:46 ID: 5R9McbEXgZ
出発式に招待しなかったが本社式典には招待してた
しかしやっぱり前者の問題がものすごく喧伝されちゃって国鉄の痛恨事になったとか何とか
2 削除しました
削除しました ID: 5LatyFFK6H
削除しました
3 ななしのよっしん
2014/10/04(土) 23:27:34 ID: zngEppLiA9
ちなみに東京駅ホームにあるレリーフを本人が見たとき、「似とらん」と愚痴ったそうな
4 ななしのよっしん
2014/12/14(日) 16:45:34 ID: bX6VkWTtYF
師匠に当たるのが後藤
大規模開発大好きなテクノクラートとして見事に師の理念を受け継いだと
言えようか
5 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 00:54:59 ID: sZTxKAU5/W
おおむね同世代の外国人でいうと、アルベルト・シュペーアとヴェルナー・フォン・ブラウンを足して二で割りつつ人格を丸くした感じ?一体何者なんだ・・・
6 ななしのよっしん
2021/01/24(日) 16:13:42 ID: RL8htdtvdD
石原莞爾とどう関わったんだろうか