今注目のニュース
人生を劇的に変えてしまう「アファメーション」の本当の意味とその効果とは
クレイジージャーニー放送打ち切りでネットに斜め上の意見があふれ返る!
台風、地震と相次いで発生する災害……でも4人に1人は避難場所を把握していないという現状

スプリットフィンガード・ファストボール単語

スプリットフィンガードファストボール

  • 1
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

スプリットフィンガード・ファストボールとは、野球変化球の一つである。

呼び方は略称であるS.F.F.かスプリットの方が一般的。

概要

フォーク亜種である。

基本的な握り方は、縫いが人差しと中の内側に触れる程度にを開く、そのためフォークよりも握りが浅い。

握りが浅いためフォークよりも変化の幅が少なく奪三振は落ちるが、その分速いボールを投げる事が出来る。
特にキレの良いS.F.F.は打者がスイングを判断した後で落ちるため、打の山を築く事が可である。
コースにきっちり投げ込めばストレートと勘違いさせて三振を取る事も可ではある。

2012年3月現在NPBにおけるな使い手は、ブライアン・ファルケンボーグ田中将大小野寺力清水直行が著名だが、最もS.F.F.を有名にしたのは元巨人パイレーツの桑田真澄であると思われる。また元中日落合投手もよく使っていた。

誕生秘話

要出典。というかソース元をくしており、みそに残っている記憶から書き込むので注意。

フォークという球種は今においても通用する強変化球であるが、投球時に手首を固定させる必要があり、肘に負担を強いる球種である。
日本においてもフォークを武器とした投手は少なからず肘のケガを経験している者が少なくない。

よって、教育的に含まれる学生野球においてフォークを教えるのは精的負担が生じた。
日本では元中日杉下茂氏や元阪神の故・村山実氏がフォークで一世をしており、ブームっ最中である)

それを憂いたアメリカのとある大学野球導者が「負担の軽いフォーク」として考え出されたのがS.F.F.である。

握りを浅くしたので負担は確かに軽くなったが結局は手首を固定する為、それ相応の負担はかかるというオチがあるのだが、こうした的で生み出されたS.F.F.は全でも広く知れ渡りブームを築き上げた時期もあった。

これだけを見ると、ちょっとしたイイハナシダナーかもしれない。

現代において

日本においては(最近では海外においても)絶滅危惧種変化球であった。
この記事の初版の頃はS.F.F.よりも安全に効果的に抜ける変化球としてチェンジアップが台頭してきていたのも要因の一つで、フォークべて中途半端なイメージを持たれることも多く、近年に至るまで使い手が減していた。

しかしそんな不遇の歴史ファルケンボーグの来日によりに解き放たれ、2010年夏の甲子園で活躍した歳内宏明によってその存在が示され、現在では楽天エースである田中将大によってキレッキレのS.F.F.を拝む事ができるのである(ちなみに田中将大は、2010年週刊ベースボール6月14日号の変化球特集)に載っていたファルケンボーグSFFの記事を見て習得したと翌年の6月20日号の変化球特集でっている)。

もう、「フォークの落ちそこない」なんて言わせない。

ただ、あまりにもな話だが、使い手がしない限りはフォークに分類されている。

野球ゲームにおいて

パワプロでもサークルチェンジや縦スライダーの方が人気も実も強いので、滅多に使われなくなっていたが、サークルチェンジ仕様変更や、上記の実在選手の活躍により注を集め始めている。
パーツならぬ夢球種と化していた時代は過去のものとなり、変化量を増やしさえすればサクセスでも有用な変化球の一つとなっている。

とはいえ、全盛期はおそらくプロ野球キングNINTENDO64で発売)においてであろう。
変化するのが非常に遅く、慣れてないと滅多に打てないので、魔球と呼ぶに相応しい球種であった。

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 07:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP