今注目のニュース
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年6月公開決定! 映画館では新たな特報映像も
学校では見せないロリJKのスマイルが眩しすぎな件! 3分で振り返る『女子高生の無駄づかい』第1話盛り上がったシーン
おもしろおかしく過ごさせてね『FGO』セイバー・宮本武蔵がfigmaになって登場

プラウダ高校単語

プラウダコウコウ

掲示板をみる(96)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

プラウダ高校(Pravda Girls' High School)とは、青森県所在する高等学校である。

学校概要

ロシアと関係の深い女子校であり、学園艦ソビエト連邦軍のキエフ級重航空巡洋艦に近似する。
校章は地に鋏と定規の組み合わせのモチーフを使用。

港は大であるが、利便性の観点から青森港を停泊地としている。
開校以来の経緯から友好港としてウラジオトク港を持ち、しばしば寄港する。

歴史

プラウダ高校の歴史は、第一次世界大戦ロシア革命を経たころに遡る。
そもそもといえば、ロシア帝国がウラジオトクの開発を始めて以降、日本海側や北海道の諸都市ロシア船が寄港するようになったのが両の交流の始まりであり、1907年には青森・ウラジオトク間に航路が開設され、青森ロシアとの結びつきを深めていく。その後、この航路から白色ロシア人の亡命を大々的に受け入れたことで、居住地を兼ねる形でその子向けに開校されたのがプラウダ高校である。

初期のプラウダ高校ではさほど戦車道は広まってはいなかったが、のちに拡大。ウラジオトク経由でのT-34戦車確保に加え、1980年代後半にはIS-2などを導入して戦を強化し、現在では黒森峰女学園に迫る全大会決勝戦の常連となっている。

校風

東北らしく、訥でな性格の生徒が多く、東北弁で会話していることも多い。
その一方で、開校の経緯から食文化方面を中心にロシア貴族文化の影が色濃く、ビーツを使用した本場のロシア料理が売り。プラウダ徴するかのようなボルシチビーフストロガノフセットが名物となっている。

制服深紅色のシャツに深い緑色の上着を組み合わせたもの。
戦車道チームで使用するパンツァージャケットは、これに加えベストを着用する。

施設

学園艦上の校内には補習教室のある北向き木造校舎があり、この校舎で床の枚数を数える、あるいは25日間の補習を受けさせられる「シベリア送り25ルーブル」は生徒に地獄として恐れられている。

また、ロシア料理のために艦内でビーツを栽培している。

交通

シベリア鉄道は走っていないノンナ隊長談)常識であるカチューシャ隊長談)

艦内の交通としてはトロリーバスが存在する。
一方で、学園艦の下部には「プラウダ上野駅」が存在し、接時に列車を艦内まで乗り入れさせることができるが、現在では止され、使用されていない。名が「上野駅」となっているのは、欧州ロシアではターミナル駅に行き先の名をつけることが多いことに由来する(例を挙げると、モスクワにおけるサンクトペテルブルク行き列車ターミナル駅は『レニングラーキー[1]』である)。

なお、ノンナ隊長トロリーバス鉄道ではありません」としてプラウダ学園艦には鉄道が存在しないとっているが、中の架線から電気を得て走行するバスであるトロリーバス法あるいは鉄道事業法に基づくれっきとした無軌条電車であり、いかな上を走らないといえ的に認められた本物の鉄道である。その運転には大二種免許だけではなく無軌条電車運転免許が必要とされ、日本ではほとんど見られなくなったものの、ロシアの諸都市では路面電車と並びいまでも現役で都市交通を担う存在である。ウラジオトクにもトロリーバスは運行されているが、近年では大きく系統を減らしてしまった。

戦車道について

63戦車道高校生大会時のプラウダ高校戦車道チーム
カチューシャ隊長ノンナ隊長

高校戦車道においては、プラウダ高校は全の強校の一つであり、実・保有車輌数とも内最大級の戦車道チームを保有している。特に中戦における活躍は覚ましい物があり、二重包囲と一旦後退し相手を引きずり込んで逆撃する戦法に長けている。

基本的には、火力・機動・防御いずれの面でも優れた傑作戦車T-34/76およびT-34/85多数をとし、さらにKV-1KV-2IS-2BT-7といった各種車輌を取りえる。その総数は50両を越え、物量に定評のあるサンダース大学付属高校50両同士の戦闘ができる一の高校戦車道チームでもある。そのほか、BA-64装甲車BM-13カチューシャ(共に移動用)、RF-8アエロサン(隊長就寝用)などの補助車輌も保有している。

整備面でも、極めて優秀な手腕を有する整備科の活躍により各車輌とも万全の状態を維持。他製の良質部品などを駆使した良も加えられ、質的にはロシア学校戦車道チーム戦車越するほどである。これらのことから、ロシア内の友好校からレストアを依頼されることもしくない。

搭乗員の面では、どの隊員も規に良く従い、指揮官に忠実である。その反面、各独自での判断に難があり、単純な策の前に大敗を喫した経験もあるなど、プラウダ高校の勝利はひとえに指揮官の戦術と隊員にかかっているともいえるだろう。

現在の戦車道チーム

63戦車道高校生大会終了後の現在において、戦車道チーム隊長は三年生のカチューシャ、副隊長は同じく三年生のノンナが務めている。

カチューシャ隊長は前年の第62回大会決勝戦において、当時9連覇中のライバル黒森峰女学園チーム勝利するにあたり作戦を立案したことで隊長に選ばれたが、重厚で堅実な揮を振るう有能指揮官として知られている。また、ノンナ隊長カチューシャ隊長の信頼厚い補佐役であり、同時に全でもトップクラス手である。

63回大会においては、一回戦でボンプル高校、二回戦でヴァイキング高校を打ち破るも、準決勝において大洗女子学園の奇策の前に惜しくも敗れた。その後にも、サンダース大学付属高校との間に50両対50両で演じた練習試合を引き分けに持ち込み、さらに聖グロリアーナ女学院と組んだ大洗町内でのエキシビション・マッチにおいて、大洗女子学園および知波単学園合同チームと対戦している。

カチューシャ隊長チームをよく握し、各彼女揮に応じて璧に動くなど隊員からの信頼も厚いが、先述したような、揮への忠実と並存する戦車長たちの判断不足をいかにして善するか、という点が引退の近い隊長下の悩みとなっている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *サンクトペテルブルクの旧称レニングラードのこと

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP