今注目のニュース
SNSでの子供の顔出しどう思う? 6割の人が「危険」と認識も
野性爆弾くっきー改名、2015年以来2度目
田中みな実「グータンで滝沢カレンほぼカット」理由は…

カチューシャ(ガールズ&パンツァー)単語

カチューシャ

掲示板をみる(307)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
このキャラクター特定機関に監視されている可性があります。

カチューシャКатюша)とは、アニメガールズ&パンツァー」の登場人物である。CV.金元寿子

概要

北海道網走市出身。前大会優勝校であるプラウダ高校戦車道チームを率いる隊長で、T-34/85戦車長。常に副隊長ノンナを付き従えて(というか乗っかって)いる。身長127cmこれでも正正銘の高校3年生。同じ低身長高校3年生キャラである角谷杏142cm)より更に低く、8歳女子身長128cm)よりも低い。ノンナ172cm又は176cm)と並ぶと、年が離れた姉妹またはの絵面となる。その低身長コンプレックスとしており、大洗女子学園戦車道チームとのを屈めて握手をめたときは、傍らのノンナ肩車をさせてよりも高身長になろうとしている。もちろん桃ちゃんからツッコミが入った。
ロシアティーを飲しており、スプーンですくったジャムめながら紅茶を飲むロシア本式の飲み方を好む。好きな料理ボルシチで、試合中でもノンナに作ってもらうほどの好物である。
高校生とは思えない小柄な体格に似合わず横暴な性格で、勝気で自信上から目線。苛な物言いや戦いっぷりから「吹雪カチューシャ」「小さな暴君」と呼ばれている。精面は実年齢より幼く、見た通りの子どもっぽい面が立つが、上に立つ者としての将器は持ち合わせている。
保母役同然なノンナクラーラに身の回りの世話を受けており、試合中にも関わらず食事休憩とお寝時間を設けたり、食事は上手く食べられずに口の周りを汚してしまうし、就寝時はノンナの子守歌が必要。そんな性格ゆえに、チームメンバーからは密かに「ちびっ子隊長」と言われている。ただし、隊長としてのは確かであり、同期後輩の面倒見は良いため、チームメンバーから多大な信頼を集めている。
別れ際に何故か「ピロシキ~」と言う。実はロシア語はあまり得意ではなく、部下がロシア語で会話をしていると日本語で話せと怒る。ただし、Да・Нетなどの簡単な単ロシア民謡程度は分かるようだ。
KV-2戦車がお気に入りで、同のことを「頼れる同志」「かーべーたん」と呼んで重用している。ちなみに、好きな理由は高が高くて上に乗ると眺めがいいから。

戦車道チームカチューシャを頂点としたピラミッド揮系統を構築。試合では内最大級の戦・それを支える整備底された揮系統・揮を忠実にこなすチームメンバーを活かした容赦ない誘い出し・包囲殲滅を得意とする。全大会準決勝の大洗女子との試合では「あいつらにやられた車輌は、全員シベリア送り25ルーブル[1]よ!」とのたまったにも関わらず麾下の戦車を囮として大洗チームに撃破させるなど、結構えげつないことをしている。

単純な勝利ではなく相手のプライドを搾取した上で勝つことを好み、何かと土下座にこだわる。優位に立つと傲慢になり、TV版第8話では追い詰められ廃墟に立て篭もった大洗女子学園いたから3時間の猶予を与えた上で「全員土下座しろ[2]」と降伏勧告を突き付けてきた。この猶予の間に大洗女子車両修理を終え、偵察を行ってプラウダ高の車両の配置と種を把握することに成功[3]。態勢を立て直し起死回生の策を用意した大洗側の逆襲を受け、ギリギリの競り合いの末に逆転敗北を許してしまった。
負けが確定したとき「泣いてないわよ!」といいながらも思いっきり泣いている。やっぱり子供じゃないか

62戦車道高校生大会[4]の決勝戦で黒森峰女学院と戦い、人命救助のために身動きが取れなくなっていた西住みほフラッグを撃破して優勝を獲得、その功績により隊長となった。そのため、西住まほのことは警しているが、みほのことはさほど気にしていない。しかし試合後はみほの実を認め「ミホーシャ」と称で呼ぶようになった。
 聖グロリアーナ女学院戦車道チーム隊長ダージリンとも交流があり、プラウダ学園艦お茶会を開いている。

なお、決してイk###このコメントはしょくせー(触清)されました###

関連動画

民謡カチューシャ」は8話にてノンナ上坂すみれ)とともにロシア語で歌唱。フルバージョン関連商品の項にもあるオリジナルサウンドトラックに収録されている。

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *陽の当たらない教室25日間の補習の意。凍土で労働の尊さをその身に刻み込まれるようなことは多分ない。
  2. *桃ちゃんから「全員自分より身長低くしたいんだな…」とツッコまれた。
  3. *この辺りの末はBD/DVD第5巻の特典OVA「スノー・ウォー!」にて詳しく描かれている。ニーナKV-2の乗員)のカチューシャに対する印などもえる盛り沢山な内容。
  4. *大洗女子校を掛けて参加したのは第63回なので、その前年度の大会。

掲示板

  • 305ななしのよっしん

    2019/06/26(水) 20:31:29 ID: 7fbS6SMxv9

    >>299
    マジかい
    正直本編とは違う展開になるかもと思っていたが・・・

    プラウダ高校優勝→しかし、卑怯と言われかねない勝利だったため辞める人が続出→結果、優秀な人材がいなくなり本編の緩い感じになる
    という感じだろうか

  • 306ななしのよっしん

    2019/07/23(火) 18:03:33 ID: dI3DWNW4po

    >>296
    スレでも挙げたネタで申し訳ないけど、
    大河ドラマ平清盛』の一門や漫画項羽劉邦 若き獅子たち』の項梁みたいに
    トップに立ってからも負け知らず状態が続いた事で
    有能リーダーである自分すらも気付かぬレベルで少しずつ緩んでいったのかも。
    後者作中の台詞人間の心は常に璧ではない。勝てば勝ったで驕りや油断が生じる」が
    当てはまったとか。)
    有能部下の発言や諫めを聞き入れなかった点も共通してたなぁ…。

  • 307ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 08:32:54 ID: kriuUTH2ov

    の中短パンで寒くないのだろうか

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP