今注目のニュース
筋トレ中に「なでて~」 無邪気な猫の様子にあるあるの声殺到
ガチョウの羽をめくったら可愛すぎることになったと話題に!
娘がお弁当を全部残してきた… 判明した「学校でのやり取り」に同情の声

UH-60単語

ユーエッチロクジュウ

掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

UH-60とは、シコルスキーエアクラフト社が開発した多ヘリコプターである。称はブラックホーク

概要

1972年アメリカ陸軍がUTTAS(汎用戦術輸送機システム)構想によりUH-1ロコイの後継機種として開発された中汎用ヘリコプター

米陸軍のUH-60A基本設計で、C-5ギャラクシーC-17グローブマスター等の輸送機に搭載が可で、10tトラックと同等の重量・積載量を有するよう開発された。
キャビンの容積は全武装の歩兵1個分隊11人分を搭載することが可である。ただしバリエーションによってはステップに座らせて最大17人まで搭乗させたり、105mm榴弾30発と6人の操作要員やキャビン内に最大2,100ポンド(1,170kg)外り(スリング輸送)であれば9,000ポンド(4,050kg)の積荷等を搭載することができる。

また、外部搭載システム着することにより追加される左右2箇所ずつのハードポイントAGM-114ヘルファイア対戦車ミサイル4連装ランチャー、2.75インチ(約70mm)19連装ロケットポッド、ガンポッド、増槽などを搭載することもできる。

機体自体は被弾・墜落等の耐クラッシュ性に優れており搭乗員へのダメージを最小にするための工夫が施されている。
UH-60の運用については、映画ブラックホークダウン」で忠実に描かれている。

高速で高性な汎用ヘリであるが、その分高コストになっている。日本ライセンス生産されるものは30億をえる調達になってしまう。それに防衛費削減に苦しむ自衛隊が音を上げ、将来汎用ヘリUH-Xにつながったとか

バリエーション

UH-60はアメリカのほか日本をはじめ21で採用されおり、バリエーションによっては称名が違う機種もある。
より詳しい称については書籍等を参考にして欲しい

関連動画

MMD関連

関連静画

関連商品

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP