ペプシコーラ単語

ペプシコーラ

  • 16
  • 0
掲示板をみる(205)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ペプシコーラとは、アメリカの大手飲料メーカーペプシコ社の商品である。

概要

ペプシコーラの起はケイレブ・ブラッドハムという薬剤師が作った消化不良のためのおである。からは消化酵素であるペプシンが分泌され、たんぱく質分解するわけだが、この人に限らずメリケンとか食いすぎなんだろうな、やっぱり消化不良になるもんなんだよ。で、ペプシンというこの消化酵素にちなみ、ペプシコーラを売り出した、というのがペプシコーラの始まりである。

ここでコカ・コーラの誕生についても触れておこう。ペプシコーラにしてもコカ・コーラにしても元々はおから始まっている。今でこそピザが気軽に飲んでいるがあまり飲みすぎるとが破裂して死ぬ。だからこの手の飲料は危険なのである。話を元に戻そう。コカ・コーラアメリカ合衆国史上最大の戦い(死者も史上最大なのだ、なんとWWⅡよりも多いのである!)であった南北戦争が始まりである。南北戦争では鎮痛剤として麻薬であるモルヒネが使われていた。当時はあまり麻薬についての知識がなかったため、割と気軽に使われていたのである。もちろん、コカ・コーラを作ったジョン・S・ベンバートンはそのモルヒネを治すためにコカ・コーラの元になった"フレンチワイン・コカ"を作ったのである。これが原なのだが、今はまったく別の代物になっている。なんでかというとコカ・コーラのコカとはコカインのコカであり、なんとベンバートンモルヒネ治療のためにコカインを使ってしまっている。なんと大らかな時代だろうか。

またコーラとはアフリカの熱帯にある植物である。コーラの種子には大量のカフェインが含まれていて、古くから嗜好品として親しまれてきた。このコーラの種を噛むと、空腹感もくなる。ダイエットには良いかもしれないが、寝られなくなるだろう。つまりコカ・コーラとはコカインコーラを使った飲料ということになるのだが、前述の通りコカインは使えなくなっている。それでどうしたか?

コカインも危ないことがすぐに分かってきたので、代わりのものを用意することになった。それで炭酸水味付けしたシロップを混ぜた、あのコカ・コーラが出来上がったのである。

炭酸水は当時何か効があると信じられていた。そのため、薬局にはソーダファウンテンという炭酸水ドリンクバーがあったのである。大の大人炭酸水杯である。可愛いな、今では考えられないことである。

こうしてコカ・コーラは誕生し、人気を博したのだが、当然利益の問題がある。利益でコカ・コーラともめた人がいるのだ。名前をチャールズ・ガズという。ドラッグストアソーダファウンテンを経営していた彼はコカ・コーラを売るコカ・コーラ社と利益分配を巡って争うことになった。喧別れになったのでペプシコーラと組むことになった。

このとき、ペプシコーラは身売り先を探していた。というのも砂糖価格が乱高下したため、経営が破綻してしまっていたのだ。ここからペプシコーラの本当の戦いが始まったのだ。チャールズ・ガズはコカ・コーラに似た原液の配合の飲料にペプシコーラを作り変えた。低価格で量多。どこかで聞いた戦略コカ・コーラを追撃したのである。

この後第二次世界大戦が始まってコカ・コーラが大々的なキャンペーンを行い一度はペプシを突き放すが、戦後にまたも追撃と今日も戦いを繰り広げている。どちらかと言うとポピュラーなのはコカ・コーラである。広告で有名なのはペプシコーラである。

コカ・コーラとの比較CM

ペプシといえば味よりも宣伝で有名である。コカ・コーラに対して異常なほどのライバル心を燃やしたCMである。正直美味けりゃ文句はなく、どっちでもいいのだが、そのCMにはセンスが詰まっている。つい飲んでみちゃおうっかな~みたいな気分になるわけで、そんなにべるなら、なんて思わせてしまうのだからやはりCMは上手いのである。論、これにはちゃんとした理由がある。コーラ業界は「味よりブランドイメージ」がモノをいう業界であるため、圧倒的なブランドを持つコカコーラに対抗するためにはインパクトのあるCMを打たなければ対抗できないのである。

ペプシチャレンジ

1970年代後半から80年代に行われていた広告キャンペーン。名前を隠して試飲してもらい、どちらが美味しいか答えてもらうというかなり挑戦的なものであった。このキャンペーンで圧倒的にペプシが選ばれた(ちなみにこの結果にショックを受けたコカコーラ社は独自に同様の調を行ったが、やはりペプシのほうが優勢だった)ことからコカコーラ社は回りしてコークの味を大幅に変更してしまい、壮大な自爆により窮地に追い込まれた。

ちなみにこのキャンペーン心理学的に好かれるアルファベットペプシのほうに貼ったり、飲む量を少なめにすることで甘いペプシのほうを選びやすくするなど、さまざまなトリックが仕組まれていた。

余談だが日本で行われた際は放送倫理に反するという批判が寄せられ、コカコーラにはモザイクがかけられてしまった。

2014年3月1日に再び放映された「ペプシネックゼロ」対「コカコーラゼロ」の際はモザイクはかけずそのまま放映された

期間限定のペプシコーラ

Wikipediaexit から特に変な奇抜なものを抜

関連動画

関連静画

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/13(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/13(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP