「筋肉」は信用できない ライフルは「骨」でささえる単語

キンニクハシンヨウデキナイライフルハホネデササエル

2.4千文字の記事
掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「筋肉」は信用できない ライフルは「骨」でささえるとは、筋肉万能説に異を唱える論理である。

「立て逃げ」は信用できない 大百科は「概要」でささえる

漫画ジョジョの奇妙な冒険Part6「ストーンオーシャン」に登場する、ジョンガリ・A台詞

主人公である空条徐倫グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に収監させた黒幕は、かつて空条承太郎に倒された吸血鬼DIOの手下であるジョンガリ・Aの陰謀であった。DIOを失った「恨み」をらす為に徐倫に罪を被せ、承太郎をおびき出したのだった。

承太郎がやって来た面会室は女子監にあり、ジョンガリ・Aのいる男子監からは遠く離れている。しかし、ジョンガリ・A現在内障でほぼ盲目となっているものの、元軍人で速20mの中でも仕事をこなした狙撃手。さらにスタンドマンハッタン・トランスファー」は気流を読んで動き、このスタンド狙撃すれば弾を中継して標的にヒットさせる『狙撃衛星』である。このを使って入り組んだ監の室内への狙撃を可にしているのだ。

そして、偽装したライフルに組み替えてジョンガリ・Aはこうつぶやく。

「筋肉」は信用できない
皮膚が「」にさらされる時 筋肉ストレスを感じ微妙な伸縮をくり返す
それは体ではコントロールできない動きだ

ライフルは「骨」でささえる
は地面の確かさを感じは地面と一体化する
それは信用できる「固定」だ

距離射撃において、身がブレてしまっては狙った標的に弾をヒットできない。それを回避するためには筋肉だけで構えるのではなく、を土台とした支えとして身を固定させる事が重要である。実際のライフル射撃の立った状態の狙撃でも「ボーンサポート」という盤で左肘を支える構えがある。まさに、ジョンガリ・A狙撃プロである事を表した台詞である。

その後、面会室を脱出た徐倫を狙ったものの「マンハッタン・トランスファー」を捕らえられてバラバラにされたが、一のうちに徐倫逃げ込んだ秘密の通路の部屋に現れ攻撃してきたが、そいつはジョンガリ・Aではなく看守であり…

 

 

 

ドロ… 
 ドロ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何よ これはーーーッ!
全ての出来事のつじつまが合わないッ!

これは現実じゃあないッ!
これは全て幻覚だわッ!


実はこの台詞幻覚の中で言った台詞であり、実際には言っていない台詞である。

このジョンガリ・A戦では実はもうひとりのスタンド使いによるスタンド攻撃で承太郎徐倫は面会室内で眠らされたまま幻覚を見せられており、大蛇胃袋の中のようにゆっくり体を溶かす攻撃をしていたが、徐倫はこの攻撃に会う前にエンポリオ・アルニーニョから渡された「溶かされた母親の仙」を握った際の痛みでようやくが醒めたのである。

ジョンガリ・Aという元軍人狙撃手の男囚がおり、承太郎によって、彼がかつてのDIOの手下で徐倫を収監させる陰謀の本人である事をるまでは現実だったのだが、不自然タバコの煙に気づいた以降は全て幻覚の中の闘いだったという非常にややこしいスタンドバトルという事もあって、第6部「ストーンオーシャン」を読み始めるにあたって読者が非常に躓きやすいエピソードとなっている。

この幻覚の中の闘いで一真実なのは、ジョンガリ・Aスタンド幻覚の中で見た通り、気流を読んで弾丸を中継する「マンハッタン・トランスファー」である事。これは幻覚を見せたスタンドホワイトスネイク」がわざと幻覚の中で見せており、現実ジョンガリ・Aが看守に変装し直接承太郎徐倫撃する際にマンハッタン・トランスファーを出したことで、「これも幻覚か」という一の判断を鈍らせる事が狙いであり、これによって選択の余地なく徐倫撃からうために「スタープラチナ」で時を止めさせ、連続して時を止められない『一手』の遅さが無敵と謳われた承太郎の隙であり、この隙によってホワイトスネイク承太郎から『記憶』と『スタンド』のDISCを奪い取ったのである。

全ては、面会室の幻覚から脱出された際の第二の手として入念に計画されていたホワイトスネイクであるのだが、それ故に思い返してみれば「男子監から狙撃していたジョンガリ・Aの描写はいったい何だったのか」という疑念が読者に過るだろう。ジョンガリ・A承太郎徐倫から300m以上も離れた場所にいるため、本来であればジョンガリ・Aの様子など全にい知れないはずである。それなのにジョンガリ・Aの仕独り言まで描写するという事は、ホワイトスネイクは見えない所まで手を入れるタイプなのか、それとも読者にまで全に幻覚を見せたという事なのだろうか…。

しかし、幻覚の中でとはいえ無敵ともいわれた空条承太郎を苦戦させ、スタンドの性よりも自身のライフル狙撃の実で勝負するというストイックさから来る発言は読者に説得インパクトを残しており、「「筋肉」は信用できない ライフルは「骨」でささえる」はジョンガリ・Aを代表する名台詞となっている。実際には言っていないけど

余談

本作「ストーンオーシャン」のTVアニメ版において空条徐倫役を務める声優ファイルーズあい趣味のひとつは筋トレで週に3回ジム通いする程のトレーニーであり、初演作品も筋トレをテーマにした作品である。一方、悪役サイドではDIOの骨というキーアイテムが登場し、ジョンガリ・A役を務める声優日野聡全身骨のキャラクターを演じた事もある。

まりこれジョースター家DIOサイド間で行われる、筋肉VSのかたちになるな…
…というのはコジツケか。

関連動画


本編内で「ライフルは骨で支えるもの」という発言がある。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 44ななしのよっしん

    2022/02/05(土) 18:45:37 ID: 6lPfeVluFr

    大丈夫1本くらい折れても215本あるから

  • 45ななしのよっしん

    2022/02/05(土) 21:14:28 ID: e6MYYfVd5O

    でもこれ全部の中の話なんだよね…

  • 46ななしのよっしん

    2022/02/07(月) 12:48:25 ID: aJon3tNFPu

    原作アニメに登場しただけで言ってない台詞

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/22(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/22(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP