今注目のニュース
聴覚障がいの赤ちゃん、補聴器をつけた時の反応が超キュート(英)<動画あり>
「らき☆すた」の美水かがみがイラストを手がける新作アニメ「まえせつ!」、キャラクター情報などが解禁!
のん、『この世界の片隅に』監督から脅しを受ける!?「すごい作品になっている」

リムルル単語

リムルル

  • 4
  • 0
掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

リムルルとは、SNK対戦格闘ゲーム侍魂-SAMURAI SPIRITS / サムライスピリッツ-』シリーズに登場する架の人物である。

概要

リムルル プロフィール
キャッチ
コピー
多感な氷の精(
アイヌで一番の元気っ
シカンナカムイ舞術
武器 ハク
出身地 アイヌモシリ・カムイコタン
生年 安永三年(1774年)七月六日
血液型 B型
年齢 12歳
13歳(
15歳
17歳
特技 精霊を聴く事
好きなもの サノウク(祖)、モナシリ(祖) (
かき氷(ポリサム)
甘いもの (
嫌いなもの 天草
唐辛子辛いもの(ポリサム、

について
自分も様のように強くなりたい
憧れのへ近づく方法(ポリサム)
様が教えてくれた(
尊敬する人
好みのタイプ

リムルル

アイヌ巫女ナコルルとは異なり元気で活発な性格。
初出は「SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変」の背景キャラだが、この時はに担がれリボンをした少女という姿だった。「サムライスピリッツ無双(以下サム)」以降は、プレイアブルキャラクターとして登場。同様巫女を有し、氷の精霊・コンルを連れて戦う。以降も庭用作品「客異聞録 甦りし サムライスピリッツ新章」以外の作品全てに登場する。

パーソナルカラー水色色の短で、マタンプシ(アイヌの鉢巻の装束)を巻いている。
サム当初の衣装はマタンプシ以外ナコルルとほぼ共通だった(ニュートラポーズは異なる)が、「サムライスピリッツ侍魂~(ポリサム1)」で装が大幅に変更され、修羅は長袖長ズボンナコルルに類似したリボン姿、羅刹は従来に近い上着とマタンプシに半ズボンという姿が登場し、以降の作品ではこの羅刹衣装に準拠したデザインが定着している。また、サム羅刹1Pカラー橙色)は実際のアイヌ衣装に近いとされる。
なお2Pキャラクターナコルルと違いこれといった設定はされていないが、サムのみナコルル同様に2Pカラーで顔が変化する演出が見られる。

サムライスピリッツ」では、初代以前の時系列ということで元々幼いリムルルが更に幼くなったために容姿が大幅に変更。急速にロリ化し、4頭身くらいになる(上記のお絵カキコ参照)が、これはインターレッツ制作の「ナコルル~あのひとからのおくりもの~」のデザインに準拠しているとも言われる(同作のキャラクターレラも参戦している為)。
近年の外部出演ではこのロリ化したリムルルの登場がやや多くなっているが、旧SNK時代からのファンを中心に「サムの頃のデザイン、勇ましい振舞いをしていた頃が一番いい」「ポリサムの羅刹の頃が丁度いい」ネオジオDJステーションの印がry」等、ファンによって参戦作品や容姿の好みが分かれるキャラクターだったりもする。ナコルルとは対照的に担当声優ころころ変わるのも一因かもしれない。(担当声優については下記を参照。)
サムライスピリッツ」では初代より後の作品の為、再びポリサシリーズ以前の頭身に戻っていた。
2019年の最新作「SAMURAI SPIRITS令サム)」では、DLC第1弾のキャラクターとして参戦。と初代の間なのでの雰囲気をベースに少し大人っぽくなった容姿で登場。

ナコルル以上にリーチが短く攻撃・防御共に低めだが、飛び道具や設置系の技、素い動きでトリッキーな攻めが可。氷の飛び道具・設置技やジャンプ攻撃などで自分のペースに持っていき、中段の必殺技や連切り、防御崩しに持ち込む接近戦を得意とする。

性能

そのキャラの性質上、り攻撃にほとんど頼らない戦い方も多く、武器を落としてもあまり不利にならないのが強み。氷による飛び道具、設置技を駆使し、相手の動きを封じることで自分のペースに持っていく事が出来る。だが通常技のリーチについてはナコルル以上に短いというデメリットも抱えているので、基本的にどのシリーズにおいても対戦中は攻めと守りを両立した立ち回りが要される。

初登場のサムでは羅刹のリムルルが羅刹覇王丸修羅幻十郎などと並び最強キャラクターの一に君臨していた。後の作品以上にリーチのある飛び道具が多く横押しが強い、更に地面に氷をる技「コンル メム」に捕まったが最後、背後に回られ中り>メム×a等々様々なお手軽A級を繰り出す事ができた。

その後はやや弱体化が進み「コンル メム」も発生が鈍化するなどしたが、ロリ化した零シリーズおよび「サムライスピリッツ下一客伝(サム)」以降は、当たり判定が小さくなりジャンプ若干強化された。この為「コンル シラル」をはじめとしたトリッキーな性に更に拍がかかり、通常技も判定の強いJ大り等が追加されるなど若干強化された。これにより、ナコルルとの差別化がより鮮明になっている。最新作の令サムにおいても、兼ね零シリーズの動作を踏襲している。

一方でリーチが短いという都合上、どの作品でも極悪判定と超反応ボスキャラクターには不利であることが多い。プレイヤーめられるキャラクターと言える。

ちなみに「サムライスピリッツ」のエンディングではナコルルとは血が繋がっていないと回想するシーンがあるが、その一方で「ナコルル~あのひとからのおくりもの~」では血の繋がった家族であると言及されている。

担当声優

ゲーム本編

担当声優ナコルルとは対照的に、作品が変わる毎にほぼ変更されている。
特に格ゲー本編では複数出演しても3作、更に続編のシリーズに続投した例は生天目仁美氏しかない。
但しキャラクターの雰囲気はどの作品においても兼ね抑えられている。

ゲーム外作品

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP