天 天和通りの快男児単語

テンテンホオドオリノカイダンジ

天 天和通りの快男児とは、福本伸行原作漫画である。ギャンブルテーマにする福本の作確立された作品。通称は「」。

概要

1989年から2002年にかけて近代麻雀ゴールドで連載された。最初は人情物として始まったが、徐々に麻雀勝負を中心とした物語となり、最終的には麻雀から離れ、死生観をテーマとした対話劇となる。全164話。

2003年プレイステーション2ゲームソフト「闘! ドラマティック麻雀 天和通りの快男児~」が作られている。

根強い人気があり、ニコニコ動画でも手描き、とくにアニメーション映像を含むMADが作られている(アニメ化されていない)。

物語は大きく三つの部に分かれる。

初期(第1話から赤木しげる戦まで)
最初は麻雀を題材にした人情ものだが、麻雀そのものに物語の中心が移っていき、室田戦、赤木戦では麻雀を中心とした心理戦が描かれる。
東西戦編
東と西の代打ちの代表が、その覇権をめぐって麻雀で決着を付ける。東の頭領である仲間を探し、トーナメント的に東西が戦っていき、最後に西の頭領原田一騎打ちするという、少年漫画ストーリー構成である。
赤木しげる生前葬から安楽死にいたるまでを描く。ニコニコ動画では特にこの通編を扱った動画が多く、よく通編の台詞コメントで書き込まれる。

主な登場人物

史(てんたかし天貴史
物語主人公である。全身傷だらけで髪の毛はツンツン。漫画テーマが変わるたびにその設定や立ち位置が変わってしまっている。初期は天和というあからさまなイカサマを使う士で、に特段優れているという描写はい。しかしその後室田、赤木しげるを破り、東西戦のころには東の頭となるほど世間に認められた打ち手となる。通編ではほぼ脇役である。麻雀の打ち筋はのびのびとしているのが特徴。
井川ひろゆき井川ひろゆき
この物語もう一人の主人公。理詰めの麻雀を打つ一方で勝負師にしきれないところがある。東西戦では赤木サポートを受け、打ち手として大きく成長する。
赤木しげる
記事参照。通編での主人公赤木しげる

  

 沢田

物語初期において、ひろゆきを裏社会に引き込んだヤクザに「奇跡のように優しい人」と称される。東西戦が始まってからは一切姿が描写されていない。  

修蔵金光修蔵
東北麻雀寺の住職。東北一の打ち手だが、東西戦ではあっという間に破れてしまう。通編では赤木しげる葬式を取り仕切った。
  • に頭を下げられると わしも弱いのよ。
鷲尾
北海道の打ち手。東西戦、東の一員。
浅井銀次浅井銀次
「三色銀次」と呼ばれたガンパイの達人。東西戦、東の一員。
  • そうだ…! 麻雀に勝ちたければ 言葉を増やせばいいんだ・・・。
原田
東西戦、西の首領。関西暴力団組長にして当代一の打ち手。
三威(そがみつい)僧我
赤木が現れるまで十数年裏の麻雀最強と呼ばれた男。麻雀の闇を知る男。赤木しげるを敵視している。
  • おどれ……死んでいいわっ…!
東西戦で西側がを討ち取る為に用意した、異端の打ち筋を見せる士。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%20%E5%A4%A9%E5%92%8C%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%BF%AB%E7%94%B7%E5%85%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天 天和通りの快男児

83 ななしのよっしん
2016/10/28(金) 01:34:14 ID: Ttu/3Rs8Uv
編の赤木は最高にカッコいい。
哲学的、宗教的に受け取られがちな台詞を連発しながら、
その実、自分らしく好きなように生き、好きなように死ぬという一貫性。
男に生まれたなら憧れずにはいられない……。
84 ななしのよっしん
2017/07/14(金) 20:34:19 ID: uEfgOzoUDh
1番好きなのは三井という人は多いはず
85 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 05:13:23 ID: YSkUh6kMMl
阿久津は敗退した後も解説役として確認できる
三井は敗退後に全く姿を見せていない・・・恐らく原田によって×××されたことだろう・・・合

>>35
というか作中でもひろゆきが「単純なでは原田以上だろう」と言ってるから公式でも曽我原田
実際、原田二に追い詰められた時2度も救ってるし(曽我が助けなければ原田トビで終了)
入れ替え戦の時も原田の持ち点が少なくて高めをツモったのに上がれなかったりと少し足引っられてたし
86 ななしのよっしん
2017/11/07(火) 01:14:58 ID: KeD+JmU3KC
しかしひろゆきの弱点って慎重すぎる、繊細すぎるって所じゃなくて(むしろその辺は長所)
イカサマに対する防備さだと思う。基本ヒラで打つ上に相手もそうだと思い込んでる節がある。

イカサマへの警ザル。すぐに気付く感性を持ってはいるけど確を得るまでは見に回る。
そこからめて対策を講じるわけで要は打つ手が遅い。
87 ななしのよっしん
2018/02/13(火) 14:11:56 ID: 9NkP1t34A0
初期は人情者と言っても結局、博打で借作った商店連中は自業自得だし
路線変更とは言え、あえてバレバレのイカサマ勝利して殴られるのもヤクザが相手ならそれでいいんだろうけど・・
88 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 09:58:31 ID: d665yzzztu
ドラマ化とかまた謀な
89 ななしのよっしん
2018/08/28(火) 21:01:52 ID: 7Tr57CNRC9
多分福本先生>>69の様な設定にしたんだと思うんだけど2話で商店おっさんガチで負けてる(あえて負ける必要は絶対い展開)のがどうしてもね…

ドラマは色々情報を見る限りでは1クールで最序盤〜通編までやるみたいだけど足りるのか…?同じスタッフ銀と金変は個人的に不満だったから不安だ
90 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 20:04:07 ID: ez30GrUYiC
麻雀も知らないけど、ドラマ
91 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 23:12:02 ID: 6B96xCD+sd
週刊少年ジャンプ並みに設定というか世界観が変わって笑える
後付とは言えアカギ少年期の賢しいガキからここまで面倒見のいい爺さんになった経緯とか
鷲頭と10年間も麻雀しないで描いて欲しかったわ
92 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 08:52:20 ID: dccC84A5+O
アカギのスピンと聞いて若干勘違いしてたけど、アカギの連載って、結構期間重なってるのね。

編はアカギの若い頃を描きながら決めてったんだな。

急上昇ワード