今注目のニュース
3月12日劇場公開終了!ディズニー映画『アナと雪の女王2』
鍵を忘れた大学生、屋上から自宅に戻ろうとして転落死(台湾)
ホラン千秋“本当の名前”明かす「母親が間違えて…」

ガンダム・フラウロス単語

ガンダムフラウロスリュウセイゴウ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(319)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガンダム・フラウロスとは、アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツである。

GUNDAM FRAULOS
ガンダム・フラウロス
ASW-G-64
頭頂高 17.8m
重量 29.9t
搭乗者 ノルバ・シノ(メイン)
ヤマギ・ギルマトン(初回のみ)
エイハブリアクター×2
採用フレーム ガンダム・フレーム
武器

アニメ第2期から登場。鉄華団がテイワズから開発を任されたハーフメタル採掘現場に、モビルアーマーハシュマルを抑え込む形で埋まっていたガンダム・フレーム。作中で発掘されたため、当時現存していた26機のガンダム・フレームには計上されていない27機と思われる。
発掘直後にテイワズに預けられて復元され、ノルバ・シノの乗機としてセッティングされた。その際に彼のオーダーにより、歴代「流星号」と同じピンクカラーリングノーズアートが引き継がれ、モビルワーカーから数えて4代の「流星号」となった。

何の因果か、一緒に埋まっていたモビルアーマーハシュマル大惨事を引き起こし、クリュセに向かっている最中、復元された当機が火星に到着。そのままハシュマル戦に実戦投入されたが、ぶっつけ本番の使用のため、シノと同時にヤマギ・ギルマトンが緊急で同乗。レールガン発射のアシストを行った。

名前の元ネタは、バルバトスと同じくレメゲトン第一章『ゴエティア』の72柱の悪魔。本機の名前の元である「フラウロス」はその72柱のうち序列64番の悪魔

他のガンダム・フレームと明確に違う点は、全に射撃戦寄りの機体として開発されている点にある。特に背部のレールガンは、エイハブリアクター2基の出を用いて高速で発射することにより高い威を発する。詳細は後述するが、厄祭戦時はMSフレームに使われる「硬度レアアロイ」を弾丸に用い、他の射撃兵装では有効打を与え辛いと言われていたナノラミネートアーマーをブチ抜くほどの威を発揮していた。

このレールガンの他、120mm口径のマシンガン背中ユニットから展開して発できる。対モビルアーマー戦でもモビルスーツ戦でも、近づきすぎるとエイハブウェーブを感知されてしまうため、相手から気づかれない射程距離から高威の攻撃を加えられるために大きな利点と言えよう。

だが何と言っても最大の特徴は、ゾイド バクゥ4足歩行形態への変形機構である。この形態に移行することで姿勢を安定させ、より精密な射撃が可となるのだ。まるで図ったかのように、変形時に「頭」になる部分に、歴代流星号に入れられてきた「」のノーズアートがバッチリ入っているため、変形したその姿はさながら動物のようにに見える。
これまでのシリーズでも4足歩行形態に変形するMSは存在したが、これらは変形によって速度や格闘を向上させることが的だったのに対し、フラウロスは命中精度の向上や反動の緩和などを的としているしい可変MSである。

37話にて実戦投入され、ヤマギサポートを得て4足歩行形態に変形し、クリュセ自治区に伸びる谷間プルーマの群れとハシュマルを引き離すため、レールガンを発射した。その際、「ギャラクシーキャノン」というダサい名前がシノによって名付けられた。

最終的に、マクギリス率いる革命軍との共同作戦にて、ギャラルホルンアリアンロッド艦隊が放ったダイスレイヴ撃を受け、左腕をもがれて中破。その状態で、テイワズ製のダイスレイヴ用巨大弾頭をレールガンに装填した「スーパーギャラクシーキャノン」の使用を決意し、ラスタル・エリオンの座乗艦に打ち込むべく突撃を敢行する。しかし、発射直前にジュリエッタに妨され狙撃に失敗。アリアンロッド艦隊の集中火を浴びて撃墜された。

インスレイヴ

厄祭戦時に使用されていた兵器の総称。
当時より運用されていたレールガンには先述のレアアロイを使用した特殊弾丸を使用可な上位機種が存在していた。そういったレアアロイ弾を運用するレールガンダイスレイヴと呼称される。
あまりの威のため非人的として、厄祭戦以降はギャラルホルンにより使用がじられているほどである。

なおダイスレイヴとは北欧神話にて、一度から抜くと生き血を吸うまでに収まらない魔剣のこと。

祭戦の記憶

ダイスレイヴの存在で鉄血世界を騒がせてしまったフラウロスであったが、発掘当時はダイスレイヴのないショートバレルキャノンが選択されており、大MAハシュマルとほぼ近い位置で戦闘していた本機は小MAプルーマにかぶさる形で発見されている。
地中に眠る前のフラウロスの役プルーマを処理・掃討することだったのかもしれない。
であるならば、ハシュマルの機を止めたのは・・・?

厄祭戦当時のカラーリングは、を基調としてブルーの差し色が入ったもの。同じガンダム・フレームではバエルに似た配色である。この状態のプラモデルは、プレミアムバンダイから受注生産品として発売されている。発見時のショートバレルキャノンランナーの都合上アサルトナイフが2本付属する。なお、これらはオプションセット7に付属するものと同一なので、塗装の人にはあまり魅がないかもしれない。

関連

関連

関連

掲示板

  • 317ななしのよっしん

    2019/11/10(日) 14:34:22 ID: rgrhnVIJtX

    次のMG希望アンケートバルバトスやグシオン系が票を伸ばすと思ったらフラウロスが圧倒的だったな、やはり変形はロマン

  • 318ななしのよっしん

    2019/12/12(木) 23:52:47 ID: neyIq8HDHo

    く回収と修して二代雷電号に

  • 319ななしのよっしん

    2019/12/14(土) 07:13:10 ID: q0j0DUX+oy

    あそこまで壊れてると最低限テイワズレベルの組織による支援が必要じゃないかな?

急上昇ワード

最終更新:2020/02/18(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/18(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP