修繕単語

シュウゼン

退屈するって、どんな気分なのかしらね

──アーティファクト使いジョイ

《修繕》しゅうぜん)とは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードである。初出は1999年発売の『ウルザズ・レガシー』。

概要

Tinker / 修繕 (2)()

ソーサリー

修繕を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄にげる。

あなたのライブラリーから、アーティファクトカードを1枚探し、そのカード戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

引用元exit

自分のアーティファクトを別のアーティファクトに作り変えてしまう、イカれたカード満載の『ウルザブロック』の中でもトップクラスイカれたカードである。2017年現在レガシーで禁止、ヴィンテージでも制限カード定されてる。

元は《Transmute Artifact》というカードである。こちらは生贄にしたアーティファクトと、場に出したアーティファクトのマナコストの差を追加で支払う必要があった。Mark Rosewater(通称マロー)がこのカードリメイクするに際し、「『追加のマナを支払う』テキストが、少し邪魔くさい」と思ったため、その部分が削られて《修繕》が作られた。結果、「サーチ+マナコスト踏み倒し」を1枚で行なってしまう、屈イカカードになってしまった。

スタンダードの当時は、一部のブッ壊れカード(《記憶の壺》とか)以外には1枚でゲームを決めてしまうようなアーティファクトはなかったため、アーティファクトのマナ加速から《ミシュラのらせん》や《からみつく線》などで相手のマナを縛り上げる、《ファイレクシアの処理装置》と《崩れゆく聖域》のコンボで巨大なトークンを安全に量産する、などを場面によって使い分ける“ティカー”(スーサイドブラウン)というデッキキーカードとして活躍した。当時は周りのデッキも強く、有デッキのひとつという扱いだった。特に2000年世界選手権はティカーが有利なメタゲームだったため、優勝・準優勝をティカーが独占した。

エクステンデッドでもティカーは活躍し、《動》が追加されてからは大量のマナ加速からの《動》の連打という勝ちパターンも備えるデッキとなった。とはいえ、この時点でもまだ《修繕》は許されていた。

時は流れて2003年10月アーティファクトをフィーチャーしたエキスパンション『ミラディン』が発売された。発売から1ヵ後には、エクステンデッドプロツアーが開催された。

そして、わずか2ヵ後に、《修繕》がエクステンデッド禁止カード定された。

ミラディンの大嵐

ミラディン』にはアーティファクト・土地という、土地でありアーティファクトでもあるカードが収録されていた。これにより《修繕》の追加コストが楽に払えるようになり、ティカーの弱点のひとつであった安定性が強化された。

そして、『ミラディン』には重たい代わりに1枚でゲームを決めてしまうようなアーティファクトがたくさん収録されていた。

Bosh, Iron Golem / ゴーレム、ボッシュ (8)

伝説アーティファクト クリーチャーゴーレム(Golem)

トランプ

(3)(),アーティファクトを1つ生け贄にげる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。ゴーレム、ボッシュはそれに、生け贄にげられたアーティファクトの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。

6/7

引用元exit

ティカー待望のデカくて使いやすいアーティファクトクリーチャー。これまでは自アンタップしない《ファイレクシアの巨像》を使っていたことを考えると泥の差である。2ターンから殴って適当アーティファクトを投げつけて3キル、なんてのも稀によくある

Goblin Charbelcher / ゴブリン放火 (4)

アーティファクト

(3),(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対とする。あなたのライブラリーを、土地カード開されるまで上から1枚ずつ開する。ゴブリン放火はこれにより開された土地でないカードの数に等しい点数のダメージをそれに与える。もし開されたカードが山(Mountain)である場合、ゴブリン放火は代わりに2倍のダメージを与える。開されたカードを、望む順番であなたのライブラリーの一番下に置く。

引用元exit

普通に使えばダメージが安定しないカードだが、《マナ切り離し》という「ライブラリーから土地カードを全部取り除く」カードがあったため、強コンボとして成立した。

Mindslaver / 精隷属器 (6)

伝説アーティファクト

(4),(T),精隷属器を生け贄にげる:プレイヤー1人を対とする。あなたはそのプレイヤーの次のターンの間、そのプレイヤーコントロールする。(あなたはそのプレイヤーが見ることのできるすべてのカードを見て、そのプレイヤーのすべての決定を行う。)

引用元exit

「対戦相手をコントロールする」という手なをもつアーティファクト。相手のターンの行動をすべて自分が決められるので、「自分で呪文を唱えて、自分で打ち消す」、「自分のクリーチャーだけが死ぬようにアタックする」など、やりたい放題できる。特にエクステンデッドなどの、使えるカードの多いフォーマットデッキに入っているカードが強く、上記の《ボッシュ》や《ゴブリン放火》を“自分に”起動させればだいたい試合終了である。

これらのアーティファクトが追加された結果、前述のプロツアーティカーとそのデッキばかりとなり、トップ8には実に28枚もの《修繕》が使われていた。あまりに環境くなりすぎ、「(先手後手を決める)ダイスロールの勝者がマッチの勝者となる」と“MOMA”並みの寒い事態となってしまったのである。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *MAKE NO MISTAKEexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BF%AE%E7%B9%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

修繕

1 ななしのよっしん
2017/08/21(月) 00:46:52 ID: XN/9vQOsPx
ぶっちゃけミラディン禁止カード大量に出すくらいなら修繕落ちるまでアーティファクトパワー抑えていた方がよかったんじゃ…(棒
2 ななしのよっしん
2017/10/03(火) 23:26:20 ID: NizMbtd3dn
コスト踏み倒しは嫌な予感しかしない
3 ななしのよっしん
2017/10/28(土) 10:49:15 ID: nWdBMnNipz
エクテンというフォーマット自体、エターナル環境より禁止が緩くスタンダードほど調整されないという無法地帯だったからなあ
ぶっちゃけ全期間中の半分くらいはネクロティカーが雑に暴れてたんじゃないだろうか

急上昇ワード