エルフェンリート単語

エルフェンリート

  • 20
  • 0
掲示板をみる(468)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

   今までに 

         「人」を殺した事は

              一度もない  

 elfen lied 

エルフェンリートとは

エルフェンリートとは、週刊ヤングジャンプ集英社刊)に連載された岡本倫SF漫画。(全12巻)及び、それを原作としたテレビアニメである。「詐欺漫画」「ハートフルボッコアニメ」の代表格としてよく名が挙がる。

概要

鎌倉舞台にした、新人類・二觭人(ディクロニウス)を巡る一連の争いを描いている。
単行本の表を見れば、たいていが萌えキャラ一枚絵ばかりで「女の子がたくさん登場するラブコメか?」と思うだろうが、残念ながらそれはこの作品の極一部の要素に過ぎない。
この作品の基本設定はSFであり、そこに萌えとすさまじいグロ児童虐待差別問題をぶち込み、どこかずれた連中によるナンセンスギャグで味付けした文章で伝えるのが非常に難しい作品となっている。どこかしらにラブひなやら鍵ゲー等のが見られるが、それでいてなぜこんな作品になったのかは作者を含めにもわからない。
 
また、展開の読めなさにも定評があり、例えば重要そうなキャラが次のページいきなり首チョンパというのはよくある展開である。故にが助かってがいきなりピンチになるのか全く予想できないところがある。上記のように非常に残虐シーンが多くエログロ判定される事も多いが、しっかりとした構成を持ち、さらに主人公たちの細かい感情の動きを繊細に表現している作品である。この作品の登場人物は皆差別や劣等感等による孤独不幸を抱えており、彼らが救われ報われる事があるのか?という事がこの作品のメインテーマと言えるだろう。

なお、あの冨樫義博のお気に入り作品である事が妻の日記から判明している。「すごい作品だ!」

ちなみに、連載初期は後述のアニメ版や同作者による次回作『ノノノノ』からはとても想像が付かないぐらい下手すさまじい絵柄である。ある意味二重の意味で表詐欺である。

アニメ版  

そんなこんなで一部で話題になっていた本作だが、まさかのアニメ化を果たす。アニメ版はアームス制作で本作と同じく鎌倉舞台の『コメットさん』でおなじみの神戸守監督になり、作品後期の絵柄をベースにしたキャラデザで作られた。

 アニメシアターXで放映されたが、とにかく残虐なシーンが多く、視聴年齢制限(ペアレンタルロック)をかけられた(R-15)。どれだけシーンが多かったかというと、後に地上波で放送された時はかなりの量のカット編集が行われたバージョンが放送され、中には編集カットによって尺が足りなくなってしまい、次の回の冒頭または前半部のダイジェストを放送した回が存在する程である。

これほどまでに人体が造作に切り裂かれ、塊と化していく描写があったアニメしく、ある意味で挑戦的な作品であった。本作で使われたグロ擬音が『BLOOD+』や『ひぐらしのなく頃に』でも流用されたという。

原作の表詐欺も健在で、予告詐欺の代名詞とよく言われる。能登ボイスナレーション萌えキャラが前面に出た予告編を見て期待した視聴者を、初っ端から容赦ないグロ連発で打ちのめした。…一応、事前R15アニメと言われていたしグロバージョンCMもあったが、あまりのギャップに同じ作品のPVだと思ってくれなかったようだ。

内容的には原作の第一部を13話にまとめあげた作品であり、一部の人物が登場しなかったりカワイソスな扱いになっていたりする。日本ではマイナーだが、グロルーシー無双のおかげでむしろ外で大ウケしていくつか賞を取っていたりする。

そんな中2014年6月24日にて同原作アニメ極黒のブリュンヒルデ」の最終回を迎える記念として、「エルフェンリート」のTV+OVA全14話の一挙放送が初配信された。その中身はグロ残虐シーンノーカットされたリマスター版でありながら最終的には約20万再生、36万コメント叩き出した。

DVD第7巻の特典として、第11話のAパートとBパートをつなぐ番外編である第10.5話が存在する。

あらすじ

側頭部の対となる2本のベクターと呼ばれる特殊なを持つ女性ミュータント・二觭人(ディクロニウス)。彼女らは人類を淘汰する可性を持つとされ、離国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離、研究されている。
ある日、研究所に隔離されていたディクロニウスの少女ルーシー拘束を破り、警備兵その他をグチャグチャにしながら、研究所からの脱走を試みる。に飛び込む直前に頭部に対戦車徹甲弾の衝撃を受けるが幸い軽傷で済み、彼女はそのままへ投げ出される。

大学に通うため親戚を頼りに鎌倉にやってきた青年コウタはいとこのユカと共に由を訪れた際、偶然そこに流れ着いたルーシーに出会ってしまう。ルーシー逃げ出す際頭部に受けた衝撃で記憶を失った上、人格が分裂して全く別の人格に入れ替わってしまっていた。「にゅうにゅう」としかしゃべることの出来ない彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させる存在とは知らずににゅうをコウタが住むことになる荘に連れて行き、一緒に暮らす事になるのだが…。

登場人物

関連お絵カキコ

ニコニコ大百科:お絵カキコヘルプについて語るスレ#132

関連動画

関連チャンネル

関連生放送

関連静画

関連商品

原作

アニメ

主題歌

電子書籍

関連項目

関連リンク

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 466ななしのよっしん

    2019/12/11(水) 20:58:55 ID: 4FYgvOXhGy

    個人的にコウタは主人公じゃなくて主人公は実質ルーシーだと思うんだが。

    人類を殺する新人類に罪の意識やコミュニケーションを通して人を殺したくないと思わせさせたりする意味ではコウタは必須かと。

  • 467ななしのよっしん

    2020/06/07(日) 23:13:34 ID: ZWirA5RSIU

    ディクロニウスは寄生獣の「かがふと思った」の類で発生した地球自浄作用的なモンなんだろう
    でも人間社会の中に生まれ落ちたディクロニウス側からしたらたまったもんじゃいよな
    だって俺達興味本位でアリを踏みつけて遊ぶ気分で殺した相手が親なんだもん
    マリコは(原作未読勢なので原作は分からんが)父親に会った事いのに血縁父親である蔵間に対してがあった訳だし
    つまり他のディクロニウスも(順当に育っていけば)親を殺した後に大きくなってから「自分で自分の大切な人を殺したんだ」って思うかもしれないわけだろう?
    そんでもって(アニメで見る限りは)種としては割と同属殺しも抵抗さげだったし、ディクロニウスって種は本に踊らされるだけ踊らされて人間絶滅させた後は最終的に絶滅する運命だったんじゃないかなと
    どメスしか生まれないみたいだし、多くのメス個体は人間のを媒介にしないと個体数を増やせないし
    (まぁ女の子の裸体が描きたいっていう作者趣味でメス個体が多く描かれただけで本当はオス個体ももっと居たのかもしれないが)
    ルーシーナナアニメでのマリコと蔵間のシーンの描写を見る限り、かなり個体差はあるけど
    の発現までに情緒的教育やらベクターの危険性の理解をある程度出来てれば、普通人間に対する殺意を押し込める事も出来るみたいだし
    人間側が理に押し込めようとしなければ共存関係は築けたのかもしれないな
    つくづく人間って何なんだよって思うわ
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 468ななしのよっしん

    2020/06/11(木) 02:42:52 ID: AjMirYrjNb

    実は作者ラブひなみたいなのを書くつもりだったとかいうツイート話題になってたから、また見返したくなった
    To Heartしてできたのがヴェドゴニアだったみたいなエピソードで笑うわ

    しかし、エルフェンリートって定期的にtwitterとかでバズるよな
    (いいことや)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP