エンポリオ・アルニーニョ 単語

10件

エンポリオアルニーニョ

3.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エンポリオ・アルニーニョとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険』の第6部「ストーンオーシャン」の登場人物である。

CV北西純子ASBEoH) / 種崎敦美テレビアニメ

明日の昼… ニコニコ大百科に記事が出来上がる…
でも、見に行ってはいけないんだ、その「概要」に… 絶対! 


11歳の少年だが、年齢自称につき本当の年齢誕生日は不明。同作の舞台であるグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に生まれた時から住んでおり、過去に焼け落ちた刑務所記憶たる所謂「屋敷幽霊」の中で過ごしているため刑務所内のにも知られることなくこっそりと生活している。

母親刑務所囚人だったが、屋敷幽霊の中でエンリオを育てていたときにホワイトスネイクプッチ神父)に記憶DISC化して奪われ、殺された。 11歳という年齢ではあるが、数多くの本を読んでいるためかなりの博識。免許ではあるが自動車ヘリコプターの運転までできるようだ。後述のスタンドにつき、普段はリュックサック拳銃、小さくんだパソコンの「幽霊」を持ち歩いている。 

初登場は2巻。グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所へ収監された徐倫の元へ承太郎がやって来た際、徐倫に対して「面会人と会ってはいけない」「もし会えば、死ぬ以上に不幸な事が起こるんだよ」との警告を発した。徐倫がその警告を受けないと知った時は、母親の遺(仙)を徐倫に渡し、ひいてはホワイトスネイク幻覚攻撃から子を救い出した。その後ホワイトスネイクの策略で承太郎記憶スタンドDISC化して奪われ、徐倫スタンド記憶を取り戻すために刑務所へ残る事を決断すると、刑務所の中仲間ウェザー・リポートアナスイ)を紹介、彼らと共に徐倫に協彼女たちを的確にサポートする。

やがてホワイトスネイクの本体であるプッチ神父的に覚めケープ・カナベラルへ向かうと徐倫たちと共に何度も無限に繰り返し『感電』し続けながら刑務所脱獄、その後もスタンドと持ち前の博識を発揮して徐倫たちを援護、そしてプッチ神父との最終決戦では宇宙が一巡した世界でただ1人生き残り、ウェザーから受け継いできたウェザー・リポートDISCを使うことでジョースターDIOの因縁に徐倫たちに代わって決着を着けた。最終話の終わりにプッチ神父が倒された事で、6部の登場人物たちが生まれ変わったパラレルワールドにて、「アイリン」となった「おちゃん」に対して発した彼の自己紹介は、どこか物悲しい。

なお、ストーリーのはじまりに「なぜエンポリオは『面会人(承太郎)が来ること』『徐倫承太郎が会ってはいけないこと』を知っていたのか?」という疑問が残るのだが、一部では「宇宙が一巡した新世界を見てきたから、徐倫承太郎たちが迎える結末を知っていた」のではないかとする説もある。

名前の由来は、ファッションブランドの「EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)」から。

スタンド能力

バーニングダウン・ザ・ハウス
【破壊:なし / スピード:なし / 射程距離:なし / 持続:なし / 精密動作性:なし / 成長性:なし】
エンポリオスタンド。彼が生まれながらにして持っていたである。
すでにこの世に存在していない物体の「幽霊」を操るで、作中ではピアノや本、パソコンなど様々な物の「幽霊」を扱っている。かつて1984年に焼け落ちた刑務所音楽室の「幽霊部屋」に住んでいると思われ、この部屋の中にある物の幽霊自由に扱える。
エンポリオが歳相応らしからぬ物知りであるのも、幼少時から幽霊部屋の中にある数多の本の「幽霊」を読んできた賜物である。
実体化した物の幽霊は実物と同じを発揮し、例えばパソコン幽霊ならば電気や回線がくても使用できる。ただしは発揮できても現実世界へ干渉することはできず、ジュースチョコレート幽霊は食べると味はするものの空腹を満たしたり栄養を摂る事はできず、また拳銃(と弾丸)の幽霊は撃つ事はできても着弾することもければ相手を殺傷したり物を破壊する事もできない(ただし弾丸の衝撃ゴキブリを追い払うくらいは可)。
エンポリオ母親も、このスタンドとよく似たを持っており、この幽霊部屋の中でエンポリオ出産し、育てていたとされる。
「存在しない物を具現化する」についてはヴェルサススタンドアンダーワールド」と似ているほか、これらの「屋敷の幽霊」に関する設定は、作者荒木飛呂彦の短編『デッドマンズQ』にて先に登場しており、屋敷幽霊にまつわる基本的な設定はこちらの作品を基にしていると思われる。 
スタンド名の由来は、アメリカロックバンド「Talking Heads(トーキング・ヘッズ)」の楽曲「Burning Down the House」より。
ウェザー・リポート
ストーリー最終局面でプッチ神父の「メイド・イン・ヘヴン」とたった1人で対決する事になったエンポリオが切り札として扱った、ウェザーから受け継いできたスタンド。詳細は『ウェザー・リポート』を参照。
このによって、ウェザーすら知らなかったとされるウェザー・リポートの新たなを発揮、「純酸素を大量に集めることで人間細胞組織をボロボロに破壊する」ことでプッチ神父を倒す決め手となった。

余談

「関連動画」って言えばわかる?存在してるんだ。
ここにあるのは「過去にうpされた物」の中。ニコニコの幽霊なんだよ

「ニコニコで絵」を描くことこそ「静画」なんだ!!

高濃度の関連商品は、「カード払い」ならあっという間に破産させ!
現金なら残高を奪い、次々と財産を破壊していく!
大量に買うと、まず金銭感覚が麻痺し、首が回らなくなる! 

ここで話すのもなんだから、ぼくの『コミュニティ』に来ない…?

関連項目です… ぼくの関連項目は… ぼくの名前は、エンポリオです 

 

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/12(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/12(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP