犬笛(政治)単語

イヌブエ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

とは、などの動物の訓練に用いるの一種である。「人間の可聴域をえているが動物には聴こえる」高さの音色を出す。

転じて、「政治家選挙に出した補者、あるいは彼らの選挙戦略担当者などが、支持を得たい特定の集団にのみ伝わるようなメッセージを用いる」手法について、批判的に「」と呼ぶことがある。

この記事ではこちらの意味について述べる。

概要

戦術」「戦法」「政治」「政治」「的修辞法」などとも呼ばれる。

元々は英語「dog whistle」として英語圏において使用されている言葉であり、「」はこれを直訳したもの。

特に「差別的」または「排外義的」な意図が隠されている(とされる)メッセージ批判する際に用いられることが多いようだ。

実例:リー・アトウォーターの発言

この「戦術」を用いたとして批判されることがある人物として、「リー・アトウォーター」がいる。彼は「ロナルド・レーガン」や「ジョージ・H・W・ブッシュ」など、大統領就任歴もある米国大物政治家らの選挙戦略を担当していた人物。このアトウォーター1981年オフレコ(だったはずの)インタビューにおいて以下のような発言をしていたとされており、録音記録も流出している。

You start out in 1954 by saying, "Nigger, nigger, nigger".
1954年には「ニガー[1]、ニガー、ニガー」と言う事もできました。)

By 1968 you can't say "nigger" that hurts you. Backfires. So you say stuff like "forced busing", "states' rights" and all that stuff.
(1968年には「ニガー」と言う事はできません。裏に出て自分のダメージになります。だから代わりに「強制バス通学[2]や「州の権限」[3]とかそういった類のことを言うんです。)

You're getting so abstract now, you're talking about cutting taxes, and all these things you're talking about are totally economic things and a byproduct of them is, blacks get hurt worse than whites.
(今はどんどん抽化するんです。税を削減するとかそういった話をすることは全に経済的な話題に過ぎず、副作用として黒人白人より酷いに遭うというだけです。)

And subconsciously maybe that is part of it, I'm not saying that. But I'm saying, that if it is getting that abstract, and that coded, that we are doing away with the racial problem one way or the other, you follow me?
(潜在的にはそういったことが含まれるかもしれませんが、そんなことは言いませんよ。しかし私が言いたいのは、抽化すればするほど、遠回しな表現にすればするほど、どちらにしても々は人種問題からは距離をおくことができるわけです。おわかりですか?)

Because obviously sitting around saying, "We want to cut taxes. We want to cut this. We want-", is much more abstract than even the busing thing, and a hell of a lot more abstract than "Nigger, nigger", you know. So, any way you look at it, race is coming on the back-burner.
(なぜなら「々は税を削減したい、々はこれを削減したい、々は……」と言う事などは明らかに、バス通学よりもっと抽化されていますよね、「ニガー、ニガー」よりだんぜん抽的です。だから、どう見ても人種問題は棚上げにされた状態にしておけるわけです。)

これは1968年大統領選挙における「露人種差別義的な言葉を使わず、それでいて人種隔離義を持つ投票者の票を得る」ための戦略について述べたものとされる。

この1968年選挙でレーガンと争った補者「ジョージ・​ウォレス」は人種隔離義的な政策を推す補として知られていた。そのままではウォレス側に投票するであろう人種隔離義の有権者をレーガン側に引き寄せるための戦略として、こういった修辞的な手法を用いた、という趣旨の発言であったようだ。

戦術」を使っていた側の率直な発言として希少かつ重要なものであるため、しばしば引用される。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *黒人への侮蔑
  2. *児童が通う学校人種で別れてしまうことは人種隔離や人種差別につながってしまうため、それを防ぐために人種が混在するように生徒入学させる政策について、遠方の学校バスで通わなくてはならないこともあった。そのため人種隔離義の立場に立つ人々からは「強制バス通学」と呼ばれて批判されることもあった。
  3. *アメリカ連邦政府べて人種隔離を許容する方針を取っていた州において、人種隔離を支持する人々によって「連邦は州の権限を侵すな」という論法が用いられた。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8A%AC%E7%AC%9B%28%E6%94%BF%E6%B2%BB%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

犬笛(政治)

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 犬笛(政治)についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改

2021/07/26(月)05時00分 現在

過去のオススメ記事