今注目のニュース
"頭を使うビジネスマン"は1日3個卵を食べよ
[TGS 2019]TSUKUMOブースでアンケートに答えると,初音ミクのキーキャップが手に入る!
ツイてない! 旧海軍重巡「最上」はどんな艦? 台風、衝突、味方撃沈…その一部始終

フロム脳単語

フロムノウ

掲示板をみる(289)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

フロム脳とは、フロム・ソフトウェアゲームプレイした人間が発症する一種の精神病、もしくはその状態である。

症状

フロム脳を発症した人間は設定の開されていない(もしくはただ単に設定の存在しない)登場キャラクター世界設定を様々な要素から理論的に考察しはじめる。

重度の場合、不必要なまでに要素を付け足すいわば妄想癖が見られるようになる。

ポイントなのは、同じく内設定に凝りだす「中二病」と似通っているが、そのベクトル世界観の解釈に対してのみ向いているという点である。
これにより、当ニコニコ動画といったそれら「解釈の交流」がある程度許容される環境で顕在化する傾向にある。

発生経緯

られることのかった世界考察をするという意味では、レトロゲームプレイする人間(特にゼビウス公式同人含め数多く存在)に通ずるところがあるが、レトロゲーム時代は表現の幅が少なく、論理的考察するに足る内容がかったことから取り沙汰されるに至らなかった。

(強いてあげるなら、当時は『ゲーム脳』論全盛であり、その意識はゲーム脳提唱者本人が言及を避けるようになった現在に至っても根強い。だが、“現実想の混同”“ゲームありきの生活”を危惧するが故に生まれた『ゲーム脳』とフロム脳との相違は上記のとおりである。)

スーパーファミコンあたりからゲームの内容はその作品の世界観を十分に伝えるのに足るレベルとなり、人気作ならば続編が出るなどし、「世界観を受け手の満足を達成する程度に伝える」という小説漫画の定石ともいえる表現法が尊ばれるようになった。

その中で、フロム・ソフトウェアが投入した作品のほとんどはその定石と逆のものであった。
具体的には、プレイヤーはあくまでその世界にいる一人であり、ゲーム主人公という特殊な遇ではあるが、その一人が知りえる範囲でしか、世界を知ることはできないというスタンスである。結果、世界全体の考察は受け手に大きく委ねられるというものだった。
論、ゲーム内でヒントと思しきものがちらほらと散見されるが、それらに対して公式からの回答はほとんどない
それゆえに、プレーヤーは過剰な情報を与えられることはく、それゆえに、英雄でも何でもない、その世界に生きる一個人として没入することができる。

これはある意味探偵小説における『拠・アリバイ・動機』を考察するのに似ており、そのような感覚で物語を解釈してゆくことにもつながる。結果、作品の折々にちりばめられた“”に対する回答をプレイヤーが予想する流れを促進させてしまい、この症状を作り出すこととなった。
そんな感染となったフロムソフトウェア作品の思考パターンして「フロム脳」という呼称が生まれたものの、単なる病気ではなく、「環境適応の結果」と捉えることも可である。

このスタンスフロム・ソフトウェア初期の『キングスフィールド』時代で立ちあがっており、『アーマード・コアシリーズによってメジャーになる。『ダークソウルシリーズヒットをはじめ、以後、様々なフロム作品で同じような“”を残す演出によって着々と患者を増やしてゆくこととなった。
メーカー買いする患者は『メタルウルフカオス』といった“”の少ない荒唐稽な作品でさえ、その僅かな部分を手繰り寄せて考察を進めるようになっていた。

ただ、病状の発現があくまで世界観の解釈という方向のみなので、症状が見られた時点でたいていの場合、後述のような末期症状に陥っている場合が多い。

症状

“いくらでも解釈できる”というのは怖いもので、常識的には突飛な設定であっても否定できないことが今日のフロム脳患者の暴走を招いている。下記の例の通り。

  • 1: 依頼人がしきりに自分を頼ってくる → 政治情勢から自営に所属の腕利きが欲しいから
  • 2: 依頼人がしきりに自分を頼ってくる → いわいるのお誘いのための準備

作品内でこの「依頼人が~」の下りしか表現されない場合、「→」以後の内容が視聴者・受け手の創造に委ねられているため、たとえ2のような裏話を否定できないのだ。これを他人に納得できるように解釈を説明することができるようになれば立なフロム脳である。

フロム脳の発症者の中には高い技術や文才を持った者もおり、こういった人々の解釈・考察動画は作品の世界を更に広げていく可性を持っているため、フロム脳をただの妄想癖と言って悪く決めつけきれないところがある。

とはいえ、やはりイロモノ方面に走る場合もあり、その結果として「コジマ汚染患者シリーズ」や「作者ナニカサレタヨウダ」といったタグが生まれてる。フロム脳を取り巻く環境からこれはこれでアリなのだが、処まで病状が進行しないよう手洗いうがい、他の版権作品を楽しむなどで療養することが推奨されている。

総括すると、受け手であるプレイヤー読者内を含めた世界こそが作品の世界観と言えるのかも知れない。

症状が見えにくいことから、防疫委員会も医師連の協を得られず手を焼いているのが現状である。その委員会も大概で病人であり、そもそもそんな病院なんかなかったという摘はムラクモミレニアムによって粛清されました。

関連動画

世界観解釈のプロセスをよく表した動画

↓患者の表現によって版権の垣根を飛び越え、丸ごと一作を描き切ってしまうこともある

↓重症。性欲MADに解釈を豊富な技術で行おうとする

関連商品

関連項目

掲示板

  • 287ななしのよっしん

    2019/03/16(土) 20:58:20 ID: 16yi4ApJbJ

    情報もろくにいのに想像が足りないとか言うのは問答用で論外さな
    極上RPGとかがまさにそれだった

  • 288ななしのよっしん

    2019/04/15(月) 19:55:21 ID: 01+AWLs/UN

    本文にも少し言及あるけど、ゼビウスキャラクターの色や動きに法則性を持たせるなどの方法で、描かれていないところにも何かがあるという感覚を意図的に作った最初のゲーム遠藤雅伸言うところのナラティブ元ネタとしてはガンダム宇宙世紀とかあの辺。
    フロムがやってるのも要はそれの現代版で、点と基本的な導線だけ描く方が下手に説明するよりよっぽど世界全体をりうるという方法論。ただし具体的な詳細は分からないのでそこにフロム脳が入り込む。MS開発史みたいなもんだよな。
    フロムが独特なのは、これが高難度と表裏一体ってとこじゃないかと思う。難しいことによって個々のシーンが頭にこびりついてイメージがボヤけないし、逆に世界が強固だから難しくても許される。

  • 289ななしのよっしん

    2019/05/12(日) 13:27:32 ID: RaBzTO6VbP

    sekiroはちゃんとゲーム内でストーリーが理解できた上で想像をふくらませる余地があってよかったわ。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP