激甚災害単語

ゲキジンサイガイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

激甚災害とは、特に甚大な影を及ぼした災害のことである。

ここでは、激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律激甚災害法)によって定された災害について取り扱う。

概要

規模の被害が出た「激甚災害(通称:本)」と、特定市町村に大きな被害が出た「局地激甚災害(通称:局)」の二種類がある。

激甚災害の定には細かい規定があるものの、共通するのは「復事業の定額が、都道府県市町村の税収入のうちの一定の割合をえること」である。詳しくは激甚災害exit局地激甚災害exit定基準を参照。

激甚災害に定されると、被害を受けた自治体庫からの補助が増える。被災地期の復すために作られた制度である。

主な激甚災害

ここでは本について記述する。

地震災害の名前については、より有名と思われる方を優先して記述する(例:兵庫県南部地震阪神淡路大震災では後者を採用)。

1984~1999年

当時の激甚災害の基準は現在の者とべ厳しかったため、該当する災害較的少ない。

1999年~

激甚災害の基準が緩くなり、この年から台風を中心に多くの災害定されるようになった。ここではなものを記述する。

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%BF%80%E7%94%9A%E7%81%BD%E5%AE%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

激甚災害

1 ななしのよっしん
2019/10/30(水) 10:21:54 ID: BxEWngV418
とは言わんがどうせこの規模でどうして定するだとか定が遅いとかそういうケチをつけそう
定してもこんなくから定してどうするとか政府仕事してますアピールとかそういう事言いそう

急上昇ワード