石鍛冶の神秘家単語

イシカジノシンピカ

《石鍛冶の神秘家》(いしかじのしんぴか)とは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードである。初出は2010年発売の『ワールドウェイク』。

概要

Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 (1)()

クリーチャー — コー(Kor) 工(Artificer)

石鍛冶の神秘家が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから装備品(Equipment)カードを1枚探し、それを開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。

(1)(),(T):あなたは、あなたの手札にある装備品カード1枚を戦場に出してもよい。

1/2

引用元exit

場に出たときにライブラリーから装備品をサーチすると、手札から装備品を出すをもつクリーチャー。「サーチ+マナコスト踏み倒し」というと、悪名高い《修繕》という大先輩がいるが、アーティファクトならなんでもサーチできた《修繕》と違い、このカードは“装備品”だけしかサーチできない。装備品は場に他のクリーチャーがいないと効果がない上、マナコストが高くて強いカードも少なかったのでマナコストを踏み倒しても大丈夫だろう、ということでデザインされた。

……まあまったく大丈夫ではなかったのだが。

ミラディンの悪夢

《石鍛冶の神秘家》が登場したときのスタンダードには《頭蓋骨絞め》や《梅澤の十手》のような強な装備品はなく、せいぜいクリーチャーに接死をつける《バジリスク首輪》をサーチして、自由ダメージを飛ばせるクリーチャーに装備して「わぁい、コンボー!」する程度であった。

しかし、次のブロックミラディン傷跡』で、強な装備品が多数出ると話は変わった。

Batterskull / 殴打頭蓋 (5)

アーティファクト — 装備品(Equipment)

生体武器(この装備品(Equipment)が戦場に出たとき、の0/0の細菌(Germ)クリーチャートークンを1体生成し、その後これをそれにつける。)

装備しているクリーチャーは+4/+4の修整を受けるとともに警魂を持つ。

(3):殴打頭蓋をオーナーの手札に戻す。

装備(5)

引用元exit

ミラディン傷跡ブロックの最後のセット『新たなるファイレクシア』で登場した“生体武器”。装備品の最大の弱点「場に他のクリーチャーがいないと効果がない」が緩和された上に、重たいマナコストは《石鍛冶の神秘家》で踏み倒せる。

Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の (3)

アーティファクト — 装備品(Equipment) 

装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション()とプロテクション()を持つ。

装備しているクリーチャープレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。

装備(2)

引用元exit

2種のプロテクション、手札破壊も強だが、装備品の弱点のひとつ「装備コスト」の隙を減らせる土地のアンタップが特に強で、クリーチャーで殴りながらカウンターを構えるクロックパーミッションの戦略にガッチリ噛み合った。

このほか、プロテクションを与える《体と精》、プロテクションを与える《戦争平和》などもあり、これらの強な装備品を状況によって選べる《石鍛冶の神秘家》の使用率はうなぎ登りとなった。同時期の《精神を刻む者、ジェイス》との相性もよく、環境最強デッキ『Caw-Blade』の中核として君臨した。神ジェイスの「トップ8に32枚」は有名だが、《石鍛冶の神秘家》も同時期に「トップ8に28枚」をやらかしている[1]

その結果、《精神を刻む者、ジェイス》と共に2011年6月スタンダードにおける禁止カード定された。『Caw-Blade』があまりに強すぎたため、各地でのスタンダードの大会の参加者がに見えるレベルで減ってしまったためである。たとえそれが装備品限定であろうと、「サーチ+マナコスト踏み倒し」を1枚で完結させる《石鍛冶の神秘家》は、開発チームにとっては「ルールを破っているカード」だった[2]スタンダードにおける禁止カードは『親和』のパーツ以来、6年3ヵぶりであった。

エクステンデッドでも『Caw-Blade』をそのままアップデートしたようなデッキキーカードとして活躍した。2011年から始まったモダンでは、フォーマット制定当初より禁止されている。現在の《石鍛冶の神秘家》の戦場レガシービートダウンデッキにはほぼ間違いなく入っているどころか、このカードのためにタッチするデッキも。《殴打頭蓋》や《梅澤の十手》を相方に、《石鍛冶の神秘家》は今も活躍を続けている。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ちなみにトップ8で一《石鍛冶の神秘家》を使っていなかったのは『テゼレット』を使っていた八十岡翔太である。
  2. *スタンダードの禁止に関する声明exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E9%8D%9B%E5%86%B6%E3%81%AE%E7%A5%9E%E7%A7%98%E5%AE%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石鍛冶の神秘家

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 石鍛冶の神秘家についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!